戻る
Masatoshi Ito's Home Page
E-Mail : ito65@mail.goo.ne.jp

自作ソフトなど

自作ソフト(フリーソフト)などを公開しています。

最近は他の方が作成されたソフトを、自分なりに改造する方が多いです。 (一から作成するのが大変ということもありますしが、自分が使いやすいようにしたいとか興味本位とかがメインです)

本来であれば各作者様に連絡を取るのが望ましいのでしょうが、 この場を借りて私が改造している各ソフトを改造ができる形で公開してくださったことに御礼申し上げます。


更新履歴

2012/01/31 : いくつか記述を修正
2011/05/28 : 「zten改 Ver 1.9.24.MITO.20110528」公開
2010/11/24 : 自分用AndroidアプリのソースをGoogle Codeで公開
2010/06/19 : 「Qtopia左利き対応フックライブラリ Ver 20100619」公開
2010/06/18 : リンクや文章を少し修正(修正ミスでリンク切れがあれば連絡ください)
2010/06/18 : 「embeddedkonsole-ja(/tmp対応)Ver 1.6.0-20100615」公開
2010/06/16 : zaurusソフトのfeedのアドレス公開
2010/06/07 : 「qpobox 0.5.4 QPE落ちるの対応版」公開
2010/06/07 : 「pbserver Ver 1.25-7-MITO-20100607」公開
2010/05/23 : 「TaskExtend Ver 1.12b1.MIto.20100523」公開
2010/05/16 : 「wikipedia-fpw テーブルとりあえず表示対応」公開
2010/04/29 : いくつか画面イメージを貼り付けました
2010/03/24 : 「HotKeysList Ver 0.1.20100324」公開
2010/03/20 : 「Smooth Start Up Ver 1.0.8」公開
2010/02/07 : 「weather Ver 0.3.1-0.3.1.MITO.20100203」公開
2009/10/17 : 「Task Calendar Beta 6」公開

自作ソフト

Smooth Start Up( Windows XP 用) -
SmoothStartUp-1-Thum.jpg(16476 byte)

CPU 負荷を監視して登録したプログラムを順番に起動するソフトです。 スタートアップを効率よく行えると思います。 Windows XP SP3 のみ動作確認をしていますが、 おそらく XP/XP SP1-SP2/Windows 2000 でも動作すると思います。

同じようなソフトは他にもありますが 作成を開始した当時は Windows 2000 用に この様なソフトがなかったため作成しました。 ちなみに作成当時に目標としていたソフトは、 すでに公開停止となってしまっていました。

SmartStart : LostTechnology Software(http://www.losttechnology.jp/Software/)

そのため物自体はかなり前からできていたのですが 使い勝手が自分さえよければというレベルでしたので公開しないでいました。

一応今回、それなりのものができたと思いますので、正式版として公開したいと思います。

一度、順次起動時のGUIに凝ったこともあったのですが、最終的にやめてから公開していました。 でも、なんとなくあった方がいいかなと思い、他を修正するついでに復活(直して)みました。

Ver 1.0.8 ダウンロード ReadMe
Task Calendar( Windows XP 用) -
TaskCalendar-1.jpg(15052 byte)

友人に頼まれて作り始めた、タスクトレイに常駐してカレンダーを表示するソフトです。 Windows XP のみ動作確認をしていますが、おそらく他の Windows でも動作すると思います。

更新が途絶えてしまっている状態ですが、埋没させてしまうのも惜しいのでとりあえず公開します。 本当はもう少しソースとかマニュアルとか整理してから公開しようと思ったのですが、時間がかかりそうですので…。

カレンダー以外の機能として、マスコット(?)表示機能があります。 適当な画像ファイルを同じフォルダに入れておくとカレンダーとともに表示されます。 ただ輪郭抽出処理は適当です。Susie plug-in にも対応しています。

適当な説明で申し訳ありませんが、興味があったら使ってみてください。

(2009/10/17) 休止状態で日付を超えるとタスクトレイの表示を更新しないことがあるのを修正してみました。

Beta 6 ダウンロード
Tree List( Java 用) -
TreeList-1-Thum.jpg(11347 byte)

ディレクトリをツリー表示するプログラムを Java で作成しました。 JRE1.5.0_04 で動作確認しています。 JRE1.4/1.3 でも動くと思います…が分かりません。 (特に JRE1.3)

コマンドラインと GUI で使用できます。 ただし、コマンドラインで使用するには、説明がないため難しいかも知れません。 とりあえずの公開ですので、ご了承願います。 試しに以下のように打ってみてください。

Beta ダウンロード
DiffExcel( Excel マクロ) -

Excelファイルを比較して差分(diff)を表示するマクロです。 ある程度、機能がまとまったと思いますので、正式版としたいと思います。 ただ、ファイル選択のインターフェースやヘルプは今のところありません。(^_^; あと、名称が他のものと被ってそうなので、一応変えてみました。

