仁王さん

11.8.13更新



写真をクリックしますと大きくなります。


仁王さん



塔の写真を撮り始めて、もう大分日が経ちました。塔があるような寺院は、立派な伽藍配置のところが多く、南大門や仁王門や中門があり、 そこには寺院やお釈迦さんを守る仁王さんが居られることがしばしばあります。
しかも風雨に曝されて頑張って立っておられる姿がけなげで、随分と痛みが激しいものがあります。 しかし、その姿は非常に表情豊かで、深く印象に残ります。 その姿をカメラに収めているうちに随分と溜まりましたので、折角なのでこのホームページで公開したいと思い立ちました。 (06.8.20 新規)


「仁王」さんは、百科事典(平凡社)に拠れば「二王・二王像ともいい、2個の天王尊の意。 寺門の左右に安置されている金剛力士の像で、日本では古くから諸寺の総門・南大門などに安置された。 大宝積経の密迹金剛力士会に、金剛力士が金剛杵をとって仏の左右に侍衛する、と説くのに基づく。 金剛の名は、古代インドの武器「ヴァジュラ(vajra)」に由来し、金剛杵が諸物を砕破するように金剛の智慧が煩悩を打ち砕くようにとの願いが込められている。 即ち金剛力士は、仏の理を守護する智慧の働きを現すものである。
1体は口を開いて左手に金剛杵をとり、1体は右手を開いた形で現される。これは陰陽阿吽をかたどるという。 阿(a)は字音の初め、吽(hum)は字音の終わりであって、阿吽の2字はいっさいの存在を象徴している。」
と解説されています。


ということで、これまでに撮影した仁王さんを撮影順に、順次アップして行きたいと思います。 尚、各お寺コメントは各寺院で頂いたパンフやインターネット上の「Wikipedia」を参照させて頂きました。
また、これらの仁王さんは塔との関連で撮影している場合が多いですので、そのお寺の塔については、 ここをクリックして下さい。リンクしてます。

(139)_____縁城寺(11.5.21撮影)
仁王門はなく、現在本堂内に間借りしておられます。
吽形阿形本堂内に居られます
縁城寺は京都府峰山町にあるお寺です。


(138)_____遍照寺(11.5.21撮影)
遍照寺
吽形阿形遍照寺の仁王門
遍照寺は京都府久美浜町にあるお寺です。


(137)_____等覚寺(11.5.21撮影)
等覚寺
吽形阿形等覚寺の仁王門
等覚寺は木曽11宿の一つ三留宿にあります。


(136)_____薬師寺(10.12.8撮影)
薬師寺
吽形阿形薬師寺の仁王門
薬師寺は。


(135)_____真福寺(10.10.27撮影)
真福寺
吽形阿形真福寺の仁王門
真福寺は。


(134)_____妙厳寺(10.10.27撮影)
妙厳寺
吽形阿形妙厳寺の仁王門
妙厳寺は。


(133)_____龍口寺(10.9.30撮影)
龍口寺
吽形阿形龍口寺の仁王門
龍口寺は神奈川県藤沢市にあります。日蓮上人のゆかりのお寺で、日蓮上人が処刑されそうになった鎌倉幕府の龍ノ口刑場址にあります。


(132)_____観音寺(津)(10.8.19撮影)
観音寺(津)
吽形阿形観音寺の仁王門
観音寺(津)は津市にあり、人々からは津観音として親しまれています。


(131)_____観音寺(10.6.19撮影)
観音寺
吽形阿形観音寺の仁王門
観音寺は金沢の東、小矢部市にあります。


(130)_____国泰寺(10.6.18撮影)
国泰寺
吽形阿形国泰寺の仁王門
国泰寺は高岡市にあります。


(129)_____妙成寺(10.6.17撮影)
妙成寺
吽形阿形妙成寺の仁王門
能登半島の古刹


(128)_____金泉寺(10.5.30撮影)
金泉寺
吽形阿形金泉寺の仁王門
四国八十八ヶ寺の第3番札所・金泉寺


(127)_____霊山寺(10.5.30撮影)
霊山寺
吽形阿形霊山寺の仁王門
四国八十八ヶ寺の第1番札所・霊山寺


(126)_____観峰美術館(10.5.14撮影)
吽形阿形-
平安神宮から南禅寺へ歩いたら途中に観峰美術館があり、その玄関先に立っておられました。


(125)_____高岡大仏(10.2.15撮影)
吽形阿形-
高岡大仏は富山県高岡市にあります。仁王様は野外に、丁度雨に濡れておられました。


(124)_____瑞龍寺(10.2.15撮影)
瑞龍寺
吽形阿形瑞龍寺の山門
瑞龍寺は富山県高岡市にあります。加賀藩第二代藩主前田利長の菩提をともらう為に第三代前田利常により建立された。江戸時代初期の禅宗寺院建築として 高く評価されている。


(123)_____長楽寺(09.11.19撮影)
長楽寺
吽形阿形長楽寺の大門
長楽寺は兵庫県美方郡香美町にあります。高野山真言宗に属するお寺です。行基菩薩の開創と言われていますが、 伽藍や仏像はいずれも新しいものが多いようです。


(122)_____覚王寺(09.8.31撮影)
覚王寺
吽形阿形覚三寺の仁王門
覚王寺は兵庫県淡路市下司343にあります。現在は高野山真言宗に属するお寺です。淡路88霊場の第73番霊場です。 本尊は大日如来です。聖武天皇の詔で造られたと伝える古刹。


(121)_____菩提寺(09.8.26撮影)
菩提寺
吽形阿形菩提寺の仁王門
菩提寺は奈良県御所市にある。奈良時代に行基が建てたと言われている。十一面観世音菩薩が本尊。


(120)_____多聞寺(09.7.4撮影)
多聞寺
吽形阿形多聞寺の仁王門
多聞寺は神戸市垂水区多聞台にあります。第56代清和天皇の勅願により、860年に慈覚大師円任によって 開かれたと伝える古刹。仁王門は天明4年(1785年)に再興されたが、荒廃の為、今の場所に移転修復、仁王さんも平成元年に修復された。


(119)_____東山寺(09.6.14撮影)
東山寺
吽形阿形東山寺の仁王門
東山寺は兵庫県淡路市長沢にある尼寺です。819年に弘法大師によって開かれたと伝える古刹。 平安時代の重文の12神将が同じく平安時代の作の薬師如来をお守りしています。山門の室町時代作。 仁王さんは先の阪神淡路大震災で倒壊したとか。


(118)_____久遠寺(09.5.29撮影)
久遠寺
吽形阿形久遠寺の三門
久遠寺は山梨県南巨摩郡身延町にあります。日蓮宗の総本山であります。三門に仁王がおられました。鎌倉時代の作だそうです。 奥の院にも山門があり仁王さんも居られるようです。


(117)_____聖光寺(09.5.28撮影)
聖光寺
大梵天王帝釈天王聖光寺の山門
聖光寺は長野県茅野市蓼科高原にある。ビーナスラインに面しており偶々見つけて立ち寄った。


