獰猛なスズメバチに注意しましょう!
     鬼ノ城、城内発掘調査大公開岡山県古代吉備文化財センター
 謎の鬼ノ城
城内発掘調査大公開

            
神秘の古代山城鬼ノ城全体地図
鬼城山全体地図
クリックで拡大!
                          


鬼ノ城のスズメバチ
岡山県総社市にある鬼ノ城山(キノジョウザン)周辺は、豊かな自然がいっぱいです。恵み豊かな自然の中には、昆虫も夥しい数生息しています。そのなかでも最も脅威となる昆虫が、スズメバチです。蜂の中でもその体の大きさは群を抜いており、視覚的な威圧感はスゴイものがあります。鬼ノ城ウォーキング・コースの途中には、下の画像のように、スズメバチに注意を呼びかける看板が立てられています。
大き目のクワガタ虫を2匹張り合わせた位の大きさのスズメバチが、目の前1メートル程のところを横切って飛び去った時には、恐怖で体が固まりました。ダークなオレンジ色と黒の模様は威圧感ありまくりです。飛ぶ音も重低音でトラウマになりそうです。(ホントの話ですよ!)
週1回のペースで鬼ノ城山に登っていますが、今のところ、単独で飛んでいる偵察バチ以外には、スズメバチには遭遇していません。活動が最も活発になるのは秋口(9月中旬〜)です。

■スズメバチは、最終的な攻撃に至るまで、偵察-威嚇-攻撃の3つの段階があるようです。
1.偵察-巣の数メートから10メートル以内に近づくと、偵察蜂が出てきて威嚇をします。びっくりして大きな声を出したり、手で振り払おうとすると、仲間を呼んで警戒態勢に入ります。
2.威嚇-出てきた偵察蜂を無視して、さらに近づこうとすると周囲を囲むように飛び回り、強固な顎をかみ合わせて、威嚇音を出します。羽の振動音とかみ合わせの威嚇音で、かなりの恐怖を感じます。
3.攻撃-威嚇を無視しすると、偵察蜂の攻撃情報が巣の蜂に伝えられ一斉に攻撃してきます。この時刺されたことに動転し、巣の一部でも触れようものなら悲惨な結果がまっています。興奮したスズメバチは、一匹で何度も刺すことがあります。逃げても数十メートル追いかけてくることもあります。
■上記の段階を経ずに、樹液を吸っているスズメバチに近寄ると急に攻撃してくる場合もあるようです。

対応
●スズメバチは、左右の動きに敏感で、前後の動きに鈍感なため、遭遇した場合は、後ろにゆっくりと動いて下さい。後ろが崖や川で動けないという不幸な状況の場合は、なるべく頭を低くしてゆっくり左右に逃げるしかありません。幸運を祈りましょう。
●テレビの情報などで比較的ご存知の方が多いと思いますが、スズメバチは、黒い色をめがけて攻撃する習性があります。黒に限らず青やダークトーンも要注意!白か白に近い明るい服装がベストです。ただ刺されるときは刺されます。万能ではありません。
●タオルやハンカチで追い払うのも厳禁です。イタズラにスズメバチを刺激するだけです。
●匂いのキツイ香水や化粧品もスズメバチを刺激します。また虫除けの超音波発信機もスズメバチには逆効果のようです。ハイキング中のオバサン達がスズメバチに襲われたというニュースがよく報道されますが、自然の中では厚化粧厳禁です。スズメバチでなくともあの匂いには・・・。
●市販のスズメバチ専用殺虫スプレーで勇敢に戦うと言う選択肢もありますが、やめた方が賢明です。っていうか 自殺行為です。
●1匹のスズメバチをなんとかやっつけたとしても、決して踏み潰したりしてはいけません。スズメバチの毒には、仲間を集める集合フェロモンが含まれているため、踏み潰したりすると非常に危険で仲間が大群で襲ってくる恐れがあります。 また、毒液を空気中に噴射して仲間を集めることもあるため、遭遇したら速やかに逃げるのが最善の方法です。
●毎日蜂蜜を食べている人もスズメバチの攻撃を受けやすいそうです。これは食べない様にするしかありません。
刺されたら
●個々人の体調によって軽症の人もいれば、かなり重症になってしまう人もいます。できる限り早く病院に行くことをお勧めします。
●応急処置として、刺された傷口から少しでも毒素を吸い出すことは効果がありますが、口の中に傷があるとソコから毒素が体内に入る危険性があります。傷口は冷やすこと。アンモニアは効果がないそうです。 オシッコかけても無駄です。キタナイだけです。
●体格のがっちりした人でもスズメバチの毒素に弱い体質かもしれません。軽く考えず、とにかく早く病院に行くことです。
●一度刺されたあとの抗原抗体反応(アナフィラキシーショック)で、最悪の場合死に至る場合があります。これは個人差がありますが、一度刺された人は要注意です。
結論
スズメバチは最強の昆虫です。毒蛇が空を飛んで攻撃してくると想像してみて下さい。怖すぎるでしょ!
世界的に見ても、日本の大スズメバチの凶暴さは際立っており、昆虫の形態をしていますが、毒蛇や毒グモ以上に恐ろしい存在なのです。
9月中旬〜10月中旬にかけてのスズメバチ活動期に山に入る場合は、本当に気をつけて下さい。この時期、ウォーキングやトレッキング中のスズメバチ対策は重要です。
鬼ノ城HOMEへ
鬼ノ城のマムシ

スズメバチについて非常に詳しい実際的な説明があるホームページ
都市のスズメバチ


鬼ノ城TOP 6.鬼ノ城登り口
1.砂川公園(スナガワコウエン) 7.鬼城山頂上・鬼ノ城
2.鬼ノ城までの道スタート 8.鬼ノ城第2展望台
3.鬼ノ城1500メートル付近 9.鬼ノ城・水門・東門・南門
4.鬼ノ城2000メートル付近 10.鬼ノ城・岩屋
5.鬼ノ城ビジターセンター 11.鬼ノ城・北門
犬墓山ウォーキングコース 犬墓山・皇の墓・岩切観音コース
巨石群・馬頭観音コース