絵の題材

絵の題材モチーフは、日々の暮らし・旅で出会った風景、出来事が元となっています。
旅も暮らしの一部ですから そんな意味あいから 私の描く絵は、私のフォークソングなのかもしれません。
いくつか、元になった風景を紹介させてもらいます。

もへじ画「ひまわりの先生」の元になった風景たち

もへじ画「月も散歩する森」の元になった風景

春分の頃フキノトウが出はじめる頃、千曲川が造った河岸段丘斜面下の道は、春遠く冬枯れの森影の道でありました。
それでも光の春を感じる朝の散歩の中で出会った早朝の月であります。

川遊びの風景がヒントとなりました、もへじ画「ドロの手袋ドロのくつ下」

浅間山系を題材にした、もへじ画「蒸気機関車あさま」

四国 宇和海の日の出(写真) 日に出間近の海の風景を「太陽大王の反物」として絵にする

次のページへ


ブログの風景

フ゛ロク゛『千曲川原スケッチ』の関連画像を(20記事につき5つぐらい:1.5-2ヵ月おきに)更新UPしてみます
それぞれの画像の上クリックで、それぞれの日付のブログにとびます。











トップページへ

次のページへ

ブログへ