(116)_____善光寺(09.5.26撮影)
善光寺
吽形阿形善光寺の仁王門
善光寺は三門の南に仁王門がある。高村光雲と米原雲海の合作の仁王。メッシュの細かい網で見難いのが残念。


(115)_____光福寺(09.4.24撮影)
光福寺
吽形阿形光福寺の仁王門
光福寺は京都市南区久世上久世町にある。蔵王堂の名で知られており、参道の桜並木は見事。また境内には楠の大木がある。


(114)_____岩間寺(09.4.16撮影)
仁王様は野外におわす。平成4年
吽形阿形-
岩間寺は大津市と宇治市の境にあり、車でないと訪れるのに不便な所である。


(113)_____石山寺(09.4.16撮影)
石山寺
吽形阿形石山寺の仁王門
石山寺も塔の写真を撮りに一度訪れたが、今回西国33所のご朱印を貰いに来た序でに前回撮らなかった仁王様の写真を撮った。


(112)_____長命寺(09.4.15撮影)
仁王様は本堂の脇におわす
吽形阿形-
長命寺も塔の写真を撮りに一度訪れたが、今回西国33所のご朱印を貰いに来た。 本堂脇にひっそりと仁王様が居られた。前回は気が付かなかったが、今回写真を撮った。


(111)_____岡寺(09.4.3撮影)
岡寺
吽形阿形岡寺の仁王門
岡寺は塔の写真を撮りに一度訪れたが、今回西国33所のご朱印を貰いに来た序でに前回撮らなかった仁王様の写真を撮った。


(110)_____壺阪寺(09.4.3撮影)
仁王様は野外におわす。石造
吽形阿形-
壺阪寺の仁王様は既に掲載済みだが、今回ご朱印を貰いに来て石造りの仁王様を見つけたので写真に収めた。


(109)_____観音寺(丹後)(09.3.26撮影)
観音寺
吽形阿形観音寺の仁王門
観音寺は福知山市字観音寺にある寺院。仁王さんは室町時代中期の作と言われている。像高は209cm


(108)_____施福寺(09.3.2撮影)
施福寺
吽形阿形施福寺の仁王門
施福寺は大阪府和泉市にある天台宗の寺院。 西国33所の第4番札所である。開創は六世紀後半と言われている古刹。本堂までは駐車場から約1キロの登りがある。山門(仁王門)は始めの方にありここからが大変。


(107)_____青岸渡寺(09.2.18撮影)
青岸渡寺
吽形阿形青岸渡寺の仁王門
青岸渡寺(せいがんとじ)は和歌山県の那智勝浦にある寺院。 西国33所の第1番札所である。また世界遺産・熊野那智大社に隣接する。本堂(如意輪堂)横からは那智の大滝、三重塔が眺められる。


(106)_____昆陽寺(09.1.30撮影)
昆陽寺
吽形阿形昆陽寺の仁王門
昆陽寺(こんようじ、或いは、こやでら)は兵庫県伊丹市寺本にある高野山真言宗の寺院である。 行基が創立したと言われている古刹。信長の時代に戦火で焼失、その後江戸時代に再興された。山門内には仁王さんの背面に 広目天・多聞天立像が安置されていたようだが、今は写真が代わりに置かれている。二天像は平成10年に、兵庫県指定文化財に。


(105)_____清涼寺(09.1.23撮影)
清涼寺
吽形阿形清涼寺の仁王門
清涼寺は嵯峨釈迦堂と呼ばれるように嵯峨野にあります。嵐山の天龍寺から北に少し歩いたところにあります。 源氏物語光源氏のモデルといわれる源融の山荘を融の死後、お寺にしたと言われがある古刹。元禄14年(1701年)綱吉の生母桂昌院により再建された。 本尊釈迦如来像は国宝。


(104)_____三井寺(08.12.18撮影)
三井寺
吽形阿形三井寺の仁王門
三井寺は滋賀県大津市にあります。西国33所第14番札所です。正式には園城寺といいますが、三井寺と言い習わされています。 天台寺門宗の総本山です。既に三重塔を撮影には来たのですが、そのとき仁王さんを写していなかったので、今回西国33所第14番札所の 朱印を頂きに訪れた機会に撮影いたしました。仁王門は1452年建立で、重文に指定されています。(元々は甲賀・常楽寺にあったもの)


(103)_____弘誓寺(08.11.27撮影)
弘誓寺
吽形阿形弘誓寺の仁王門
弘誓寺(宇土観音)は兵庫県篠山市宇土611にある。  仁王様の顔を残念ながら写せなかった。それは格子の枠が小さいのと私の背が低いため顔の部分が写せなかったのです。 格子の木枠がもう少し大きいか、踏み台でもあれば、写せたでしょう。残念です。像の上部を見れなかったので従って阿形、吽形の下半身も正確ではありません。


(102)_____東光寺(08.10.22撮影)
東光寺
吽形阿形東光寺の仁王門
東光寺は長野県安曇野市穂高にある。  仁王様が良く見えないのは、汚れたプラスチックの透明防護板の為です。


(101)_____葛井寺(08.10.15撮影)
葛井寺
吽形阿形葛井寺の仁王門
葛井寺は大阪府藤井寺市にあります。西国33所第5番札所です。


(100)_____円教寺(08.10.8撮影)
円教寺
吽形阿形円教寺の仁王門
円教寺は兵庫県姫路市書写にあります。西国33所第27番札所です。


(099)_____清水寺(08.9.26撮影)
清水寺
吽形阿形清水寺の仁王門
清水寺は京都市東山区にある、西国33所第16番札所です。


(098)_____日泰寺(08.9.25撮影)
日泰寺
迦葉尊者阿難尊者日泰寺の山門
日泰寺は名古屋市千種区法王町にあります。仁王さんではありませんが、山門に居られたので参加頂きました。お二人ともお釈迦様のお弟子です。


(097)_____竜泉寺(08.9.25撮影)
竜泉寺
吽形阿形竜泉寺の仁王門
竜泉寺は名古屋市守山区竜泉寺にあります。


(096)_____笠覆寺(08.9.24撮影)
笠覆寺
吽形阿形笠覆寺の仁王門
笠覆寺は名古屋市南区笠寺町にあります。笠寺観音と呼ばれています。


(095)_____観音寺(08.9.24撮影)
観音寺
吽形阿形観音寺の仁王門
観音寺は名古屋市中川区荒子町営窓にあります。荒子観音と親しまれ、室町時代の重文の多宝塔があります。


(094)_____長谷院(08.9.24撮影)
長谷院
吽形阿形長谷院の仁王門
長谷院は愛知県清洲市桃栄にあります。


(093)_____甚目寺(08.9.24撮影)
修理中の様で阿形の仁王様は不在でした 甚目寺
吽形阿形甚目寺の仁王門
甚目寺は、愛知県海部郡甚目寺町にあります。


(092)_____花山院菩提寺(08.9.8撮影)
花山院菩提寺
吽形阿形花山院菩提寺の仁王門
花山院菩提寺は、西国33所番外霊場。西国33所を再興した花山法皇の墓がある。兵庫県三田市尼寺にある。 薬師瑠璃光如来が本尊。


