樹の話≫

 

ハシバミ

2013・4・3      

 懐かしいわらべ歌・・・・

   「芽が出て ふくらんで 花が咲いて 実がなって〜」

 そうそう、実がなっているのですから、花は咲いていたのでしょう・・・・・

 

 フクジュソウのように春の到来を告げる花でも、サクラのように全国的に開花予想

 される花でもありませんが、開花時期にうまく花が見られたら、ちょっと嬉しくなって

 しまうそんな小さな花の一つです。

 

 ハシバミ:カバノキ科:榛

 雄花の冬芽は裸芽、雌花・葉の芽は芽鱗に包まれています。4月、雄花は尾状花序、

 雌花は数個集まって頭状花序に咲きます。雌しべは2本で柱頭は紅色をしています。

 

 

 

 

 果実は堅果。苞に包まれています。10月に熟して褐色になります。実は食べら

 れますが、世界的に流通しているのは類似種のセイヨウハシバミの実(ヘーゼル

 ナッツ)です。

 

 

春の準備を・・・ケヤマハンノキ、サワグルミ、トチノキ

 2013・3・28     

 まだ大きな雪山が道幅を狭めていますが、春分の日を過ぎて日差しは強く長く、

 うきうきとする春を感じられるようになりました。公園の木々も雪の中ですが、

 もう春の準備が進んでいるようです。

 

 ケヤマハンノキの芽は大きくなって、木全体が小豆色に見えるほどです。

 ケヤマハンノキはカバノキ科。4月の開花に向けて準備が進んでいるのでしょう。

 花は雌雄異花。雄花、雌花はそれぞれ別の枝に付いています。花芽は裸芽です。

 葉芽は2〜3枚の芽鱗に包まれています。

 

 

 

 サワグルミの冬芽の芽鱗はすぐに落ちて、裸芽で冬を越します。サワグルミも

 雌雄異花。雄花の花芽が枝の基部に見えます。雌花は葉が開いてから枝の

 先に付くのでまだ見えません。

 

 

 トチノキの冬芽も輪郭がボコボコとして、中の生長具合を想像するのも楽しそう・・・。

 

 

 

芝生にモザイクが・・・

2012・11・15     

 紅葉したサクラや黄葉したイチョウが静かに散って、芝生にモザイクを作っています。                  

 風に寄せ集められた様々な色や形の模様も楽しく、そんな中に思いがけない葉を見つ                    

 け、とどの木から落ちたのだろうと探してみるのも一興です。        

            

   

 

 すっかり茶色になったカシワの根元に落ち葉は見当たりません。カシワは来春まで                  

 葉をつけたままです。そのため防風林として植えられることもあるようです。  

 

                   

 

メギ

2012・11・15     

 メギ:目木、メギ科                  

 メギの実が赤く熟していました。メギは本州(関東以西)、四国、九州に分布し                    

 2mほどになる落葉低木です。5月、淡黄色の小さな花が咲くそうですが見逃し                 

 ました。茎には葉が変化したトゲが1本あります。別名のトリノボラズ、コトリスワ                    

 ラズ、ヨロイドオシなどはこの鋭いトゲによるものでしょう。                    

 メギ科は世界に500種ほどもあるそうですが、日本にはトゲが2本のヘビノボラズ、                  

 3本のヒロハヘビノボラズがあるそうです。  

   

 

 メギにはアルカロイドが含まれ、主成分はキハダと同じベルベリンで根や枝を乾燥                  

 させた生薬(生薬名は小蘗:しょうはく)の煎液は黄色だそうです。胃腸薬、眼病薬                    

 として知られています。                  

                    

 紅葉した葉が落ちた後もしばらく実は残るとか。雪を載せた姿も楽しめるかも・・・・。                   

                

 

シナサワグルミ

2012・10・9     

 10月8日は「十」と「八」で「木の日」だそうです。                    

 爽やかな秋晴れに誘われて、野に山に近くの公園に出かけ、木々に目を止めた                  

 方も多いのでは?                    

 この日月寒公園で見つけた樹は、モエレ沼公園でもお馴染みのサワグルミのよう                    

 でしたが、少し違いました。                  

 葉は偶数羽状複葉でしたし(奇数もありましたが)、葉の主脈には翼(よく)があり                    

 ました。サワグルミと同じように果実が下がり、果実にも翼があります。                  

 サワグルミの翼が広くて丸みがあるのに対し、細く尖っています。    

 

 

   それらの違いからこの木はシナサワグルミだと分かりました。                    

                    

 シナサワグルミ:クルミ科                    

 シナサワグルミは中国原産の落葉高木で雌雄同種。                  

 材は経木や下駄に利用、葉は駆虫に使われたそうです。                  

           

 

どんぐりころころ 2012

2012・9・16     

 9月に入っても真夏日が続いています。公園の木々は元気でしょうか?                 

