鬼ノ城

細長く続く砂川公園を抜けて、いよいよ鬼ノ城ウォーキングのスタートです。鬼ノ城までは、自然の遊歩道ではなく、ここから紹介する舗装道路を歩くことをお勧めします。鬼ノ城山頂周辺の遊歩道はキレイに整備されていますが、ここから鬼ノ城まで続く遊歩道は、まさに道なき道といった趣で、マムシや得体の知れない昆虫の攻撃を受ける可能性もあり、ブッシュマンを気取るベテラン・トレッカー以外はやめた方が無難です。

鬼ノ城TOP
砂川公園(スナガワ)
鬼ノ城までの道スタート
鬼ノ城1500メートル付近
鬼ノ城2000メートル付近
鬼ノ城ビジターセンター
鬼ノ城登り口
鬼城山頂上・鬼ノ城
鬼ノ城第2展望台
鬼ノ城・水門・東門・南門
鬼ノ城・岩屋
鬼ノ城・北門
犬墓山コース
犬墓山・皇の墓・岩切観音コース
巨石群・馬頭観音コース
鬼ノ城BBS
砂川公園キャンプ場
総社市黒尾792
キャンプサイト(76区画)
炊事場・トイレ・シャワー
駐車場
300台(無料)
■宿泊利用1,000円
14:00-10:00
1区画 (テント設営)
■日帰り
500円
10:00〜16:00
1区画 (バーベキュー等)

【使用申込・お問い合わせ】
砂川公園管理事務所 
8:00〜20:30
(11月〜2月は8:00〜18:00)
(TEL:0866-92-1118 )
【申込方法】
 上記まで電話予約可能、
使用当日に手続き
Google map
砂川公園の場所

鬼ノ城ふれあい青空市場

鬼ノ城山頂駐車場周辺画像
鬼城山ビジターセンター
入館時間 8:30-17:00
休館日 月曜日
※月曜日が祝祭日に当たる時はその翌日が休館日
※ベンチやトイレは、常時利用可

総社市黒尾1101-2 
TEL:0866-99-8566
駐車場/乗用車74台


鬼ノ城のスズメバチ


鬼ノ城のまむし

鬼ノ城北門ウォーキングアイテム
鬼ノ城ウォーキング
愛用のウォーキングアイテム
・LLビーンのフィールドキャップ
・グレゴリーのデイパック
・レキのポール

北門の案内板に掛けて撮影

鬼ノ城ウォーキング・ダナーM
3年間愛用の
ダナーマウンテンライト
鬼ノ城をウォーキングしまくって
キズだらけですがオイルを塗りこむ度に愛着が増すブーツです。








鬼ノ城までの道スタート
鬼ノ城ウォーキングスタート地点
砂川公園近くの駐車場からしばらく道路沿いに歩くと、左右に道が分岐しています。看板のとおり右の道が、
目指す鬼ノ城です。間違う人はまずいないでしょうが、念のためスタート地点として紹介します。
鬼ノ城ウォーキング3km地点
鬼ノ城への分岐道から少し行くと、小さな橋が右に現れます。鬼ノ城まで、3kmの地点です。
鬼ノ城ウォーキングコース
小さな橋を渡り行くと、舗装されたきれいな道が150mほど続きます。
鬼ノ城ウォーキングコース2
比較的幅の広いきれいな道路もここまでです。看板には幅員減少と記されています。急に狭くなります。左は崖です。
2006年7月22日現在、上の右画像と同じ場所です。
左の崖部分の木が伐採され、拡幅工事が始まっていました。
左側の木を切った跡を見ると、とても狭い道だったんだなーとあらためて思います。
ここをランクルやサファリクラスの車で登ってた人もいたわけですから(ベンツSクラスも見ました)
ほとんどの自家用車は通れるのですが
ハマーH1は、無理かもしれません。
将来の重要な観光資源、鬼ノ城のために、やはり観光バスが通れる幅が必要なんでしょうね。
崖は土を固めて工事中ですが、昨日までの雨で、すでに上部に地割れが発生しています。
私も時々車で登ることもあるのですが、大丈夫かなー?
車の運転に自信のない方がこの狭さを目にするとビビると思いますが、もう少しのガマンです。
鬼ノ城ウォーキングコース狭い道
ウォーキングは、道の幅なんて関係ありませんから大丈夫です。スズメバチマムシに注意しましょう。
スズメバチの大きさは中途半端ではありません!カブトムシくらいの大きさのもいます。ホントです。体験済みです。
何と!・・・2006年8月5日、またまた道の形が変わっていました。2週間でここまで工事が進んでいました。
幅は、約2倍まで拡げられています。ガードマン2名で登りと下りの交通整理をしていました。
100m位の距離ですが急ピッチで工事が進められているようです。
ただこの先2km以上の区間は、まだ狭く曲がりくねった道なので、完全な全ルート開通はかなり先でしょう。
そして下のような舗装道路が完成しました!