(091)_____播州清水寺(08.9.8撮影)
播州清水寺
吽形阿形播州清水寺の仁王門
播州清水寺は、西国33所の第25番札所で、兵庫県加東市社町にある。千手観音が本尊。


(090)_____勝尾寺(摂津)(08.9.4撮影)
勝尾寺(摂津)
吽形阿形勝尾寺の仁王門
勝尾寺(摂津)は、西国33所の第23番札所で、大阪の箕面市粟生間谷にある。十一面千手観音が本尊。 勝尾寺の「勝ダルマ」は有名。


(089)_____総持寺(摂津)(08.9.4撮影)
総持寺(摂津)
吽形阿形総持寺の仁王門
総持寺(摂津)は、西国33所の第22番札所で、藤原山蔭が開基の古刹。大阪の茨木市にある。


(088)_____ハ見寺(08.8.29撮影)
ハ見寺
吽形阿形ハ見寺の仁王門
ハ見寺は、天正年間に安土城築城に伴って、織田信長によって城郭内に建立された。 三重塔は、享徳3年(1454年)建立。二王門 は入母屋造本瓦葺き楼門。元亀2年(1571年)建立。 金剛力士立像は室町時代の作といわれている。滋賀県蒲生郡安土町にある。


(087)_____観音正寺(08.8.29撮影)
吽形阿形観音正寺には仁王門はありません。
観音正寺は、西国32番札所。432.9mの繖山にあり。その昔、聖徳太子がこの地に来られた折に、 太子自らが千手観音の像を刻み、堂塔を建立され、開基されたといわれています。滋賀県の安土町にあります。


(086)_____総持寺(08.8.28撮影)
総持寺
吽形阿形総持寺の仁王門
総持寺は、奈良時代に、行基によって開山されたと伝えられている。豊臣秀吉が寺領を寄進して再興した。 山門は江戸時代前期の造立されたとの銘があるそうです。大阪府茨木市にあります。


(085)_____護国之寺(08.8.28撮影)
護国之寺
吽形阿形護国之寺の仁王門
護国之寺は、聖武天皇の勅願により行基菩薩が開創されたと伝えられている。楼門(仁王門)は宝暦12年の 創建で市文に指定されている。境内には嘉元2年(1304)、熊谷直実蓮生坊が祖父の為に建立した宝篋印塔(供養塔)がある。 これは県文に指定されている。岐阜県岐阜市長良にあります。


(084)_____円鏡寺(08.8.27撮影)
円鏡寺
吽形阿形円鏡寺の仁王門
円鏡寺は、寺伝によれば、811年(弘仁2年)、嵯峨天皇の勅命により、空海が創建したという。 金剛力士(仁王)像は、鎌倉時代、運慶の作といわれている。岐阜県本巣郡北方町にあります。


(083)_____横蔵寺(08.8.27撮影)
横蔵寺
吽形阿形横蔵寺の仁王門
横蔵寺は華厳寺の直ぐ西方にあって、天台宗の宗祖・最澄が自作の薬師如来を安置して創建した寺とされている。 楼門(仁王門)には仁王さんが居られて良いはずですが、多分金剛力士を現すであろう、梵字を書いた板?だけが在りました。Wikipediaには、 金剛力士(仁王)像には、建長8年(1256年)の銘があり、作者は鎌倉時代を代表する仏師の一人である定慶であることがわかっている、 と書かれていたのですが。お会い出来ず残念でした。岐阜県揖斐郡谷汲村にあります。


(082)_____華厳寺(08.8.27撮影)
華厳寺
吽形阿形華厳寺の仁王門
華厳寺は谷汲さんと一般に呼ばれ、西国33所の結願寺として有名です。 33所の内、このお寺だけが近畿地方にはなく岐阜県にあります。華厳寺の創建は延暦17年(798年)、本尊は十一面観音で、その他数多くの重文が安置されている。 岐阜県揖斐郡谷汲村にあります。


(081)_____長保寺(08.7.10撮影)
長保寺
吽形阿形長保寺の仁王門
長保寺は和歌山県海南市下津町にあります。長保2年(1000年)、一条天皇の勅願により、性空上人により創建されたと伝えられています。 一条天皇の皇后たちの女官があの有名な、紫式部であり、清少納言です。
時代が下って江戸時代に紀州徳川家の菩提寺となり、歴代紀州藩主の墓がこの山内にあります。多宝塔は鎌倉時代(1357年)に建立され、 国宝に指定されています。中々良い姿をしています。金剛力士像造立の年代は弘安9(1286)年の可能性がある。


(080)_____紀三井寺(08.7.10撮影)
紀三井寺
吽形阿形紀三井寺の仁王門
通称紀三井寺と呼び習わされているこのお寺は、正式には「紀三井山金剛宝寺護国院」と呼ぶそうで、和歌山市にある。 紀三井寺は奈良時代(770年)に唐の僧、為光上人により開基された。200段以上の急な階段を登って漸く本堂に辿り着くが、 ここからの和歌の浦の眺望は素晴らしく、昔から歌枕として多くの歌人に詠まれている。 ここの多宝塔は室町時代(1449年)に建立され国の重文に指定されています。


(079)_____粉河寺(08.7.9撮影)
粉河寺
吽形阿形粉河寺の仁王門
到着した時間が遅く、到底山内を拝観するだけの時間がなかったので山門の仁王様にだけお目に掛かってまた日を改めてやってくることにした。 規模の大きい三間楼門で、山門は和歌山県では、高野山・根来寺に次ぐ威容を誇るものとか、宝永4年(1706年)に総檜造りである。 仁王様は仏師春日の作と云われている。和歌山県那賀郡粉河町。


(078)_____根来寺(08.7.9撮影)
根来寺
吽形阿形根来寺の仁王門
根来寺は和歌山県岩出市にあります。新義真言宗総本山の寺院です。開山は覚鑁(かくばん)で、高野山から独立しこの地に 一派を興した。一時は、根来衆と呼ばれる僧兵を擁し、一大軍事集団として恐れられたこともある。
ここの多宝塔は我国最大で大塔(1496年建立)と呼ばれており、国宝に指定されている。豊臣秀吉に焼き討ちに遭っているので 古い建物は余り残っていないが、往時を偲ばせるに十分な雰囲気を持っている。根来一山の総門として嘉永3年(1850年)に再建された山門には立派な仁王様(制作年代不明)がおられます。


(077)_____野中寺(やちゅうじ)(08.7.9撮影)
野中寺
吽形阿形野中寺の仁王門
野中寺は、大阪府羽曳野市にある高野山真言宗の仏教寺院で聖徳太子が建立されたお寺の一つです。河内の三太子と呼ばれているのは、 叡福寺(上の太子)、野中寺(中の太子)、大聖勝軍寺(下の太子)です。現在、境内に残る伽藍跡から創建当時の建物跡が想定され、立派な寺院であったことが覗えるが、 残念ながら兵火で灰燼帰した。江戸時代に再建された。山門にはユニークな仁王様がおられるが、何時造られたか解説はなかった。 この境内の墓地には浄瑠璃で有名なお染久松の墓がある。


