更  新  記  録
日本の陰謀(4) 1項 217B


HOME 1 2 3 4 5 6 7 8 9 掲示板 管理 English
211  日本のやくざ (1) 2010/04/03
212  日本のやくざ (2) 2010/04/10
213  ポーランド空軍Tuー154墜落事故 2010/04/16
214  ユナボマー連続爆弾犯人とカチンスキ大統領 2010/04/25
215  加藤隼戦闘隊とユナボマー連続爆弾犯人 2010/04/26
216  大本営ではなく徳川幕府 2010/05/22
217  李明博韓国大統領と大坂冬の陣 2010/05/30
217B  韓国フェリー「セウォル号」沈没事故 2014/4/27
 日本の陰謀 (217B) ⇒トップ ⇒索引 ⇒ページトップ
C
  2014/2/8  #277B

日本の陰謀 (217B)

韓国フェリー「セウォル号」沈没事故


「セウォル号」沈没事故は、鹿児島いじめの延長戦。

東京政府安倍政権は、相も変わらず「鹿児島いじめ」に精を出す。特に、2014年は桜島大噴火100周年記念日で、はるか以前から準備がなされている。今さら予定変更は出来ない。

「セウォル号」は鹿児島のフェリー「なみのうえ」

海運業に関わらず鹿児島のビジネスは壊滅的だ。まず、企業の帳簿がでたらめだ。これは、地元の人間なら誰しも漏れ聞く話を耳にする。

特に海運業はひどい。社員が「うちの会社は利益を出してはいけないんだ。社長からおこられる。何せ、政府から数億円の補助金が出なくなるからね。」などとうそぶく。しかし、ひとたびその現状を調査すると、赤字どころか、補助金どころか、膨大な資金が東京に収奪されていることがわかる。

例えば、「地方交付税」、「地方譲与税」だが、これらは逆転陰謀もいいところだ。桜島を噴火・破壊していじめる政府が、補助金を出すことなど絶対にあり得ない。形式上出ていても、マネーロンダリングでどうにでもなる。

このフェリー会社は「マルエーフェリー株式会社

この会社のシンボルマークは「」だ。これは「奄美大島」を意味すると言われるが、そうではないだろう。むしろ、この「」は、アメリカを意味すると考えられる。

「マルエーフェリー」と「奄美海運」はともに米大統領を記念

「マルエーフェリー」とその子会社「奄美海運」は、ともにその設立日がワシントン初代米大統領の誕生日と一致する。

フェリー「ありあけ」の転覆・座礁事故は、オバマ米大統領初来日の日だ

日本の船会社は国策を強く反映する。

例えば、「株式会社フェリーさんふらわあ」設立は史上初のサッカー公式国際試合5000周日記念日。そして、桜島フェリーの運航開始は蒙古襲来文永の役皇紀660周年記念日

「セウォル号」沈没事故

フェリーなみのうえ

フェリー波之上

フェリー「ありあけ」横転事故
画像は同社のファンネルマーク

サッポロ一番 カップスター

米原潜スレッシャー沈没事故

外国人を装って鹿児島を収奪する。

鹿児島の支配者はほとんどが外国人、中国人、韓国人、沖縄人、奄美群島人となっている。だが、歴史を検証すると、これらが天皇・徳川一族の偽装部隊であることがよくわかる。

鹿児島のような地方では、長年の収奪の歴史から、天皇・徳川の名前では事実上ビジネスは出来ない。実に巧妙な戦術を使うものだと感心する。

百貨店の山形屋もアメリカの企業

この百貨店も山形県の出身と言われるがデタラメだろう。会社設立の日は、米国の「スパイ活動法」制定の日だ。ネットで釈明を求めるが何の反応もないため、一方的ではあるが、公表することにした。

私は地元企業の健全な発展を期待しているのであり、これらの企業には何の個人的利害もない。

鹿児島の産業界には「慶応閥」と「早稲田閥」があると言われるが、実際は、これらは派閥ではなく、その一族が鹿児島を支配していると考えるべきだろう。だが、巧妙にも、絶対に祖先のことは明かさない。

サンヨー食品のカップスターは鹿児島いじめの極致

本当に腹黒い。だが、おかげで、桜島だけでなく霧島山まで奈良時代からいじめられていたことがよくわかった

原子力潜水艦

蛇足だが、船舶関係では、米国の原子力潜水艦まで日本のいじめに合っているようだ。世界初の原潜事故「原潜スレッシャー沈没事故」も、「原潜スコーピオン事故」もパロディに間違いないだろう。

現在、次々と日付の語呂合わせが判明しており、記事の推敲すいこうの余裕がありません。乱文で構成が幾分不規則ですがご容赦ください。

参照 霧島山(きりしまやま)噴火 鹿児島の裏切り者たち 西郷隆盛の真実

続く 内容には仮説を含んでいます。

 管 理 ⇒トップ ⇒索引 ⇒ページトップ
C
2008/2/1   ##
1. index 2. control 3. counter
web trackers
Google msn Yahoo Wikipedia