刑法目次

第1編 国家的法益に対する罪1

 第1章 国家の存立に対する罪

  第1節 内乱に関する罪(77条−80条)

  第2節 外患に関する罪(81条−88条)

  第3節 国交に関する罪(92条−94条)

 第2章 国家の作用に対する罪1

  第1節 公務の執行を妨害する罪(95条−96条の6) H23改正対応済み

  第2節 逃走の罪(97条−102条)

  第3節 犯人蔵匿・証拠隠滅の罪(103条−105条の2) H20.2.3補訂(最判平19・11・13(証人威迫罪)追加)H22.11.12補正

第2編 社会的法益に対する罪1

 単 章 公共の平穏に対する罪

  第1節 騒乱の罪(106条・107条)

  第2節 放火・失火の罪(108条−118条) H20.4.27補訂(「公共の危険」(§110)について)

  第3節 出水・水利に関する罪(119条−123条)

  第4節 往来を妨害する罪(124条−129条)

第3編 個人的法益に対する罪1

 単 章 自由に対する罪1

  第1節 住居を侵す罪(130条・132条)

    H20.3.27補訂(最決平19・7・2追加)/H21.3.3補訂(最判平20・4・11追加)/H22.3.21補訂(最決平21・7・13,最判平21・11・30追加)

  第2節 秘密を侵す罪(133条−135条)

第4編 社会的法益に対する罪2

 第1章 公衆の健康に対する罪

  第1節 あへん煙に関する罪(136条−141条)

  第2節 飲料水に関する罪(142条−147条)

 第2章 公共の信用に対する罪

  第1節 通貨偽造の罪(148条−151条)

  第2節 文書偽造の罪(154条−161条の2) ※ これ以降は,もとになる原稿がない(それから作る)ので,更新のペースが遅くなります。

  第3節 有価証券偽造の罪(162条・163条)

  第4節 支払用カード電磁的記録に関する罪(163条の2−163条の5)

  第5節 印章偽造の罪(164条−168条)

  第6節 不正指令電磁的記録に関する罪(168条の2・168条の3)

第5編 国家的法益に対する罪2

 単 章 国家の作用に対する罪2

  第1節 偽証の罪(169条−171条)

  第2節 虚偽告訴の罪(172条・173条)

第6編 社会的法益に対する罪3

 単 章 風俗に対する罪1

  単 節 わいせつ・強制性交等・重婚の罪1(174条・175条) H23.12.31改訂(175条)

第7編 個人的法益に対する罪2

 単 章 自由に対する罪2

  単 節 わいせつ・強制性交等・重婚の罪2(176条−181条) H29改正(7月13日施行)対応済み

第8編 社会的法益に対する罪4

 単 章 風俗に対する罪2

  第1節 わいせつ・強制性交等・重婚の罪3(182条・184条)

  第2節 賭博・富くじに関する罪(185条−187条)

  第3節 礼拝所・墳墓に関する罪(188条−192条)

第9編 国家的法益に対する罪3

 単 章 国家の作用に対する罪3

  単 節 汚職の罪

   第1款 職権濫用の罪(193条−196条)

   第2款 賄賂の罪(197条−198条)

第10編 個人的法益に対する罪3

 第1章 生命・身体に対する罪

  第1節 殺人の罪(199条・201条−203条)

  第2節 傷害の罪(204条−208条の2)

  第3節 過失傷害の罪(209条−211条)

  第4節 堕胎の罪(212条−216条)

  第5節 遺棄の罪(217条−219条)

 第2章 自由に対する罪3

  第1節 逮捕・監禁の罪(220条・221条)

  第2節 脅迫の罪(222条・223条)

  第3節 略取・誘拐・人身売買の罪(224条−229条)

 第3章 名誉に対する罪(230条−232条)

 第4章 信用・業務に対する罪(233条−234条の2)

 第5章 財産に対する罪

  第1節 窃盗・強盗の罪(235条−245条)

  第2節 詐欺・恐喝の罪(246条−251条)

  第3節 横領の罪(252条−255条)

  第4節 盗品等に関する罪(256条−257条)

  第5節 毀棄・隠匿の罪(258条−264条)

                                                                              刑法目次

                                                                            Counter