(076)_____法林寺(08.6.13撮影)
広目天多聞天
時国天増長天法林寺の楼門
法林寺は三条京阪駅の直ぐ前にあるお寺で、一般に「だんのうさん」と言われ親しまれている浄土宗のお寺。古くは蓮華蔵寺という 天台宗のお寺であったが、鎌倉時代に悟真寺という浄土宗のお寺となった。応仁の乱などの兵火で灰燼に帰したが、江戸時代に檀王法林寺として再建された。 明治21年(1888年)に建立された楼門には大阪和泉の興善寺から移された四天王が祀られている。 広目天は平安後期、その他は鎌倉後期から南北朝期の作と伝えられている。京都市左京区川端通三条上る。


羽黒山(08.5.30撮影)
吽形阿形出羽三山神社の随身門
この随身門は元は仁王門と呼ばれていたが明治の神仏分離令により随身門となり、中にいた仁王さんも追い出され代わって、 随身像が安置された。この像は宝暦2年に作られたものである。山形県東田川郡羽黒町にあります。


(075)_____善宝寺(08.5.29撮影)
毘沙門天韋駄天善宝寺の山門
善宝寺は山形県鶴岡市にある。海の守護神・龍神の寺として全国的に知られている。善宝寺は天慶・天暦年間に龍華寺として創建された。 曹洞宗の3大祈祷寺。


(074)_____乙宝寺(08.5.30撮影)
吽形阿形乙宝寺の仁王門
乙宝寺は新潟県胎内市乙(きのと)にある真言宗智山派の寺院。天平8年(736)に聖武天皇の勅命により行基菩薩が開いたと伝えられている。 「今昔物語」や「古今著聞集」にも登場する古刹。


(073)_____羽黒山(正善院黄金堂)(08.5.30撮影)
吽形阿形正善院黄金堂の仁王門
正善院黄金堂は羽黒山・正善院黄金堂は鶴岡市の東、羽黒山表参道にあります。 建久4年(1193)に源頼朝が建立したとされています。山形県東田川郡羽黒町。


(072)_____立石寺(08.5.29撮影)
吽形阿形立石寺の仁王門
立石寺は寺伝では貞観2年(860年)に清和天皇の勅命で円仁(慈覚大師)が開山したとされている。 仁王門は嘉永年間(1848-53)に再建された。仁王像は運慶の後裔平井源七郎の作と伝えられている。山形県山形市。


(071)_____瑞巌寺(富山観音堂)(08.5.28撮影)
吽形阿形瑞巌寺の宝物殿に置かれています
この仁王像は松島・瑞巌寺の宝物殿、青龍殿に置かれていた。この仁王像は本来町の東北部にある富山観音堂にあるべきもので、 現にそこには傷みの酷い木造の仁王像があるらしい。平成15年の宮城県北部地震の被害復興事業の一部として仁王像の解体修理が行われ、 更に復元事業が行われた結果、この仁王像が作られたようである。宮城県宮城郡松島町。


(070)_____高館義経堂(08.5.27撮影)
吽形阿形門はありません
高館義経堂はこの地で亡くなった源義経を偲んで伊達藩第4代藩主伊達綱村公が建造した。 ここにある仁王像がどういう謂れの物か解説がなかったが少し珍しいものであった。岩手県平泉市。


(069)_____林泉寺(08.5.25撮影)
吽形阿形林泉寺の仁王門
林泉寺は明応六年(1497年)長尾家(後の上杉家)の菩提所として創建された。寺内には上杉謙信公のお墓もあります。 山門(仁王門)は大正時代に再建された。新潟県上越市。


(068)_____越後国分寺(08.5.25撮影)
吽形阿形越後国分寺の仁王門
越後国分寺は天平13年に聖武天皇が日本の平和と繁栄を祈願して、国ごとに国分寺と国分寺尼寺を建立された越後の国の国分寺です。 本尊が五智如来なので、五智国分寺ともいいます。現在のお寺の場所は当時の場所ではないようです。山門(仁王門)及び仁王さんは江戸時代天保年間の作である。 新潟県上越市。


(067)_____如意寺(08.5.13撮影)
吽形阿形如意寺の仁王門
如意寺は奈良時代に行基により開基されたと言われている。関西花の寺25ヶ寺の一つでもある。仁王さんは鎌倉時代初期の作である。 京都府京丹後市久美浜町にある。


(066)_____円頓寺(08.5.13撮影)
吽形阿形円頓寺の仁王門
円頓寺は京都府京丹後市久美浜町にある真言宗の古刹。用明天皇(31代、585〜586)の代に、勅命によって建立されたと言う。 仁王門は茅葺の非常に珍しいもので趣がある。また仁王さんは鎌倉時代の作であると。


(065)_____松尾寺(08.5.12撮影)
吽形阿形松尾寺の仁王門
松尾寺は舞鶴市にある真言宗醍醐派のお寺。西国33ヵ所第29番札所。本尊の馬頭観世音菩薩坐像は秘仏。仁王門は江戸時代中期の建造で、 京都府の府文。仁王さんは目下解体調査中で、写真が代わりにおかれていた。08年10月1日にお戻りになると。 09.3.25に西国33所の朱印を頂きに行った。仁王門にはやはり写真があった。今度は絵葉書を買った。その写真を。(09.3.30)


(064)_____室生寺(08.4.16撮影)
吽形阿形室生寺の仁王門
室生寺は天武天皇9年(680年)、役小角の草創、空海の中興という伝承がある、真言宗のお寺。 奈良県宇陀市室生区室生。


(063)_____中山寺(08.4.2撮影)
吽形阿形中山寺の仁王門
中山寺は宝塚市にあり、聖徳太子の創建によると伝えられる、わが国最初の観音霊場。


(062)_____広隆寺(08.2.22撮影)
吽形阿形広隆寺の仁王門
広隆寺は京都の太秦にあります。


(061)_____仁和寺(08.2.22撮影)
多聞天 時国天
吽形(多聞天)阿形(時国天)仁和寺の二天門
仁和寺は京都の御室にあります。


(061)_____仁和寺(08.2.22撮影)
吽形阿形仁和寺の仁王門
仁和寺は京都の御室にあります。


(060)_____法道寺(07.12.20撮影)
吽形阿形法道寺の仁王門
法道寺は大阪府堺市にあります。


(059)_____金剛寺(07.12.20撮影)
吽形阿形金剛寺の仁王門
金剛寺は大阪府河内長野市天野町にあります。


(058)_____四天王寺(07.12.19撮影)
吽形阿形四天王寺の東大門
四天王寺の東大門にも仁王様がおられます。どういう役割分担になっているのでしょうかね。大阪市天王寺区。


(058)_____四天王寺(07.12.19撮影)
吽形阿形四天王寺の仁王門
四天王寺の中門の直ぐ北にある南大門(仁王門)にこの仁王さんがおられる。 東側が那羅延金剛力士、西側が密迹金剛力士。大阪市天王寺区。


(057)_____高山寺(07.11.13撮影)
吽形阿形高山寺の仁王門
高山寺は長野県小川村にあります。


(056)_____岩松院(07.11.12撮影)
吽形阿形岩松院の仁王門
岩松院は長野県小布施町にあります。葛飾北斎の八方睨み鳳凰図が、この寺の本堂大間の天井にあるので有名です。


