鬼ノ城

鬼ノ城ウォーキングセンター駐車場の北側にある道を進んで行くと岩屋と呼ばれるエリアに着きます。民家の集落などもあり、観光地然とした鬼ノ城西門周辺の整備された空間と好対照をなす場所です。岩屋寺・皇の墓・鬼の差し上げ岩等、必見スポットが集中していますが、整備が遅れているためここまで足を延ばす人は少数です。鬼ノ城ウォーキング2回目以降のトレッキング・スポットとしてお勧めします。私自身も数回訪れたのみで、次回は犬墓山を越えて岩屋に至るコースに挑戦予定です。その時には、たくさんの画像を追加公開しますのでご期待下さい。

鬼ノ城TOP
      
砂川公園(スナガワ)
鬼ノ城までの道スタート
鬼ノ城1500メートル付近
鬼ノ城2000メートル付近
鬼ノ城ビジターセンター
鬼ノ城登り口
鬼城山頂上・鬼ノ城
鬼ノ城第2展望台
鬼ノ城・水門・東門・南門
鬼ノ城・岩屋
鬼ノ城・北門
犬墓山コース
犬墓山・皇の墓・岩切観音コース
巨石群・馬頭観音コース
砂川公園キャンプ場
総社市黒尾792
キャンプサイト(76区画)
炊事場・トイレ・シャワー
駐車場
300台(無料)
■宿泊利用1,000円
14:00-10:00
1区画 (テント設営)
■日帰り
500円
10:00〜16:00
1区画 (バーベキュー等)

【使用申込・お問い合わせ】
砂川公園管理事務所 
8:00〜20:30
(11月〜2月は8:00〜18:00)
(TEL:0866-92-1118 )
【申込方法】
 上記まで電話予約可能、
使用当日に手続き
Google map
砂川公園の場所

鬼ノ城ふれあい青空市場

鬼ノ城山頂駐車場周辺画像
鬼城山ビジターセンター
入館時間 8:30-17:00
休館日 月曜日
※月曜日が祝祭日に当たる時はその翌日が休館日
※ベンチやトイレは、常時利用可
総社市黒尾1101-2 
TEL:0866-99-8566
駐車場/乗用車74台

鬼ノ城のスズメバチ

鬼ノ城のまむし

鬼ノ城、城内発掘調査大公開岡山県古代吉備文化財センター
 謎の鬼ノ城
城内発掘調査大公開


竹製の杖

自由に利用できる備え付けの竹製杖です。高齢者の方だけではなく若い方もこの杖を利用されることをおすすめします。鬼ノ城周辺の道は、乾いた土や砂利が大変多く、ちょっとした坂道でも滑りやすくなっています。展望台などは崖になっているので、滑って落ちるリスクもあります。
また鬼ノ城周辺には、いたるところに「マムシ注意」の案内があります。不幸にしてマムシに遭遇した場合、この杖は大きな武器になりますよ。


































































































































































































































































鬼ノ城・岩屋
犬墓山・皇の墓・岩切観音コースからの続きは、6枚目の標識画像からになります。

鬼ノ城ビジターセンターを右に見ながら、その下にある駐車場を過ぎると、
こんな感じの舗装路が岩屋に続いています。

しばらく歩くと右側に岩屋休憩場・鬼ノ城北門の標識が現れます。
右に行けば北門の外側にある遊歩道・階段に着きます。

左側にもちょっと古めの案内板が2重・3重に設置されています。
この案内板にしたがえば、岩屋には左の遊歩道を通って行くことになりますが、
ほとんど歩いていいる人はいません。あまりにも寂しすぎるからです。
夏場はマムシの活動期でもあり、この遊歩道を行くと遭遇する可能性がぐっと高まります。
とりあえず岩屋の休憩所までは、右方向の自動車がとおる道路を道なりに歩くのがよいと思います。

道なりに歩いて行くと、岩屋休憩所に着きます。右側は駐車スペースです。
岩屋休憩所に案内板がありますが、わかりずらいです。岩屋までどの道を行ってよいかよくわかりません。
左の中ほどに見えている道をとりあえず歩いてみることにしました。

