人を動かす 新装版



人を動かす 新装版

分類:
発送可能時期:アクセスしてご確認下さい
参考価格:¥ 1,575 (消費税込)



あらゆる自己啓発本の原点とも言うべき本書は、1937年に初版が発行されると瞬く間にベストセラーとなり、累計で1,500万部を売り上げた。『How to Win Friends and Influence People』は初版の発売当時と同じように今日でも十分通用する内容となっているが、その理由は、著者のデール・カーネギーが決して変わり得ない人間の本質を理解していたからに他ならない。著者の信ずるところによれば、経済的成功の15パーセントは専門的知識から生み出されるが、残りの85パーセントは「考えを表現する能力、リーダーシップをとる能力、そして人々の熱意を引き出す能力」によるものとなる。人と接する際の基本的な原則を基に、自分が重要視され、評価されていると相手に感じさせるようなスキルを教示する。また、操られていると相手に感じさせないようにしながらつき合う基本的な手法にも重点を置いている。カーネギーは、誰かに自分が望むことをさせるには、状況を一度自分以外の視点に立って観察し、「他人の中に強い欲望を喚起させる」ことで可能になると述べる。更に本書を通じて、相手に好かれる方法、自分の考え方に相手を引き込む方法、相手の感情を害することなく、あるいは恨みを買うことなくその人の考え方を変える方法を学ぶことができる。例えば、「他人にその考えが自分のものだと感じさせる」方法、そして「まず自分の失敗について語ってから他人を批判する」方法などである。また、歴史上の人物、産業界のリーダー、そして市井の人々の逸話を交えながら、著者の論点が分かりやすく解説されている。(Joan Price, Amazon.com)


古さを感じさせない
精神に訴えかける内容が古さを感じさせない。人を動かす極意が本書に凝縮されている。人を使う立場にある人は、本書を何度も繰り替えし読むことをお薦めしたい。また、友人知人との人間関係に苦労している人も、いくつもの気づきが得られると思います。

いい本
悔しいけどいい本。
おもしろい。わかりやすい。よみやすい。実例豊富。人間くさい。本質を突いている。
さすが古典です。

唯一「そりゃあ違うだろ」ってのは邦題。
邦題は「人を動かす」。なんとも傲慢なタイトル。
原典に即するなら「友達を作り、人々に影響を与えるための方法論」。
これなら全然傲慢じゃないし、普通。

「友達を作り、人々に影響を与えるための方法論」
・・・うーん、でも、普通だけど、日本ではこれじゃあ売れないかも。

悔しいけど「人を動かす」。やっぱり最高です。
タイトルをつけた日本の編集者のセンスに脱帽です。

中身もいいし、タイトルもくすぐる。
タイトルが傲慢でも、中身がしっかりしてるから、「動かすって、そういう意味ね」って読めば納得。

読んだことない人、一読して損はないです。
人と関係する、すべての人にお勧めな本です。

ビジネス書の古典中の古典
あとがきによれば、原書の初版は1936年、日本語版の第1版は1958年というビジネス書の超ロングセラー。
こういう古いビジネス書は、なんだか抹香臭くて大嫌いだった。特にアメリカのキリスト教の信仰をもとにした人生訓のような説教じみたビジネス書は、端から読もうとしなかった自分。
しかし、思うことあって読んでみたが、現代でも十分通用する内容。というか、現代のビジネス書も結局は、この本の焼き直しでしかない。
現在のビジネス書ブームで雨後の筍のように出版される数多の本を読むより、この本を繰り返し、読み、胸に刻む方がよっぽどためになる。

とにかく、人を動かすのが苦手な自分は、この本に出てくる人を動かす秘訣の全く正反対のことをしていた。思い当たることばかりだった。
古くても良いものは良いという証拠のような本だ。


ゴールデンルール
本書の中で、印象に残った箇所を挙げるとするならば、それは

「では君に、そのわけを説明しよう」という前置きは禁物で、
それは「私は君より頭がいい。よく言い聞かせて君の考えを
変えてやろう」と言っているようなものだ。

というところでした。
自身を振り返ると、このような感じで話すことが多いです。
でも、逆の立場で考えると、確かにそうですよね。気分良くないです。

反省と同時に勉強になりました。ありがとう。

最初に読むべき必読書
 この本を初めて手にしたのは、
数十年前ですが、実り豊かな人間関係を
育てる、自分の心を豊かにするための大切なことは全部書いてあるようです。
 この本を読んで、記憶して、実践を心がければ、
他はそんなにたくさん本はいらないようです。
 
 相手に関心を持つ(名前を覚える)、
相手の言うことをしっかり聞き受け止める(自分ばかりしゃべらない)、
笑顔を忘れない(人は明るい人が好き)、
心からほめる(短所は長所)、命令しない、相手に期待する
などなど……付録として「幸福な家庭をつくる7原則」まで
ついています。(口やかましくいわない、あら探しをしないでまずほめる、
長所を認めるなどなど)

 要点を羅列すると味気ないですが、
例話や失敗談なども含め、どこから読み始めても引き込まれます。

 人は自分が愛されていると感じる場所や人に
行きたく感じるようです。また、自分の話を共感的に聴こうと
してくれる人に引きつけられるようです。
 どんなに専門知識や情熱(真面目さ)があっても、
本書にあることをもし知らないなら、相手にストレスを与え、
嫌われてしまい、人間関係で失敗してしまい、どんな分野にせよ、
家庭内でも、うまくいかないと思います。

 以前のソフトカバー本はふにゃふにゃになってしまいましたが、
この新装版はしっかりした作りでその点は安心で、
特に、これから社会に出ようとする人、結婚しようと
する人、またどなたにもおすすめします。
 もし一部でも日常で実践するならば、数万円のセミナーに出席したと同様の効果、
値段の何倍もの内容だと思います。




心地いいグリーンのインテリア―Home ideas (別冊家庭画報―家庭画報特選)

努力ゼロでやせる!「脳活性ダイエットCD」

ヨガ呼吸でダイエット―10歳若返る2週間プログラム (別冊家庭画報)

1日1分! 骨盤ゴロ寝ダイエット

心ほぐしの学級ミニゲーム集 (教育技術MOOK)

人を動かす 新装版

心とからだのふれあい マッサージ・バイブル

グラム式ダイエット

不動産有効利用のための都市開発の法律実務

一目瞭然!数値で発掘 収益不動産―Web版和合実のトレジャー発見 不動産投資計画書

最新ブログ 更新情報 ブログ2