犬の皮膚病は、犬が患う病気の中では最も多く、一度かかると慢性化しやすい傾向にあります。

犬の皮膚病は、ノミやダニなどの寄生虫感染、カビ(真菌)や細菌による感染症、花粉やハウスダストなどのアレルギー、ホルモン分泌異常や腫瘍などが原因となって起こります。
もともと皮膚が弱い犬や、アレルギー体質の犬は皮膚病になりやすく、過度なシャンプーや老化などから皮膚の抵抗力が弱くなってくると、皮膚常在菌の細菌や酵母菌が急増する事で症状が現われる場合もあります。


光触媒テクノロジーで細菌やウイルスを安全に分解!犬の皮膚病のケアに犬の皮膚病のケアに

犬のアトピー性皮膚炎

 

アトピー性皮膚炎は、空気中に浮遊している花粉やハウスダスト、カビ(真菌)や細菌などのアレルギーの原因物質を、呼吸などから体内に取り込んでしまった際に、それらの異物に対して体の免疫機能が過剰に働いてしまう事によって起こるアレルギー疾患です。

 

アトピー性皮膚炎を発症すると、強い痒みに絶えず悩まされる事になり、皮膚の発赤や湿疹が見られるようになります。

 

また、犬は体に痒みを感じる部分を何度も噛んだり掻き毟るため、皮膚に傷ができ、細菌感染などの二次感染を起こしてしまう場合もあります。

 

アトピー性皮膚炎は、アトピーの遺伝的素因を持ってるアトピー体質の犬が発症しやすく、皮膚が乾燥しやすく皮膚への刺激に弱い犬なども発症しやすい傾向にあります。

 

また、加齢とともに皮膚のバリア機能が低下する事によって皮膚常在菌の増殖が原因となって発症したり、精神的なストレスが引き金となって発症する場合もあります。


犬の皮膚の炎症、痒み、脱毛に!
微細な細菌やアレルゲンを分解する安心安全の光触媒ミスト

犬の皮膚病の多くは、慢性的に強い痒みが生じるため、犬は患部を舐めたり引っ掻く事で、ますます症状がひどく悪化していきます。
皮膚に傷ができ、そこから細菌感染を起こしてしまうと、さらに痒みは酷くなります。
犬が辛い皮膚の痒みに悩まされないように、日頃から犬の体や被毛の様子をしっかり観察しておく事が、皮膚の異常の早期発見、早期治療につながります。
犬種別には、ボストンテリア、コッカースパニエル(アメリカン、イングリッシュ)、プードル(トイ、ミニチュア、スタンダード)、テリア(ヨークシャー、ウエストハイランドホワイト、スコティッシュ、ケアーン)、レトリーバー(ゴールデン、ラブラドール)、ダルメシアン、柴犬、秋田犬などは、他の犬種に比べると皮膚病にかかりやすい傾向にあると言われています。