駐車スペースは、こんな感じで、白線を引いて停止位置を示してはいません。自由にどうぞ。

しばらく不安と戦いながら歩くと、この案内板がありました。遊歩道というよりも、なんとなく道に見える草地みたいな感じです。岩屋寺と鬼の差し上げ岩と示されている方向に歩いていきます。マムシが大群で出てきそうな雰囲気の場所です。
犬墓山・皇の墓・岩切観音コースのぺージ最後の画像と一緒の場所です。

岩屋寺・鬼差上岩の道標がありました。この辺まで来るともうすぐだなと言う感じです。
しかし、なんかさみしくて、ひんやりして、雑然としていて落ち着かない場所です。
訪れたこの日は快晴で青空が広がる素晴らしい天候だったのですが、ここはあまりにも異質空間です。
これで曇り空だったら一体どんな雰囲気だったのでしょうか。女性一人では、否、男性一人でも非常に不安になります。
鬼ノ城ビジターセンターから鬼ノ城山頂周辺は、西門や城壁の復元工事に関連し、遊歩道もキレイに仕上げられているのですが、岩屋周辺は、ほとんど手付かず荒れ放題と言った感じです。

おどおどしながら道を歩いて行くと、岩屋寺にいたる階段があらわれます。定期的な清掃は行われていないようで、枯葉が溜まっていてしかも腐植土と化しています。不気味さ倍増です。鬼ノ城周辺の整備が終了したら、こちらの方も早くキレイにして欲しいものです。

階段を上りきると岩屋寺です。

右にこの説明版がありました。
■鬼の差し上げ岩■
この岩窟の天井にあたる岩で、大きさはおおよそ縦15m、横5m、厚さ5m。この地方には、桃太郎噺の源ともいわれる
「吉備津彦の鬼退治」すなわち「温羅伝承」が広く伝わっており、各地にこの伝承にまつわる地名や場所などが数多くあります。この岩もこの伝承にまつわるものの一つで、鬼のモデルと言われる温羅が、この巨大な岩を差し上げて岩窟を造り、すみかにしたと伝えられることから、この名がついたと言われています。岩の裏側の窪みは、差し上げた時に出来たと伝えられ、「鬼の手型」と呼ばれています。また、この地の岩屋という地名も、この岩窟に由来すると言われています。この周囲には、鯉岩。八畳岩・屏風岩など多くの巨石があります。
総社市・・・
岩屋の寂しい雰囲気の中で、人工的な説明板をみてほっとする私は一体何なんでしょうか・・・

この鬼の差し上げ岩の存在感は圧倒的です。というか霊的な波動を感じます。
岩の下にある空洞は身長182cmの私でも楽に歩いて入れる位の高さがあります。
これだけの巨大岩石をどうやって持ち上げて組んだのでしょうか。
すごいと言うより言い様がありません。

鬼の差し上げ岩の飛び出ている部分、真横から近づいてのアップ画像です。
横にある窪みが鬼の指で出来たと言われている部分です。
どんだけ大きな鬼なんでしょうか。

鬼の差し上げ岩の下に回り込んで撮影しました。
子供の頃でしたら迷わず中に入るところですが、ちょっと恐怖感もありできませんでした。
右にある細い坂道が巨石群へと続きます。

鬼の差し上げ岩右奥に、巨石群地帯に続く小道があります。まずは鯉岩です。

上の鯉岩の道標に従い小道を上ってふり返ったときに撮影した画像です。
右の岩が鬼の差し上げ岩の裏側になります。
滑らないように気をつけて登ってください。
巨石群・馬頭観音コースのページに続きます。
鬼ノ城TOPへ

鬼ノ城TOP 6.鬼ノ城登り口
1.砂川公園(スナガワコウエン) 7.鬼城山頂上・鬼ノ城
2.鬼ノ城までの道スタート 8.鬼ノ城第2展望台
3.鬼ノ城1500メートル付近 9.鬼ノ城・水門・東門・南門
4.鬼ノ城2000メートル付近 10.鬼ノ城・岩屋
5.鬼ノ城ビジターセンター 11.鬼ノ城・北門
犬墓山コース 犬墓山・皇の墓・岩切観音コース
巨石群・馬頭観音コース