(055)_____温泉寺(諏訪)(07.11.11撮影)
吽形阿形温泉寺(諏訪)の仁王門
温泉寺(諏訪)は高島城主諏訪家の菩提所。長野県諏訪市湯の脇。


(054)_____長禅寺(07.11.10撮影)
吽形阿形長禅寺の仁王門
長禅寺は天文21年(1552)、信玄が亡き母大井夫人の為に建立された寺。甲府市愛宕町。


(053)_____甲斐善光寺(07.11.10撮影)
吽形阿形甲斐善光寺の仁王門
甲斐善光寺は武田信玄が長野善光寺から永禄元年(1558)に本尊をお遷しして創建されたお寺です。 現在の山門は、寛政八年(1796)に再建されたものです。山梨県甲府市善光寺。


(052)_____円通院(07.11.10撮影)
多聞天時国天円通院の仁王門(二王門)
円通院は山梨県都留市中央に有ります。寛延元年(1748)に山門は作られました。阿吽二体の持国天、多聞天(毘沙門天)がお寺を護持しています。 二天も江戸時代初期に作られています。


(051)_____頂妙寺(07.10.26撮影)
毘沙門天時国天頂妙寺の仁王門(二王門)
日蓮宗の本山の1つ。開山は日祝上人。文明5年(1473)に土佐の守護細川勝益の帰依を得て開創。 度重なる大火に遭い、現在の堂宇は天明大火以後に建立されたもの。 仁王門通の名はこのお寺の仁王門(二王門)に因んでいるといわれている。重要文化財の俵屋宗達筆「双牛図」など多数の美術品を所蔵。 堂内は非常に暗く二天像は非常に見えにくいです。京都市左京区仁王門通。


(050)_____穴太寺(07.10.11撮影)
吽形阿形穴太寺の仁王門
穴太寺(あなおじ)は京都府亀岡市曽我部にあり、西国21番札所で天台宗のお寺。奈良時代後半の705年(慶雲2年)、 文武天皇の勅願により大伴古麻呂が開創したとされる丹波地方の古刹。境内には江戸時代に再建された本堂、多宝塔がある。


(049)_____大願寺(厳島神社)(07.9.21撮影)
吽形阿形大願寺の仁王門
宮島の厳島神社の境内にある大願寺というお寺があります。建仁年間(1201年〜1203年)の僧了海が再興したと伝えられる真言宗の古刹です。 ここに比較的可愛らしい仁王様が居られます。保存状態は良さそうですが、詳細は判りません。広島県佐伯郡宮島町。


(048)_____周防国分寺(07.9.20撮影)
吽形阿形周防国分寺の仁王門
周防国分寺は聖武天皇の勅願で天平時代に各国毎に建てられた国分寺の一つで創建当時の境内に今もその伽藍を残しているのは珍しいそうです。 仁王門は文禄5年(1596年)毛利輝元公が再建したもので、仁王さんは室町時代の作品と言われている。像高は350cmである。 山口県防府市にある。


(047)_____阿弥陀寺(07.9.20撮影)
吽形阿形阿弥陀寺の仁王門
山口県防府市にある周防阿弥陀寺は別名東大寺別院と呼ばれており、平安時代に平家により灰燼に帰した東大寺を再建した後重源上人が由緒ある古刹で、 仁王門は貞亨2年(1685年)毛利就信公が再建、また仁王さん、金剛力士立像は鎌倉時代の作で快慶一派の作品であると。


(046)_____多禰寺(07.7.30撮影)
吽形(写真)阿形(写真)多禰寺の仁王門
舞鶴市の北方、舞鶴湾を見下ろせる景勝の地にあるこの多禰寺は聖徳太子の父、用明天皇の第3皇子、麻呂子親王が開祖の太平古いお寺で、平安時代、鎌倉時代の 文化財が多く残されています。金剛力士像(仁王さん)は、高さ3.5メートルを超える日本屈指の巨大なもので、鎌倉中期の慶派の仏師により作られたものと言われており ます。山門には仁王さんは写真だけが飾られており、本物は有料の宝物殿に納められています。勿論国の重文に指定されています。文化財の保存と誰でもが容易に 拝観出来ることとのジレンマがありますね。また山門にあれば写真も写せますが、宝物殿では撮影禁止となっています。正直、500円も支払ってという気持ちが ないではありません。


金剛院の仁王さん

同じ日にやはり舞鶴市にある金剛院という三島由紀夫の小説「金閣寺」の舞台としても知られているお寺があります。
やはり宝物殿には鎌倉時代の作と伝えられる仁王様が居られました。残念ながらこちらも撮影禁止でした。ここにも山門はありませんでした。


(045)_____満願寺(07.7.5撮影)
吽形阿形満願寺の仁王門
満願寺は兵庫県川西市にあり、奈良時代の神亀年間(724〜28)に勝道上人が千手観音を本尊として創建したと伝えられる。 安和元年(968)源満仲が多田に館を構え国家延福を祈って帰依して以来、源氏一門の祈願所とされていました。 本尊の千手観音をはじめ、阿弥陀如来、薬師如来、聖観音、十一面観音、帝釈天、地蔵菩薩、四天王、毘沙門天、金剛力士像(県指定重要文化財)があります。 これらの仏像は平安から鎌倉時代に造られたものです。 また優れた技法が用いられている九重の石塔は国の重要文化財に指定されています。 仁王さん(金剛力士像)は県の重要文化財にしてされていますが、鎌倉時代の作風を示す立派な木造の仁王さんです。高さは阿像が340センチ、 吽像が342センチあります。


(044)_____久安寺(07.7.5撮影)
吽形阿形久安寺の仁王門
久安寺は大阪府池田市にある高野山真言宗のお寺。国道423号線を北上伏尾温泉の近くにある。 関西花の寺12番道場としても有名で訪れた時は丁度アジサイの花が美しく咲き誇っていた。 この寺は神亀2年(725年)行基菩薩が開創した伝える古刹である。仁王さんのおわす、楼門は国の十分に指定されており、室町初期の建築、 また仁王さんは南北朝の作と言われている。


(043)_____竹林寺(07.5.27撮影)
吽形阿形竹林寺の仁王門
高知市に五台山竹林寺はあります。このお寺は、神亀元年(724)、聖武天皇の勅願で、行基が開基の古刹です。 仁王さんは江戸時代の作だそうです。高知市五台山。


(042)_____安楽寺(07.5.27撮影)
吽形阿形安楽寺の仁王門
JR高知駅から西の方角に安楽寺はありました。道に面して、鐘楼を兼ねる小さな仁王門が建っており、白壁に囲まれた狭い空間に閉じ込められるようにして 、通りを見つめる仁王さんに出会いました。ここから高知城は直ぐ真南にあります。高知市江ノ口。


