ー村章・村旗・村民憲章ー

★村章
 滝田、国府、稲都の三村が合併して新自治体「三芳村」が誕生したのは昭和28年(1953)5月であった。それから20年間、村のシンボ ルマークである村章はなかった。
 村の誕生20周年を迎えた昭和48年(1973)安藤不二夫村長は、村章を作りたいと考え、村民に一人3点までとして村章を公募した。
 数多くの応募作品の中から、選考審査委員による審査の結果、池之内の福原和夫氏のデザインした村章マークが最優秀作に選ばれ、決定 ・採用された。
 ミヨシのカタカナを幾何学模様にデザイン化して、平和・親睦・円満な村の躍進を願い象徴化し、表現したものである。

★村旗
 「村章」が決まると同時に村旗を製作することとなり、村は村章作成者の福原和夫氏にその製作を依頼した。
 氏は、三芳村の自然を特色にした「清く澄み切った青空(青)」・「美しい緑の野山(緑)」・「豊かな知性と福祉(白)」の三色を配して村 旗をデザインした。それが採用され、昭和48年(1973)9月1日制定となった。

★村民憲章
 昭和28年(1953)に合併して三芳村が誕生。この20周年にあたる同48年(1973)九月に村民憲章を制定。村の将来像として、村民一人 一人の行動目標を三つの憲章にまとめたものとなっている。制定にあたっては、親しみやすく、読みやすく、分かり易くということに特に 配慮したものである。
  一、健康なからだで 力いっぱい働き
    豊かな力をつくりましょう
  一、だれにも親切で にこにこ声をかけあう
    明るい未来をつくりましょう
  一、自然を愛し 花いっぱいの
    美しい村をつくりましょう
 なお、20周年記念では、このほか「村の木」にツバキを指定、記念誌「20年のあゆみ」発刊などが行われた。

トップ