鬼ノ城
鬼ノ城ウォーキング
鬼ノ城ビジターセンターは、鬼ノ城資料館と休憩などに利用できるウォーキングセンターの2つの建物に分かれています。途中の未整備道路の状態からは想像できないほど立派な建物です。キレイなトイレも完備されています。資料館には、鬼ノ城遺跡発掘から鬼ノ城西門・城壁復元までの過程がビジュアルに展示されています。

鬼ノ城TOP
         
砂川公園(スナガワ)
鬼ノ城までの道スタート
鬼ノ城1500メートル付近
鬼ノ城2000メートル付近
鬼ノ城ビジターセンター
鬼ノ城登り口
鬼城山頂上・鬼ノ城
鬼ノ城第2展望台
鬼ノ城・水門・東門・南門
鬼ノ城・岩屋
鬼ノ城・北門
犬墓山コース
犬墓山・皇の墓・岩切観音コース
巨石群・馬頭観音コース
神秘の古代山城鬼ノ城全体地図
鬼城山全体地図
クリックで拡大!
鬼ノ城、城内発掘調査大公開岡山県古代吉備文化財センター
 謎の鬼ノ城
城内発掘調査大公開
鬼ノ城BBS
砂川公園キャンプ場
総社市黒尾792
キャンプサイト(76区画)
炊事場・トイレ・シャワー
駐車場
300台(無料)
■宿泊利用1,000円
14:00-10:00
1区画 (テント設営)
■日帰り
500円
10:00〜16:00
1区画 (バーベキュー等)

【使用申込・お問い合わせ】
砂川公園管理事務所 
8:00〜20:30
(11月〜2月は8:00〜18:00)
(TEL:0866-92-1118 )
【申込方法】
 上記まで電話予約可能、
使用当日に手続き
Google map
砂川公園の場所

鬼ノ城ふれあい青空市場

鬼ノ城山頂駐車場周辺画像
鬼城山ビジターセンター
入館時間 8:30-17:00
休館日 月曜日
※月曜日が祝祭日に当たる時はその翌日が休館日
※ベンチやトイレは、常時利用可

総社市黒尾1101-2 
TEL:0866-99-8566
駐車場/乗用車74台

期間限定で観光ガイドも実施中!
4月〜9月は毎日曜日
4/28-5/6は、毎日!
詳細はセンター
までお問い合わせ下さい。


鬼ノ城のスズメバチ


鬼ノ城のまむし

竹製の杖

自由に利用できる備え付けの竹製杖です。高齢者の方だけではなく若い方もこの杖を利用されることをおすすめします。鬼ノ城周辺の道は、乾いた土や砂利が大変多く、ちょっとした坂道でも滑りやすくなっています。展望台などは崖になっているので、滑って落ちるリスクもあります。
また鬼ノ城周辺には、いたるところに「マムシ注意」の案内があります。不幸にしてマムシに遭遇した場合、この杖は大きな武器になりますよ。

鬼ノ城ウォーキングセンター説明図
画像クリックで説明板拡大!
鬼ノ城ウォーキングセンター前説明板
画像クリックで説明板拡大














































































































































鬼ノ城ウォーキングセンター説明図
画像クリックで説明板拡大!
鬼ノ城ウォーキングセンター前説明板
画像クリックで説明板拡大

鬼ノ城ビジターセンター(ウォーキングセンター)
鬼ノ城ウォーキングセンター
鬼ノ城ビジターセンター(ウォーキングセンター)正面入り口です。右側から撮影しています。
入って左が、資料展示館、右がウォーキングセンターです。
鬼ノ城は、ここからさらに300メートルほど登らなければなりません。
自動車を利用して来た方も、ここからは歩いて下さい。
ビジターセンターの建物内には、キレイな水洗トイレがあります。
しかし、清涼飲料水等の自動販売機や売店がありません
さらに、水道から出る水は、手洗いには使用できますが、飲むことが出来ません。
「この水は飲まないように!」と表示があります。
自前で水は必携です。注意して下さい。どこにも水が飲めるところはありません!!
・・・と書いたのですが、2006年7月22日に鬼ノ城へ行ったら、
ウォーキングセンター建物の入ってすぐ右墨に、飲料水のサーバーが置いてありました。
(下の追加画像参照)
ただ、以下の様な注意書きがありました。
利用上の注意:当センターの水道は飲み水として利用できません。山では水は貴重な資源です。
この飲料は、手持ちの水が無くなった場合に使用してください

