各論目次

第1編 国家的法益に対する罪1

国家的法益とは

 「国家的法益」(国家法益)とは,刑法が保護しようとする利益の主体が,(個人や社会一般ではなく)国家自体であるとみられる法益をいいます。

国家的法益が保護される理由

 国家的法益は,国家の機構・作用が国民の総意に由来するものであり,個人も国政の保護を受けて幸福を追求できるという観点から保護されるものと考えられます(大谷)。

国家の「存立」と「作用」

 国家的法益に対する罪には,国家の「存立」に対する罪と,国家の「作用」に対する罪とがあります。

                                                                       国家の存立に対する罪