jr.jpg



生前にお墓を建てることを寿陵(じゅりょう)といいます。 寿陵=生前墓は、古くから「長寿」「子孫繁栄」「家内円満」の3つの果報を招くとされてきました。 中国では古来より、生前にお墓を建てることは長寿を授かる縁起の良いこととされ、古文書にも「寿蔵」や「寿堂」などと書かれています。

秦の始皇帝をはじめ、歴代の皇帝が寿陵を建てていたことが知られていますが、日本の古墳にも寿陵が見られます。聖徳太子や昭和天皇も寿陵を建てていたことが『日本書紀』や『徒然草』に記されています。東洋だけでなく、エジプトのピラミッドにも寿陵が見られます。

最近では後を継ぐ方に負担をかけないようにとの配慮から、寿陵が一般的になってきました。 生前に建墓することの大きなメリットとして、ご予算に応じたお好みのデザインで、納得のいくお墓をじっくり考えて建てられることが挙げられます。家族全員で相談しながらお墓を建てられる楽しみは、寿陵ならではといえるでしょう。

これからの墓地不足を考慮し、早めの墓所確保を考えて寿陵を建てる方も増えているようです。現在は墓地不足の心配はなさそうですが、これから団塊の世代がお墓を建てていったときに、やはり人気の高い墓地から早くなくなっていきます。希望する場所に希望するお墓を持てなくなるケースもあるでしょう。備えあれば憂いなし。早めに墓地を確保しておくことで、心にゆとりが生まれると思います。

また、現在は中国での加工コストが安く、中国工場で製品化された墓石はたいへんリーズナブルな価格になっています。今後は中国の物価の上昇、コストアップも充分に考えられますので、価格がお求めやすい時期にお墓を建てておくのも経済的には賢明だといえるでしょう。また、祭祀財産であるお墓は非課税となるため、相続税対策として生前にお墓を建てる方もいるようです。

寿陵のことを逆修墓と呼ぶこともあります。「逆修」(ぎゃくしゅ)とは仏教用語で、生前に自分のために位牌や墓石を用意し、法事を営んで冥福を祈ることをいいます。『地蔵本願教』では逆修の功徳は計り知れないとされていますが、生前に建てる寿陵はまさにこの逆修にあたります。