(041)_____醍醐寺(07.5.25撮影)
吽形阿形No Picture
醍醐寺の仁王門(西大門)は、1605年豊臣秀頼により再建されました。現在工事中でガラス越しに辛うじて仁王さんが拝観出来る状態です。 しかも当日は雨でしたので仁王さんももう一つ巧く撮影することが出来ませんでした。仁王門が修理完了した時点でまた訪れる予定です。 仁王さんは平安時代後期(長承3年・1134年)の作で重文に指定されています。京都市伏見区。


(040)_____金峯山寺(吉野山)(07.4.11撮影)
吽形阿形金峯山寺の仁王門(国宝)
吉野の金峯山寺は白鳳年間に、役行者が創建された修験道の総本山ですが、桜の季節には一目千本と言われる、下の千本、中の千本、上の千本、 奥の千本で花見の見物人で賑います。初めてその最盛期に訪れ感動しました。金峯山寺の立派な仁王門にはまた東大寺の仁王様に負けず劣らずの 大きな仁王様が居られました。奈良県吉野町。


(039)_____温泉寺(城崎温泉)(07.3.24撮影)
吽形阿形温泉寺の仁王門
城崎温泉の温泉寺山門は過去再三造立されたが、現在の門は明和年間(1764〜1772)に再建されたもので、左右の金剛力士像は、 均斉のとれた運慶・湛慶作といわれる力作である。山門(仁王門)は欅造りで中々立派な山門です。兵庫県城崎郡城崎町にあります。


(038)_____円隆寺(07.3.23撮影)
四天王像四天王像円隆寺の総門
京都府舞鶴市引土にある円隆寺、JR西舞鶴から歩いてくとまず目に入るのが総門。この門の前後に四天王像(多聞天、広目天、持国天、増長天)が祀られている。 珍しい例である。像を護るために金網が張られているが、仕方がないことであるが、この金網のために写真はほとんど撮ることが出来ないし、 柵の間からも試みたがカメラのレンズが入らず、残念な結果となった。


(037)_____東大寺(07.3.9撮影)
吽形阿形東大寺の南大門
いつも近くまで行っておきながら、今までその写真がなかったというのが不思議な位、東大寺南大門の仁王さんである。 東大寺の伽藍のほとんどは治承4年(1180年)の平重衡の焼き討ちで灰燼に帰した後、鎌倉時代に重源上人によって再建事業が行われた。 この仁王さんたちは時の著名な慶派の仏師、運慶、快慶などによって完成されたものである。


(036)_____西国寺(07.3.8撮影)
吽形阿形西国寺の仁王門
広島県尾道市西久保町にある西国寺は、真言宗西国寺派の総本山。尾道市街の東北方向の愛宕山の山腹に大伽藍が広がっている尾道市最大の寺。 仁王門は三間一戸楼門の仁王門。室町後期の建立といわれ県重文に指定されている。仁王門には写真にあるような大きな草鞋が吊り下げられている。


(035)_____遍照寺(07.3.7撮影)
吽形阿形遍照寺の仁王門
岡山県の西の端、笠岡市笠岡にある遍照寺はJR笠岡駅から数100mの所にある。正式には光明山金剛院遍照寺と言い、真言宗大覚寺派のお寺で多くの末寺を持つ。 年代は不明であるが弘法大師の開基と伝えられている。


(034)_____温泉寺(片山津)(07.1.29撮影)
吽形阿形温泉寺の仁王門
JR加賀温泉駅を基点に運行されている観光バス・「キャン・バス」の山まわりコースに乗って4つ目の停車駅、魯山人寓居跡の近くに温泉寺がある。 聖武天皇の御世にあの行基菩薩が発見したと伝えるお寺で、正しくは薬王院温泉寺。観音堂には平安時代初期作の十一面観音菩薩が祭られている。 ここに仁王さんが居られた。石川県加賀市山代温泉にあります。


(033)_____久米寺(06.12.21撮影)
吽形阿形久米寺の仁王門
久米寺は推古天皇の勅願により用明天皇の皇子、来目皇子(聖徳太子の弟)により7世紀後半に建立された。 また、弘法大師空海が真言宗を開宗したお寺とも伝える。現在真言宗御室派の別格本山。橿原市久米町。


(032)_____家原寺(06.12.20撮影)
吽形阿形家原寺の仁王門
家原寺(エバラ)は堺市家原町にある。最近は受験生が合格祈願にお参りするが、このお寺は行基が自分の生まれた場所に704年(慶雲元年)に 初めて建てた由緒あるお寺である。仁王門は現在の家原寺で最も古い建造物だそうで、本来ここにあった仁王さんは運慶、快慶作と 伝えられているが明治時代初期の廃仏毀釈のドサクサ時に海外流出し、現在は米国ワシントンのフーリエ博物館に収蔵されている。


(031)_____東寺(06.12.8撮影)
雄夜叉 雌夜叉
雄夜叉雌夜叉東寺の南大門
東寺は正式の名前を教王護国寺と言うが、古来東寺と言う名前が言い習わされている。京都にある多くの大寺院の一つである東寺は、京都の玄関口にあって 特に皆さんから親しまれている。毎月21日は弘法大師の縁日で大勢の人で賑う。東寺の正門、南大門は九条通りに面している。 当然ここには仁王さんが居られるはずである。そう思っていた。南大門の前は車で良く通るのであるが、近鉄の東寺駅から歩いて来て初めて仁王さんが居られず 広いスペースだけが、ガランとあるのを知った。何時から仁王さんは居られないのか、仁王さんはどこか宝物殿にでも居られるのか、お寺の人に聞こうと思っていたら、 判ったのである。金堂近くに小堂が二つあった。夜叉神堂である。この前に説明板があり、曰く、「最初は南大門の左右に安置されていたが、 旅人が拝まないで通ると忽ちその罰があたったとされ、中門(現在の金堂前燈籠周辺)の左右に移された。慶長元年(1596年)中門倒壊の後、現在の小堂を建立して安置した。  夜叉神像は弘法大師の御作とされ霊験甚だあらたかで、仏法守護を本誓となすとあり、歯痛を治して下さると親しまれている。」 ということで一応のなぞは解けた次第。 だから東寺は仁王さんではなく、夜叉が南大門をしかも雌雄2体と言うのも珍しい、どういう謂れがあるのだろうか。


(030)_____長谷寺(06.12.1撮影)
吽形阿形長谷寺の仁王門
長谷寺は、朱鳥元年(686)道明上人が、天武天皇のために銅板法華説相図((千仏多宝仏塔・国宝)を西の岡に安置した事に始まり、神亀四年(727)に徳道上人が、 聖武天皇の勅を奉じて、東の岡に十一面観世音菩薩(本尊・国宝)をお祀りになった。 現在の長谷寺は、真言宗豊山派の総本山で、西国三十三観音霊場第八番札所。 四季を通じ「花の御寺」として有名。 奈良県桜井市初瀬 にある。


(029)_____勝持寺(06.11.30)
吽形阿形鎌倉時代の寄木造りで湛康・慶秀作、重文
瑠璃光殿(収蔵庫)で仁王さんを見ました。中々立派な木像で、鎌倉時代の作だそうで重文に指定されています。 勿論昔は仁王門で頑張っておられたそうですが、現在は雨露の心配要らないで楽隠居と言うところでしょうか。 写真は禁止だったので庫裏で写真集を購入し、そこから引用させて頂きました。


