リニア中央新幹線南アルプスにおける諸問題
(簡易版)

リニア中央新幹線は、東京〜大阪を最短ルートで結ぶために南アルプスを貫く計画です。

南アルプスは3000m級の山々が南北に連なる山岳地帯なので、必然的にトンネルだらけのルートとなります。

「トンネルなら何も問題ないんじゃないの?」

と思われる方が多いのかもしれませんが、そう単純ではないのです。

南アルプスは山梨・静岡・長野3県にまたがる広大な山岳地域です。
これまでこの山岳地域を横切る人工的な構造物は、北部を東西に横切る南アルプススーパー林道ただ1本だけでした。広大な中南部を横切る人工的構造物はいっさいありません。

リニア中央新幹線は、その南アルプスのほぼ中央を東西に横切る計画です。

 

これが南アルプス付近における概略ルートです。赤い点線部分がトンネルになります。


図1 南アルプスとリニア路線の位置関係
(評価書に基づく 工事用道路トンネルの位置については変更の可能性あり)
  


路線の概略は…

山梨県富士川町最勝寺(標高280m)から丘陵地帯のトンネルに入る。
1本目のトンネルは長さ約800m。
三枝川で一瞬地上
(乗車時間にして約6秒)に出て、2番目のごく短いトンネルを通り、もう一度川を渡って3番目のトンネル(第三南巨摩隧道:長さ2520m)に入る。
ちなみに、1本目のトンネル坑口となる丘陵と盆地との境目がA級と判断される市之瀬断層であり、糸魚川-静岡構造線系の活動領域。


富士川町の高下集落付近で地上に出て、350mほど(約2.5秒)地上を走行した後、4番目のトンネル(第四南巨摩隧道)に入る。これは長さ約8627mと長大であり、大柳川の上流域をごく薄い土被りでくぐりぬけ、早川町新倉にいたる。

早川の橋梁は長さ400m程度(約2.5秒)であり、高さは約170mと、とてつもなく高くなる。
 
早川の橋梁を渡ると5番目のトンネルに入る。
これが南アルプス本体の赤石山脈を貫く長大トンネル(南アルプス隧道)である。
この長大トンネルは長さが約25000mあり、早川流域から上り勾配(推定00.3パーミリ)で大井川流域をくぐり抜け、荒川岳直下からは下り勾配(推定0.4パーミリ)となり、小河内沢の下をくぐり、長野県大鹿村日向休という地点で小渋川の谷底に出る。
転付峠付近での土被り1000m前後、大井川上流部で450m前後、悪沢岳北方から小河内岳付近までが1000〜1400mとなっている。1本のトンネルを掘るために7本の斜坑と並行する先進坑、残土運搬トンネル2本、合わせて10本の作業用トンネルが掘られる
 
小渋川の橋梁は長さ約250m、高さ70m程度である。

これを渡る(1〜2秒)と6番目のトンネル(伊那山地隧道)に入る。長さ15000mほどであり、途中で中央構造線を貫く。青木川、虻川といった川を、50m程度とごく薄い土被りでくぐりぬける。青木川を越えた付近から勾配は0.02パーミル程度になる。豊丘村・喬木村境の壬生沢川という川で地上に出る。500mほど地上を通り(約3.5秒)、7番目の短いトンネル(約200m)で河岸段丘を抜け、天竜川橋梁にいたる。
 
ちなみに最勝寺から天竜川の間、地上を走行するのは合わせて16〜17秒程度。


当初は中央本線に沿って迂回する案も検討されましたが、「速達性を重視したい」というJR東海の主張に整合させるために、「自然環境はルート選定材料にしない」という意味不明な理由をつけて、トンネルで貫くことになりました。


南アルプス横断 びっくり仰天内容
@南アルプス穴だらけ トンネル総延長は120q! 
先に述べたトンネルについて、一覧表にまとめてみました。列車の通るトンネルは合計52〜53qであり、これでも十分に長いのですが、実は作業用など関連トンネルのほうが長くて、少なくとも計約67
q。合わせて120qにもなります


