歴史・観光ガイド班 まほろば  へようこそ


     
                 
  茨木市シルバー人材センター   パソコン教室 マウス へ   まほろば   活動を閉じる  
                 
        まほろば 足跡  
                 
                 
 
     
     
  歴史・観光ガイド班まほろば  
     
    この歴史・観光ガイドは、(公社)茨木市シルバー人材センターの独自事業として「大阪を中心とした近畿各地をハイキングを楽しみながら史跡を巡る」事業を企画し、広く参加者を募集し実施するものです。
 当企画は、歴史に興味のある方やこれから持とうとする方々と一緒に、近畿各地を歩き、歴史にあまり関心のない方でも、ハイキングを楽しみながら、歴史に興味を持っていただければと、シルバー世代でも参加できるコースを企画・選定し、「日帰りで楽しみながら古代から現在へと歴史の足跡を訪ねていただき、そして健康で明るい生活の一助に繋げていただければ」との思いを持って実施するものです。

 
     
   「まほろば」とは  
     
    『古事記』中巻 第12代景行天皇の子供、倭建(やまとたける)が能煩野(のぼの)に到りますときに歌った。  
   《 倭は 国のまほろば たたなづく 青垣 山隠れる 倭し美し 》
 この歌は思国歌(くにしのびのうた)という。歌の意味は「大和はひいでた国だ。重なり合っている青い垣、山に囲まれてる大和は美しいなあ」
 この歌の「まほろば」とは広辞苑ではつぎのように記してあります。
 「まほろば」は「まほら」に同じ。「ま・ほ・ら」は(マホ(真秀)に、漠然と場所を示す意の接尾語ラのついたもの)すぐれたよい所・国。 まほらま・まほらば・まほろば、とあります。
 
   
     
〒567-0861  
 茨木市東奈良1丁目4番1号
   (公社)茨木市シルバー人材センター  歴史観光ガイド班まほろば 
   
       Tel:072-634-8990
         Fax:072-634-9449

  問い合わせ時間:午前9:00〜午後5:00(
土・日・祝は休み