(029)_____勝持寺(06.11.30撮影)
吽形阿形勝持寺の仁王門
勝持寺は白鳳8年(679年)に天武天皇の勅命により役の行者が創建したのが始まりで、 その後、延暦10年(791年)に桓武天皇の命によって、最澄が本堂や伽藍を再建したと伝えられます。
仁王門は本堂から約15分参道を下った所にあり、勝持寺で一番古い建造物(9世紀中頃)で、 そこには現役の仁王さんが居られます。京都市西京区大原野南春日町にある。

(028)_____善峯寺(06.11.30撮影)
吽形阿形善峯寺の仁王門
善峯寺は洛西の山中にあり、西国第20番札所。立派な仁王門を入ると、山腹に本堂、多宝塔、薬師堂などの諸堂が立ち並ぶ。 春は枝垂桜、秋はもみじの紅葉が美しく、交通の不便も厭わず多くの信者、観光客が訪れる。樹齢600年を誇る遊龍松は天然記念物。 寺は1029年(長元2)恵心僧都の高弟・源算上人の開基。応仁の乱で焦土と化したが、江戸時代に5代将軍綱吉の生母桂昌院により復興した。 京都市西京区大原野小塩町にある。


(027)_____鞍馬寺(06.11.24撮影)
吽形阿形鞍馬寺の仁王門
鞍馬寺は叡山電鉄鞍馬線の終点鞍馬にあります。鑑真和上の高弟鑑禎上人が8世紀後半に毘沙門天を祀ったことに始まると言われている。 元々天台宗のお寺であったが現在は「鞍馬弘教」という単立寺院である。牛若丸が修行した山として有名で、それに因んだ遺跡が数多く残されている。 仁王門は1891年(明治24年)焼失し、1911年(明治44年)再建された。


(026)_____興福寺(06.11.8)
吽形阿形
06.11.8興福寺の国宝特別公開時に国宝館でお目にかかった金剛力士像です。鎌倉時代に作られ、国宝に指定されています。 現在興福寺には仁王門や南大門はなく、仁王門におられる仁王さんよりは小ぶりの像で元々お堂の中に居られたものと思われます。 写真は写せませんので購入した絵葉書からコピーしました。


(025)_____神呪寺(06.11.5撮影)
四天王 四天王
四天王四天王神呪寺の仁王門
兵庫県西宮市にある神呪寺、9世紀前半に開かれたと伝えられている古いお寺で、現在は甲山大師として人々の信仰を集めている。 ここにある多宝塔は03年10月に既に写真を撮影済みであるが、この度仁王さんを写真を写しに出かけました。 金網が張ってあり写真をうまく写すことが出来ませんでした。そしてここの仁王さんはこれまで見慣れた仁王さんではありませんでした。 金剛力士像ではなく、四天王ではないかと思われます。その後神呪寺さんにお聞きした所、やはり四天王の増長天と広目天でした。


(024)_____壺阪寺(06.7.20撮影)
吽形阿形壺阪寺の仁王門
壺阪寺と一般に呼ばれこの寺は正式には、壷阪山南法華寺といい、奈良県高市郡高取町にあり、西国観音霊場第六番札所である。 創建は大宝三年(703年)、弁基上人が開基であると言われている。清少納言の「枕草子」には「寺は壷阪、笠置、法輪」の一節がある。 既に平安時代から壷阪寺は霊験あらたかな寺として知られていた。 また浄瑠璃「壷坂霊験記」で有名で、眼病の効験で知られており、現在も眼病に悩む人たちのお参りが多い。


(023)_____多田寺(06.6.17撮影)
持国天 多聞天- - - -
持国天多聞天- - -
多田寺は福井県小浜市多田にある真言宗のお寺で、霊峰多太ケ岳とともに役の行者神変菩薩が開いた若狭修験の根本道場であったといわれ、 奈良時代に勝行上人が創建し、ここに薬師如来、日光、月光、四天王、十二神将等を安置した。孝謙天皇(在位749-758)の勅願によって眼病が治癒したことから、 山号および医王閣の勅額を賜わり寺運は栄えた。日本の三薬師の一つといわれる本尊薬師如来は、特に眼病には霊験が顕著で、目の薬師様として知られており、 多くの参拝者を集めている。


(022)_____光前寺(06.5.11撮影)
吽形阿形光前寺の仁王門
光前寺は長野県駒ヶ根市赤穂町にあります。平安時代に開山された天台宗別格本山の古刹。明治時代の廃仏毀釈で規模が縮小されたが、 現在も10余棟の塔頭が残っている。約6.7haの境内全域は「光前寺庭園」として国の名勝に指定されている。 4月のしだれ桜、6月のツツジや秋の紅葉が見事で、参道脇の石垣は珍しいヒカリゴケの自生地である。


(021)_____真楽寺(06.5.9撮影)
吽形阿形真楽寺の仁王門
長野県北佐久郡御代田町にある真楽寺は、587年、聖徳太子の父・用明天皇が、浅間山の噴火を鎮めるために建立したと伝えられる古刹。 広い境内には本堂や三重塔、厄除け観音堂、源頼朝公ゆかりの逆さ梅、樹齢千余年の神代杉、東洋一の地蔵尊、甲賀三郎伝説発祥の大沼の池などみどころも多い。


(020)_____貞祥寺(06.5.8撮影)
四天王四天王貞祥寺の山門
貞祥寺は長野県佐久市前山にあり、大永元年(1521)、前山城主伴野貞祥によって創建された、佐久平を代表する曹洞宗の名刹。 禅道場として海外にも知られている。 杉、松、イチョウの老木が鬱蒼と茂る境内には、300年前に再建された本堂をはじめ、総門や山門など七堂伽藍が立ち並ぶ。 県宝に指定されている三重塔は、小海町松原湖の神光寺から移築された江戸時代末期の建造物。境内には、島崎藤村の旧宅があることでも有名。


(019)_____叡福寺(06.3.23撮影)
吽形阿形、左手の金剛杵は失われている叡福寺の南大門
叡福寺は大阪府南河内郡太子町にあるお寺で、聖徳太子の御廟があります。太子信仰の聖地で、太子に係わる数々の仏像や資料が保管されています。 南大門は天正2年(1574年)の兵火で焼かれ、慶長年間に再建されましたが、現在のものは昭和33年に再建されました。金剛力士像が安置されています。


(018)_____千光寺(06.2.9撮影)
吽形阿形、左手に金剛杵を持っている千光寺の仁王門
千光寺は先山(448m)という淡路島のほぼ中央にある山の山頂にあり、延喜元年(901)の開基と伝えられている。 本尊は千手観音、淡路西国八十八ヶ所第一番の札所。兵庫県洲本市上内膳にあります。


(017)_____淡路蓮花寺(06.2.9撮影)
吽形阿形、左手に金剛杵を持っている淡路蓮花寺の仁王門
淡路蓮花寺は、淡路四国八十八ヶ所第74番霊場にも数えられ、鎌倉時代 末期、後宇多天皇が崩御された際、 その菩提を弔って行脚 していた僧侶が元弘2年(1332年)に建立しました。五百羅漢でも有名なお寺だそうです。 兵庫県洲本市安乎町にあります。