やはり、自前で水は必携のようです。脱水症状等、緊急の場合の使用を想定しているようです。
しかし、日曜日とか人出の多い時には、皆さん飲みまくるんでしょうね。すぐに無くなったりして・・・
鬼ノ城ウォーキング飲料水
2006年8月5日、鬼ノ城ウォーキングセンターに立ち寄り、上の水サーバーで水を飲もうと思ったら
案の定、一滴もありませんでした。時間帯は、午前11時頃です。
水は必携です。強く感じました。
夏場は、特に大量の汗をかきます。水なしでは命に関わります。シャレにならないので気をつけて下さい。

2007.4月ウォーキングセンター前の桜が咲きました。
左に見えている遊歩道を上って鬼ノ城まで行きます。
鬼ノ城ウォーキングセンター全景
順番が前後しますが、
上の画像、鬼ノ城ビジターセンター手前数十メートルで撮影したビジターセンターを裏から見た前景です。
手前右に小さな池が見えます。池周辺の石の上に亀なんかがいます。
鬼ノ城ウォーキングセンター俯瞰
道路反対側の階段より俯瞰で撮影した
鬼ノ城ビジターセンター
現在工事も完了し、
手前の工事部分はキレイに撤去されています。
鬼ノ城ウォーキングセンター中庭
鬼ノ城ビジターセンターを入るとすぐ目に飛び込んでくる中庭の休憩テーブルとイスです。
木を切ってそのまま素材を活かしています。
右側に見える建物が鬼ノ城ウォーキングセンターです。
鬼ノ城ウォーキング・コースマップ
入ってすぐの場所に、鬼ノ城ウォーキングマップがあります。コース別に6種
左の方に見えるのは、鬼ノ城のパンフレット2種
いずれも自由に持ち帰りできます。
石を置いているのは、風が強いので飛ぶからです。ちょっと取りにくいです。
・・・と書きましたが、これも2006年7月22日の鬼ノ城訪問時に下の画像のように変わっていました。
鬼ノ城ウォーキング資料館パンフレット
6種の鬼ノ城ウォーキングコースマップは廃止され、一部100円でパンフレットを販売していました。
木の箱に100円を投入して支払います。
表に鬼ノ城周辺の貴重な動植物の写真マムシスズメバチも!)や鬼ノ城周辺の風景が掲載されています。
裏面は、鬼ノ城ウォーキングコースマップとなっています。
コースの標準的な所要時間やポイントの解説などが記されていて、鬼ノ城ウォーキングの手引書となっています。
鬼ノ城ウォーキング全コースが載っていますので、ぜひ100円を投入して買ってください。
従来の簡易パンフレットは、無料で配布されています。
鬼ノ城ウォーキングセンターの展示物
鬼ノ城ウォーキングセンター内部
鬼ノ城ウォーキングセンター内部
建物のなかにも木製のテーブルとイスがあります。
鬼ノ城資料館展示物
メインの左側建物は、鬼ノ城資料館です。発掘時のパネル写真や精密な鬼ノ城西門の模型等があります。
鬼ノ城西門復元に使用されたヒノキのサンプルやカンナも展示されています。
鬼ノ城資料館入口カウンター
資料館のカウンター、人はいません。自由にどうぞ?記念スタンプやシールなどのグッズも少しあります。欲しい方は申し出て購入してください。画像左側に事務所があって、営業時間内は1名職員の方がいらっしゃいます。
鬼ノ城資料館モニター
入り口を入って左側
モニター3台で鬼ノ城解説
手前に見えるグリーンの模型は、鬼城山全景です。
鬼ノ城西門
や展望台、水門等の位置関係がよくわかります。

鬼ノ城のお勉強をイスに座ってゆっくりどうぞ
鬼ノ城ウォーキング鬼城山全景模型
鬼ノ城西門や確認された遺跡の全体像が良くわかる模型です。
鬼ノ城ウォーキングのコース位置等も理解しやすいです。
一般的(観光的)ウォーキングコースは、ウォーキングセンターから
鬼ノ城西門、北門、礎石住居跡、第2展望台、東門、水門跡、南門と廻って西門に戻ってくるコースです。
鬼ノ城ウォーキングセンター前
鬼ノ城ビジターセンター(ウォーキングセンター)正面入り口から振り返って外(駐車場方面)を見た画像です。
この前の道を右に少し行くと鬼城山頂上への遊歩道入り口です。
鬼ノ城登り口へGO!
鬼ノ城TOPへ
鬼ノ城BBS
鬼ノ城TOP 6.鬼ノ城登り口
1.砂川公園(スナガワコウエン) 7.鬼城山頂上・鬼ノ城
2.鬼ノ城までの道スタート 8.鬼ノ城第2展望台
3.鬼ノ城1500メートル付近 9.鬼ノ城・水門・東門・南門
4.鬼ノ城2000メートル付近 10.鬼ノ城・岩屋
5.鬼ノ城ビジターセンター 11.鬼ノ城・北門
犬墓山コース 犬墓山・皇の墓・岩切観音コース
巨石群・馬頭観音コース