ExDiff : Kazuasa's HomePage(http://www3.plala.or.jp/kazuasa/)

というソフトを使用させていただいていたのですが、 大きいサイズ(大きな表?)の比較ができないようでしたので、必要に迫られて作成しました。 動作確認は、Excel2002で行っています。 ただ、 Googleで検索(Excel 比較 マクロ)したところ、もっと便利なマクロはありそうです。

使い方は、「メインシート」の各セルにて比較するファイルとセルと違いを表す色(塗り潰しと文字色)を指定しておきます。 その後、「比較開始」ボタンを押すと処理を開始して違いがあれば、該当箇所のセルの色を変えます。 また、「ログシート」に違いの内容を記述します。

比較内容は、最初に比較するExcelファイルのシートの整合性(有無)を確認します。 シートの整合性は、シート名で比較しています。 その後に、Excelファイルの両方にあったシート内の各セルを比較します。 よって、Excelファイル間でシート名が違うと比較ができません。 また、比較する内容は値のみです。数式など他の情報は比較しません。

また、保護等がかかっていると、うまく動作しないかもしれません。

最後に、マクロは自由に改造していただいて構いません。

Ver 1.00 ダウンロード
HotKeysList( Windows XP 用) -
HotKeysList-1-Thum.jpg(7564 byte) HotKeysList-2-Thum.jpg(8755 byte)

Windowsに登録されている(使用している)ホットキーを列挙して一覧にするソフトです。 Windows XP 用と書きましたが、多分他のバージョンでも動くとは思います。

いろんなソフトを使っていて、登録されたホットキーがなんなのか、空いているホットキーがなんなのか、 調べたいと思いネットを検索したのですが、見つからなかったので適当に作成してみました。 (ショートカットファイルに登録されているショートカットキーを列挙するソフトならありましたが…。)

ホットキーを使用しているかどうかの判定は、RegisterHotKey() 関数が成功するかどうかで判定を行い、 グローバルフックを使い、WM_HOTKEY を乗っ取って EXE 名を取得するようにしています。 よって、少し以前のバージョンより実行の危険度が増しているかもしれません…。 何か問題があっても、自己責任ということで、お願いします。m(__)m

使い方は、EXEファイルを起動して、「列挙開始」ボタンを押すだけです。 「結果コピー」を押すと、結果をクリップボードにコピーします。

Ver 0.1.20100324 ダウンロード
yuubin-fpw( Perl が動く環境用 - Ubuntu 上のみ動作確認) -

wikipedia-fpw の郵便番号版です。 詳細は、また今度書くかもしれません。 使うときは、自己責任で wikipedia-fpw 等を参考にして使用してください。m(_ _)m

以前から郵政グループの郵便番号の CSV ファイルを使用して EPWING の辞書を作っていたのですが、 検索で指定できる語句が限られているため、 FreePWING を使用して自分でツールを作成しました。

展開した yuubin-fpw-*/ の直下に大文字で、KEN_ALL.CSV を置いて、以下のコマンドを実行してください。 Perl や FreePWING がインストールされている必要があります。

yuubin-fpw-*/% fpwmake
yuubin-fpw-*/% fpwmake catalogs
yuubin-fpw-*/% fpwmake package

あと、HONMON ファイルは 100MB ぐらいになるので、ebzip 等で圧縮することをおすすめします。 level 5 で圧縮すると 25MB ぐらいになります。 郵便番号で、このサイズは大きすぎるかもしれませんが…。

住所の仮名が上付文字だったのを下付き文字に修正しました。(2009/05/26)

Ver 20090526 ダウンロード

改造版ソフト

TrayExpand( M.Ito version / たぶん Windows XP or Windows 2000 用) -

(全略) さんが作成された TrayExpand v1.12b1 を少し改造して Cygwin の gcc でコンパイルしたものです。 本家は、以下のサイトで公開されています。(ソースのみのバージョンがほとんどです)

TrayExpand v1.12b1 TrayExpand - タスクバー拡張ツール(http://zenu.xrea.jp/TrayExpand.xhtml)

主な改造内容は、 TrayExpand のトレイアイコンが一番右に来るようにしたことです。 とりあえず、興味範囲で改造とかしたので、未知のバグがあるかもしれません。

また、下記サイトの別バージョン等も参考にさせていただきました。

TrayExpand v1.12b1.20081013 by 冷やし中華: TrayExpand 更新 - やや温め納豆(http://d.hatena.ne.jp/egggarden/20081004/1223122005) (どうやらサイトを終了されたようです)

TrayExpand v1.12beta3 by Murachue: Murachue's Database(http://murachue.ddo.jp/web/)

yawex-snapshot20051212: yawex - yet another win32 extension(http://murachue.ddo.jp/web/)