(016)_____蓮花寺(06.1.25撮影)
吽形阿形、左手に金剛杵を持っている蓮花寺の仁王門
伽耶院から北の方角にある播磨蓮花寺も伽耶院同様大化の頃に開かれたと言われている古刹です。 これまた同じように秀吉の三木城攻めの兵火などで消失した。播磨蓮花寺は兵庫県三木市口吉川町にあります。


(015)_____伽耶院の二天堂(06.1.25撮影)
持国天 多聞天
持国天多聞天
伽耶院の二天堂にある持国天、多聞天である。慶安年間の作と伝える。


(015)_____伽耶院(06.1.25撮影)
仁王門仁王さんの胴体部
伽耶院は兵庫県三木市志染町にあります。場所は山陽道、三木東ICから直ぐの所にあります。孝徳天皇の勅願寺として、 645年に法道仙人が開基したお寺で、大谿寺(だいけいじ)と称していた。 平安時代中期には数十の堂宇と百三十余の坊舎を持ち、隆盛を極めたが、秀吉の三木城攻めの兵火などで消失した。 江戸時代に現在の寺号に改められた。伽耶院には仁王門がありますがここにあるのは行基菩薩の作と伝える、仁王さんの胴体部だけです。 天正年間秀吉の三木城攻めの時に頭部と脚部が焼却したそうです。

(014)_____朝光寺(05.11.18撮影)
吽形阿形朝光寺の仁王門
朝光寺は兵庫県加東市に有ります。桃山時代の製作の多宝塔があり、訪れました。


(013)_____石龕寺(せきがんじ)(05.11.9撮影)
吽形阿形
丹波市山南町にある、聖徳太子開基伝説の残る真言宗の古刹石龕寺。ここの木造の金剛力士像は鎌倉時代に作られたもので国の重要文化財に指定されています。 鎌倉時代初期の作とは思えない保存状態で拝観できます。


(012)_____鶴林寺(05.3.30撮影)
吽形阿形、左手に金剛杵を持っている鶴林寺の仁王門
鶴林寺は加古川市にあります。聖徳太子にご縁のあるお寺として古くから人々の尊敬を集めていたそうです。


(011)_____福生寺(05.2.23撮影)
吽形阿形、左手に金剛杵を持っている福生寺の仁王門
福生寺は岡山県備前市にあります。重文の三重塔がありましたが、仁王さんはこれぞ仁王さんという、お姿でした。


(010)_____金山寺(かなやまじ)(05.2.22撮影)
No PictureNo Picture金山寺の山門
金山寺の仁王門はチャンと撮影したのですが、肝心の仁王さんがありません。抜けています。 仁王門の上の方に塔の先が見えます。金山寺は岡山県岡山市金山寺にあります。


(009)_____斑鳩寺(04.12.23撮影)
吽形阿形、左手に金剛杵を持っている
斑鳩寺は兵庫県揖保郡太子町鵤の里にあります。重文の三重塔を拝観に行ったときに凄い形相の仁王さんにお会いしました。
でも一見ユーモラスでもあります。


(008)_____明通寺(04.9.27撮影)
吽形阿形、左手に金剛杵を持っている明通寺の仁王門
明通寺は福井県小浜市にあります。鎌倉時代中期の本堂と三重塔(いずれも国宝)がある素晴らしいお寺です。


(007)_____神宮寺(04.9.27撮影)
吽形、右手を開いている阿形、左手の金剛杵は無くなっています神宮寺の仁王門
福井県小浜市にある神宮寺を訪問しました。神宮寺は和銅7年(714年)に「神願寺」として創建され、翌年には元明天皇の勅願寺となった。 本堂、仁王門、木造男神・女神坐像が国の重要文化財に指定されています。 ここは、例の東大寺の二月堂の「お水取り」と密接に関係のある行事「お水送り」が行われるところで、境内には阿伽井があります。 ここの山門に仁王さんが居られました。


(006)_____太山寺(04.9.8撮影)
No PictureNo Picture太山寺の山門
太山寺の仁王門はチャンと撮影したのですが、肝心の仁王さんは撮影していませんでした。 またチャンスがあれば撮りに行きたい。太山寺は神戸市西区伊川谷町にある。


(005)_____如意寺(04.9.8撮影)
吽形阿形特に阿形の足は哀れである如意寺の山門
如意寺の仁王さん、如意寺は神戸市西区櫨谷町にあるお寺で、645年(大化元年)、法道仙人によって開かれたとされる古刹。 平安時代後期の阿弥陀堂、南北朝時代の三重塔、室町時代の文殊堂などあり、いずれも重文に指定されている。 山門は寺院から遠く離れた場所に独立して存在し、鎌倉時代の作とされる塑像の仁王像2体(阿形・吽形)が安置されている。 塑像で、県の文化財である。山門にある仁王さんは風雨による劣化が酷い。 目玉も失われている。山門から遠くに三重塔が望める。


(004)_____西明寺(04.7.3撮影)
持国天? 増長天?
持国天?増長天?西明寺の仁王門
湖東三山(西明寺、金剛輪寺、百済寺)の名刹、滋賀県犬上郡甲良町にある西明寺は平安時代、承和3年(834年)に開創されたと伝えられる、 由緒あるお寺である。 国宝の鎌倉時代の三重塔を撮りに行った時に、二天門と二天を撮影したが、残念ながら二天はピンボケであった。 二天門は室町時代の建築で、重文に指定されている。 二天は持国天と増長天であるが、記録しなかったので不明である。またの機会に確認したい。


(003)_____当麻寺(04.5.26撮影)
吽形阿形当麻寺の東大門(仁王門)
当麻寺は、奈良県葛城市当麻にあり、白鳳時代から天平時代頃に創建されたのではないかと言われる古刹。金堂(重文)、講堂(重文)、 本堂(曼荼羅堂)(国宝)、東塔・西塔(国宝)などの伽藍があり、特に当時の三重塔が東西一対で現存しているのはここだけだそうです。 また、中将姫の蓮糸曼荼羅(当麻曼荼羅)の伝説で名高い。
当麻寺の三重塔は、 をクリック。


(002)_____石峯寺(03.10.20撮影)
ピンボケでした
吽形阿形、左手の金剛杵は失われている石峯寺の仁王門
石峯寺の仁王さんは吽形は残念ながらピンボケでまたの機会に撮影してきます。石峯寺は神戸市北区にあるお寺で、 651年に孝徳天皇が法道を開山、延命地蔵尊を本尊とする勅願所として建立した。いずれも室町時代に建立された薬師堂と三重塔があり、 国の重文に指定されている。仁王門にある仁王さんは風雨による劣化が酷く、目玉も失われている



(001)_____禅定寺(01.9.27撮影)
吽形、右手を開いている阿形、左手に金剛杵を持っている禅定寺の仁王門(工事中でした)
禅定寺は宇治田原にある古刹。
詳しくは、ここをクリックして下さい。


■ゲストブックにログイン
ゲストブックの表示
メール アイコン MAIL


TOPに戻る