舗装が完全に完成した現在の姿です。(2007.2.18撮影)

短い工事区間を抜けるとまた狭い道に戻ります。左に見えるのは赤坂池です。
車で上る方は、途中何箇所も狭い道を通らなければなりませんが、要所に待避所が設けられていますので、上りと下りの車同士が身動きが取れなくなることはないと思います。2キロを過ぎたあたりに急カーブ・狭い・急な坂になっているという場所がありますが、くれぐれも注意して運転して下さい。ここで上下車同士バッティングすると逃げ場はありません。
◆現在この場所も下の画像の様にキレイに舗装が完成しています。

道路の舗装が完了した上の画像は、2007.2.18撮影です。
2006.8月に撮影した画像と比べると背景の山の色が変わっているのが良くわかります。
夏と冬の画像は空気の雰囲気まで違って見えます。
正面上部に見えている禿山で猪に遭遇したという話を、鬼ノ城ウォーキング仲間から聞きました。
猪は夜行性だと聞いていましたが遭遇したのは昼間だということです。
他の民家周辺でも親猪がウリボウ(子供のイノシシ)を連れて玄関前にいたのを見たという話も聞きました。
鬼ノ城近辺には猪も出没しますので、一応心構えだけはしておいて下さい(笑)
鬼ノ城ウォーキングコース1000メートル地点 鬼ノ城ウォーキングコース道2
息を切らせつつさらに進むと、1/3の地点に到達、あと2kmの標識、健康のために毎日ここまで来て折り返す人もいます。 ひたすらこんな感じの道を歩きます。左手前に見えるのは、車の退避スペースです。大雨なんかで路肩にヒビが入っているところもあります。注意!

緑に囲まれながらウォーキング
1500メートル地点までは比較的穏やかなアップダウンが続きます。
鬼ノ城ウォーキングコース西門
頂上の鬼ノ城雄姿を堪能するためには、まだ2kmの坂道を登り続けなければなりません。
ここでご案内するのは、最もポピュラーな舗装道路を歩くことです。
途中、遊歩道の標識が立っていますが、遊歩道を歩いている人はほとんどいません。なぜなら、遊歩道には草木が生い茂り、恐怖のマムシと、鬼ノ城の自然が育てた、とてつもなく大きなスズメバチの攻撃を受ける可能性が高くなるからです。虫に刺されてみたい人や、自衛隊の訓練みたいなことをしたい人以外、頂上までは舗装道路を歩くのが吉です。冬はヘビもスズメバチもでませんが、わざわざさみしい冬のブッシュを歩く必要もないでしょう。
下の画像をご覧下さい。これが遊歩道です。歩く人が少ないので、どこが道かわかりにくくなっています。蛇行しまくったこんな道を草木をかき分けながら行くのも自然の醍醐味だと主張される方もいるかもしれませんが、超特大スズメバチに遭遇した私は、絶対イヤです。所々に「マムシ注意」の案内板もあったりして・・・・・
鬼ノ城ビジターセンターから山頂までの遊歩道は、とてもキレイに整備されていますのでご安心ください。
鬼ノ城ウォーキングコース荒れた遊歩道
いつ遭遇するかわからないマムシに注意といわれても、一体何をすればよいのでしょうか?
私は、武器兼用ツールとして、レキのポールをいつも使用しています。
1500メートル付近中間地点へGO!
鬼ノ城TOPへ
鬼ノ城BBS
鬼ノ城TOP 6.鬼ノ城登り口
1.砂川公園(スナガワコウエン) 7.鬼城山頂上・鬼ノ城
2.鬼ノ城までの道スタート 8.鬼ノ城第2展望台
3.鬼ノ城1500メートル付近 9.鬼ノ城・水門・東門・南門
4.鬼ノ城2000メートル付近 10.鬼ノ城・岩屋
5.鬼ノ城ビジターセンター 11.鬼ノ城・北門
犬墓山コース 犬墓山・皇の墓・岩切観音コース
巨石群・馬頭観音コース

Google
WWW を検索
鬼ノ城ウォーキング内 を検索