※Unicode版以前のバージョンから更新する場合には、 ルールファイルの文字コードがShiftJISからUnicodeに変わりますので注意してください。

Ver 1.12b1.MIto.20100523 ダウンロード
Doxygenで作成したドキュメント(約10M) ダウンロード
zten改( M.Ito version / Zaurus SL-C3100 用 - 他の SL-C* シリーズでも動くかも) -

Nemo さんが改造された zten改の Version 1.9.24 のソースを Ubuntu 上で Zaurus 用にコンパイルしたものです。 (なぜ最新版の Version 1.9.31 ではないかというと、ソースをダウンロードした時に見落としていたからです…。)

zten改 - Zaurus 辞書整備計画(http://ebsnap.lkj.jp/zaurus/memo/hiki.cgi?zten%B2%FE)

HONMON ファイルの圧縮前のサイズが 2GB を超えている場合に対応しました。 これで、最近の日本語の Wikipedia も EPWING に変換して閲覧できるようになります。 また、EB Library を拡張しているようですが、最新の EB Library ではうまく動作しないため、機能を削除しました。 その他、私の環境で Zaurus 用にコンパイルできるようにするため、色々ソースを触っています。 もしかしたら、予期せぬバグが含まれているかもしれません。 また、ヘルプやアイコン等は、旧バージョンから拝借しました。

上記の他にも、個人的な独断と偏見で、いくつか改造を行っています。 主なものを記載しておきます。 好みが分かれる部分もあると思いますが、ご了承ください。

モバイル機器や Linux の方針に逆らっているかもしれませんが、EB Library と zlib は静的リンクしていますので、導入する必要がありません。 kakasi は、SL-C3100 に元々インストールされているものを使用しています。 (確かめましたらソフトウェアの追加と削除に kakasi がありました。 もしかしたら、SL-C3100 でもインストールが必要かもしれません。) その他の Zaurus では、別途インストールする必要があるかもしれません。

開発環境や各ライブラリが GPL 等に従っていますので、私の環境でコンパイルしたときの開発環境(ソース含む)を ダウンロードできるようにしておきます。また、再配布等は、GPL に従うものとさせていただきます。

Ver 1.9.24.MITO.20110528 ダウンロード
ソース類 ダウンロード
weather( 差分ファイルです ) -

Zaurus で天気予報を取得できる weather というソフトです。

Linuxザウルス/天気予報 - Walrus, Visit.(http://digit.que.ne.jp/visit/index.cgi?Linux%A5%B6%A5%A6%A5%EB%A5%B9%2F%C5%B7%B5%A4%CD%BD%CA%F3#i0)

取得元のサイトが無くなってしまったために、その対応をしてみました。 2010/2/3あたりに、フォーマットが変更されたようですので、再度修正してみました。 patch ファイルとして公開しますので、Linux 上などで以下のコマンドを使って weather に patch をあててください。 (適当ですみません…)

# patch < weather.0.3.1-0.3.1.MITO.20100203.patch

パッチの基は、上記サイトで公開されている ipk ファイル上のバージョンが 0.3.2-1 の物に当ててます。 日付が 2004/05/18 の物です。 私のバージョンを 0.3.1 と記載していますが、ソース上のを使用しました。 (ただ単に、あとから気づいただけです(^_^;)

またパッチ当ては、Zaurus 上の環境ではなく、他の環境(Linux や Cygwin など)で行った方がいいかもしれません。 私の Zaurus では patch コマンド(BusyBox 1.00)で失敗してしまいました。 一応、Cygwin 環境の下記 patch コマンドでは成功することを確認しました。

$ patch -v
patch 2.5.8
Copyright (C) 1988 Larry Wall
Copyright (C) 2002 Free Software Foundation, Inc.

This program comes with NO WARRANTY, to the extent permitted by law.
You may redistribute copies of this program
under the terms of the GNU General Public License.
For more information about these matters, see the file named COPYING.

written by Larry Wall and Paul Eggert
Ver 0.3.1-0.3.1.MITO.20100203 ダウンロード
pbserver( M.Ito version ) -

Zaurus で使用できる IME の QPOBox が使用している POBox サーバです。 また上記ソフトだけに懲りず、改造してみました。 pbserver の 1.25-7 を元に改造しました。

Takahiro's inside out - QPOBox(http://takahr.dhis.portside.net/cgi-bin/rwiki.cgi?cmd=view;name=QPOBox) (2009/07/25現在、閲覧できません。サーバが落ちている?)