表1 南アルプス市〜豊丘村におけるトンネル計画(評価書に基づく)  
種別 位置または名称  長さ 
本坑 (断面積108u)  最勝寺−畦沢のトンネル 

 ※800m

  畦のトンネル 

 ※50m

  第三南巨摩隧道 

 2,520m

第四南巨摩隧道 

8,627m 

  南アルプス隧道 

25,019m 

  伊那山地隧道 

15,300m 

  阿島付近のトンネル 

 ※200m

本坑 合計約 52,500m

先進坑 (55u)  南アルプス隧道に平行 

※25,000m

その他のトンネルにも設けられるかは不明 先進坑合計 少なくとも 25,000m

斜坑 (68u) 青崖東 

 1,800m

  青崖西 

 2,500m

  広河原 

 3,900m

  二軒小屋南 

 3,500m

  西俣

 3,100m

  釜沢東 

 2,000m

  釜沢北 

 400m

  上蔵

 900m

  青木

 700m

  坂下 

 1,300m

  戸中 

 1,000m

斜坑 合計約 21,100m

工事用道路トンネル(41u) A:大井川の西俣〜東俣 

 ※2,100m

  B:大井川の東俣〜扇沢源頭 

 ※3,000m

  C:大井川の西俣〜燕沢 

 ※4,500m

導水路トンネル (10〜20u?)  大井川の西俣直下〜椹島 

 ※12,000m

早川芦安連絡道路 (山梨県とJR東海の共同事業) 夜叉人峠付近 

※約3,700m 

その他の関連トンネル 合計約 20,000m

トンネル合計  

約 119,000m

※は評価書など各種資料から推定
その他のトンネルおよび名称は事業認可申請書類より
2015年11月30日、JR東海は工事用道路トンネルについて、AとBの2本を中止してCの1本に変更する計画を発表。
各トンネルの位置についてはこちらを参照 



A残土発生量がとんでもない量
環境影響評価書に記載された発生土量をまとめました。

表2 南アルプス市〜豊丘村における発生土量 
  搬出場所  発生土量(万立方ートル) 
南アルプス市  各所 

小計 160,000

富士川町  小林地区 

 51,000

  最勝寺地区 

 642,000

  高下地区 

 1,819,000

   

富士川町 小計 2,512,000

早川町  青崖東の斜坑

 940,000

  青崖西の斜坑 

 840,000

  広j河原の斜坑 

 1,480,000

  切土

3

 

 

早川町 小計 3,290,000

静岡市  2斜坑・工事用道路トンネル・導水路

静岡市 小計 3,600,000 

大鹿村  釜沢東・釜沢西 

 1,600,000

  上蔵 

750,000 

  青木 

650,000 

  切土 

5

 

大鹿村 小計 3,050,000

豊丘村  坂下地区

1,000,000

  戸中地区 

55,000

  源道寺地区 

700,000

   

豊丘村 小計  2,340,000

JR東海の直接事業による発生土量合計  

約15,000,000 

早川芦安連絡道路(山梨県とJR東海の共同事業)

推定400,000〜500,000

早川芦安連絡道路を除き、数字は評価書記載事項に基づく。静岡市内の発生土量については評価書作成時では360万立方メートルであるが、その後、計画が二転三転しており、数字が変更する可能性がある。(2015年11月末時点)


表2のとおり、南アルプスを横断する南アルプス市、富士川町、早川町、静岡市、大鹿村、豊丘村において、合わせて1500万立方メートルもの発生土が生じます。東京ドーム一杯で126万立方メートルですから、実に12杯分です。ちなみに、ユネスコエコパーク登録地域内へは1050万立方メートル前後となります。


B大井川沿いの河原と森をつぶし、長さ1q、高さ50mにわたる巨大盛土を造成。

美しい渓谷を潰すという計画であるにもかかわらず、この残土処分場建設に対する環境アセスメントはマトモに行っていません。山崩れの直下であり、土砂の流動に与える影響も不透明。河川法の観点からも問題。


