第1章 国家の存立に対する罪                                                     各論目次

 刑法「第2編 罪」は,「国家の存立に 対する罪」として,以下のものを規定しています。

   ‘睛陲亡悗垢觝瓠複仮蓮

  ◆ヽ梓気亡悗垢觝瓠複馨蓮

   国交に関する罪(4章)

 これらは国家の存立自体をあやうくする犯罪です。そこで,刑法は「罪」(各則)の冒頭に位置づけているわけです。

  ※ 1章(皇室に対する罪)は削除されています(昭和22年)。

                                                                                            内乱に関する罪