Index of /zaurus-ja/pbserver - zaurus-ja - SourceForge.JP(http://sourceforge.jp/cvs/view/zaurus-ja/pbserver/)

POBox for Emacs(http://pitecan.com/OpenPOBox/Emacs/index.html)

改造内容した内容は以下の通りです。

zten改と同様、独断と偏見で私の好みに合うように修正してみましたので、その点はご了承ください。

公開ファイルの中身は以下の通りです。

・Changes-MITO
インストール方法や変更した内容(上記内容)等を書いたファイルです。
・poboxserver_1.25-7-*_arm.ipk
ipkファイルです。leandic, staticdic は含んでいません。別途用意してください。
・その他
ソース類です。コメントはソースに移動して doxygen でドキュメントを作成しました。
Ver 1.25-7-MITO-20100607 ダウンロード
ソース類 ダウンロード
qpobox 0.5.4 QPE落ちるの対応版( 実行プログラムとソース等です ) -

pobox serverが起動していないとQPEごと落ちてしまうことがあるため、 pobox serverが起動していなくてもとりあえず落ちないようにしてみました。 実際は、タイムアウト以降に固まらないようにしただけですので、タイムアウトするまでに無茶するとやっぱり落ちます。 適宜、soファイルを置き換えてください。ipkファイルを用意しました。(説明不足は相変わらずです…)

Ver 0.5.4.MITO.20100615 ダウンロード
ソース類 ダウンロード
embeddedkonsole-ja(/tmp対応)(実行プログラムとソース等です) -

Zaurusのコンソールでコンパイル作業をしていて /tmp があふれるという内容を、たまに目にします。 (私もその対応のため、/tmp を増やしました) その原因の一つとして、embeddedkonsole-ja が /tmp を食っているようでしたので、自分なりに直してみました。 (gcc 関連が作成するテンポラリファイルにも原因があるそうです)

zaurus-ja - SourceForge.JP - http://sourceforge.jp/cvs/view/zaurus-ja/embeddedkonsole-ja/

を基に

いとしの liza - http://kimux.org/liza/index.shtml#kon

の kimu さんのパッチを当てて

jfbterm/Qt - ぴろのぺーじ - http://piro.sytes.net/~piro/pukiwiki/pukiwiki.php?jfbterm%2FQt

の、ぴろさんの jfbterm の対応を追加したものをベースに /tmp 対応をしてみました。 (実行ファイル名をリンクを張るなどして embeddedkonsole-jfb とすると jfbterm の対応が有効になります)

履歴に /tmp を使用する代わりにメモリを使用します。 また、実装方法が効率よくないため(なるべく大きな変更をしたくなかったのと知識不足です) メモリの使い方に無駄があります。 あと、履歴は 1000 行までとしました。(変更前は限界なしで履歴を取り続けていました) ただ、プラシーボ効果か、若干動作が速くなった気がします。

また、他にも変更した内容があった気がしましたが、時間が経ってしまったため忘れてしまいました。

先に、「qpe-embeddedkonsole-ja ワイド版」等をインストールしてから、下記実行ファイルを入れ替えてください。 公開ファイルのファイル構成は以下の通りです。(相変わらず手抜きですみません)

screenコマンドの文字化けにも一応対応してみました。(以前の状況に戻しただけとも言います…) やめましたm(__)m。一応タイミングは起こりにくくなっていると思いますが、一度起こると前よりひどいです…。 代わりに「?」の復活と、たぶん高速化の処理を加えています。 このあたり、色々やってみました。またipkファイルを用意しました。

また、エラー対策が抜けている部分も対応してみました。 いきなり落ちる現象が減ると思います。

・bin/embeddedkonsole-ja
実行ファイル
・その他
ソースファイル等
Ver 1.6.0-20100615 ダウンロード
ソース類 ダウンロード
wikipedia-fpw(テーブルとりあえず表示対応)(差分ファイルです ) -
Wikipedia-Fpw-1-Thum.jpg(9138 byte)

下記の kazuhiro さんが作成された wikipedia-fpw を基に、テーブル(表)の内容とりあえず表示できるようにしてみました。

Kazuhiro's blog - wikipedia-fpw - http://ikazuhiro.s206.xrea.com/staticpages/index.php/wikipedia-fpw

とりあえず内容だけ表示できればなぁと思って改造しましたので、レイアウトは考えていません。 それでもよろしければ、試していただければと思います。

本当は、どなたか正式に対応していただけないかなぁと思っていたり…。 正直、私には、この辺が限界かなぁと思います。 w3m に整形だけしてもらおうかと考えもしましたが、断念しました。

公開するのは、Wikipedia、Wikibooks、Wiktionary 用の私の設定と修正ソースファイルのパッチです。 パッチの基は、wikipedia-fpw-20091202 です。

テーブルとりあえず表示対応版 ダウンロード
Qtopia左利き対応フックライブラリ -

とりあえず、作ってみた物を公開してみます。扱いは自己責任でお願いします。 そうそうないと思いますが…、ザウルスが壊れても私は知りません…m(__)m。

Ver 20100619 ダウンロード

戻る
Masatoshi Ito's Home Page
E-Mail : ito65@mail.goo.ne.jp