各論目次

 第1章 自由に対する罪1

意 義

 自由に対する罪は,人の「自由」を侵害し,または,これを危険にすることを内容とする犯罪です。

種 類

 自由に対する罪として,以下のものが規定されています。

  ① 「住居」を侵す罪(12章)

  ② 「秘密」を侵す罪(13章)

  ③ 「性的自由」に対する罪(22章のうち176条~181条)

  ④ 「逮捕・監禁」の罪(31章)

  ⑤ 「脅迫」の罪(32章)

  ⑥ 「略取・誘拐」の罪(33章)

本章で勉強するもの

 ここでは,①「住居」を侵す罪(12章)と,②「秘密」を犯す罪(13章)を勉強しましょう。

 

                                                                      住居等侵入罪