燕沢付近の大井川(2014年10月 南アルプスを訪問された方よりご提供頂きました)
写真右側の森林をつぶし、最大高さ50m、長さ1000mにわたって発生土で埋め立てる計画。

C長野県大鹿村内での大型車両通行台数は、1日1700台以上
作業が1日8時間なら17秒に1台の割合。村のメインストリートはダンプカーが占拠することになります。間違いなく生活に支障が出るものの、JR東海としては「騒音は基準を下回りますので問題ありません」という姿勢。

 
D南アルプス複数の河川で流量が大幅減少するという予想
こちらは準備書の縦断面図に、いろいろと記入したものです。静岡県の大井川はじめ、早川町の内河内川、大鹿村の小河内川、豊丘村の虻川といった河川の下方をくぐりぬけるため、河川水の漏出が懸念されます。アセスにおける試算では、大井川本流で毎秒2トンの減少(約3割減)、小河内川で毎秒0.51トンの減少(約5割減)、内河内川で毎秒0.27トン減少(約6割減)との予測。
 特に大井川流域では生活用水にも大きな影響を及ぼすおそれがあり、強い懸念が出されています。予想をしているだけマシで、富士川町の大柳川大鹿村の青木川、豊丘村の虻川等は、予測対象にもなっていません。


図2 南アルプスのトンネル縦断面
着色部分は、地表からの深さ300m未満。水枯れを引き起こしやすくなる深さ。
緑…300〜200m黄…200〜100m橙…100m未満

 
E早川橋梁は前例のない規模  
とても険しい早川の峡谷に架けられる橋は、長さ350m、高さ170m程度とみられる。きわめて急峻なV字谷なので、おそらく山腹内をえぐって地下に作業用地が設けられるのでしょう。

 
F鉄道建設の環境アセスメントで、ふつうこんな植物名が出てくる?
ゴゼンタチバナ、タカネフタバラン、クルマユリ、ツバメオモト、オサバグサ、メタカラコウ、マルバダケブキ、ヤマイワカガミ、ハリギリ、トモエシオガマ、イワオウギ、ナナカマド、ミネザクラ、ダイモンジソウ、オサバグサ、ルイヨウショウマ、ダケカンバ、オオシラビソ、コメツガ…
名前を聞いて姿をイメージできた方は植物通あるいはベテラン登山家。いずれも相当な山奥に行かねば見ることのできない植物ですが、こういう植物相の場所で工事を計画しているわけです。ちなみに静岡県内の現地調査において見つかった植物756のうち、ざっと見て2〜3割は亜高山帯の植物種。


Gユネスコエコパーク制度との整合性がとれていないし、とろうともしていない。
 
 南アルプスは2014年6月に、ユネスコエコパークとして登録されました。ユネスコエコパークは厳正な環境保全の要求される核心地域、それを守るための緩衝地域、持続可能な自然資源の利活用の許される移行地域とで構成されています。JR東海は、工事は全て開発の許される移行地域で行われるから問題はないという認識を示していますが、それは移行地域の概念を曲解したものではないでしょうか?
 そして、ユネスコエコパークの環境保全は国際的な責務を負うのですが…。⇒詳細はこちら。 


図3 南アルプスユネスコエコパークとリニア中央新幹線との位置関係


H環境影響評価がきわめていい加減 
知事意見を無視している、論理破綻、矛盾、調査不十分…枚挙にいとまがありません。
⇒静岡県編評価書における問題事項 簡易版 詳細版 


I行政が環境影響評価の簡略化を手助け?

リニア建設にともなう発生土については、JR東海がその取扱いについて、環境影響評価を行わなければなりません。ところが山梨県早川町においては、発生土を県が大半を出資する道路建設事業での建設資材に位置付け、県が使うことから環境影響評価の対象から外れてしまいました。この道路建設事業はJR東海も出資するとともに、南アルプスの山中で大規模な工事をおこなうことから、このような進め方には問題があります。⇒詳細(2014/11/9ブログ記事)  

 
 
 


戻ります