 昨年、公園のどんぐりは不作でしたし、今年はどうかな?と心配しながら見に行くと                    

 驚くほどのどんぐりが生っています。今はまだ緑色をしていますが、10月には熟して                    

 褐色になります。♪どんぐりころころ〜、可愛い実です。     

 

 

   プラタナス(モミジバスズカケノキ)にも丸い実が下がっています。10月頃に熟して                    

 褐色になり、落葉後も木に残っています。アキグミの実も膨らみ始めています。                    

 トチノキの花は見ていても、実を見たことがありませんでした。数が少なく実の落ち                    

 るのが早いせいでしょうか。今年は何とか間にあいました。公園産トチの実、確認出                    

 来ました。ツリバナの実が裂けて赤い種子が出ているものが多いです。                    

    

 

 

 日差しを避けてシラカバの森に入るとツユクサが咲いていました。ツユクサの花期は                    

 8〜9月。シラカバの白い樹皮とツユクサに秋の風情を感じましたら、ツユクサは秋の                  

 季語でしたね。        

            

 

キリ

 2012・8・31     

 キリの樹にたくさんの果実が付いていました。先が尖った卵形で、まだ黄緑色を                    

 していました。10月に熟して黄褐色になり、二つに割れてフリルのような翼のある                  

 種子をたくさん飛ばすそうです。                  

 側の枝先にはもう花芽が円錐状に付いています。黄土色の花芽には毛が密生し                  

 ています。        

 

 

 

 花の頃はこんな風でした・・・                    

 枝先に大きな円錐花序を直立させ、5〜6cmの紫色の花を付けています。                    

 花は筒状鐘形で先は裂けています。    

 

 

   キリ:桐:ゴマノハグサ科キリ属                  

 中国原産の落葉高木で古い時代に移入され広く植栽されています。                    

 材は軽く、湿気を吸い難く、割れず狂い難くく、熱が伝わり難い性質を持っています。                  

 桐たんすを筆頭に家具、建具、楽器、建築、彫刻、仏壇などに利用されています。                  

 節の無い材を取るには、幼木の根がしっかり張った頃幹を切り、1年で2m以上にな                 

 るように育てるのだそうです。生長が早いです。特に若い木は成長が早く、元々の大                    

 きな葉(15〜30cm)の2倍以上大きな葉になることがあります。                 

 若い木が樹幹を育てるために大き目な葉を付けることは、他の種でもあります。                    

  

 

       

 

 世界4大並木樹種:トチノキ

 2012・8・28     

 世界4大並木樹種は                  

  トチノキ類、ニレ類、プラタナス、シナノキ類だそうです。                  

 とは言っても、世界は広いし植物には生育適地があります。土地土地に相応                    

 しい種が植栽されているでしょう。                    

 

  では、日本や札幌市の街路樹はどうでしょう?                  

                    

 札幌市環境局みどりの推進部の平成24年度事業概況によると、札幌市全区の                    

 樹種上位5種は下のようになります。                  

 トチノキは清田区の3位になっています。      

  

  

   北海道においては上位10種の割合が低下し、多様化の傾向にあるそうです。                    

                                     (国土交通省資料)                  

                    

 日本全体ではどうでしょう。                  

 国土交通省国土技術試作総合研究所資料149号(平成14年2004年)による全国と                 

 関東の上位10種は下のようになります。                    

     

   

  昭和62年〜平成14年までの全国・関東上位10位にトチノキはありません。                  

                    

 ハナミズキが関東9位(昭和62)から毎調査順位を上げ、関東2位(平成14)に                  

 なり、全国でも10位以下から一気に上位入りです。                    

 資料によると、ハナミズキは花や紅葉の美しさと、樹高があまり高くならず管理し                  

 やすいので増えたのだろうとしています。                  

                    

                    

 旅の楽しみや思い出は様々ありますが、                    

 南国のヤシ、大気汚染に強いキョウチクトウ、春に紅葉するベニカナメモチなど                    

 街路樹や並木などもその一つになりませんか?                  

 

 

トチノキ

 2012・8・28     

 トチノキ:栃の木:トチノキ科                    

 掌状複葉の大きな葉から神楽鈴(かぐらすず)を連想させる実が見えています。                    

 トチノキの果実は、9〜10月に熟し縦に裂けて種子を出します。種子(トチノミ)は、                    

 とち餅にして古くから食用にされていたようです。                  

 トチノミはあくが強く、皮をむき水に晒し、灰汁で煮てさらに寝かせ長時間かけてあく                  

 を抜き、水洗いして餅米と蒸し、それをついてとち餅にするそうです。なかなか手間が                  

 かかりますね。                  

  

 

 

モクゲンジ、リョウブ、アメリカユクノキ・・・

2012・8・1     

 公園などで面白い木の実を見つけると、どんな花が咲いていたのか気になりませんか?   

  

 ホオズキのような袋状の実が、いくつも下がっていたモクゲンジ。                    

 開花を知らせるHPにさっそく豊平公園に行ってきました。                  

 鮮やかな黄色い花が円錐状にたくさん咲いています。昨年の実もいくつか残っていまし                  

 た。英名は「Golden rein tree」。花の散る様子が「金色の雨」ということでしょう。    

 

 

 

    モクゲンジ:木げん(げん:木偏に患)子:ムクロジ科                   

 中国原産。本州〜九州の日本海側に分布する比較的珍しい樹木のようです。本州には                    

 天然記念物級の巨木や、3500本もの群落があるようです。                    

 葉は奇数羽状複葉で小葉は粗い鋸歯縁。硬い種子は数珠に利用されています。                  

 モクゲンジの名の由来は、中国の「本草綱目」の「木患子:ムクロジ」の木の名を誤って                    

 付け、そのまま日本語読みした為と言われます。         

 

 

 

  リョウブは名前が気になっていたいました。リョウブも同時期に咲いていました。                  

 小さな実から想像できる通り、小さな白い花を円錐状に密生させていました。濃い緑の                  

 葉と、すっと伸びた花房が涼しげです。昨年の実も残っていました。                  

 蜜を求めて虫たちが集まって来ていました。   

 

 

 

 

 

   リョウブ:令法:リョウブ科                  

 北海道南部〜九州の雑木林や、やや乾燥した場所に生える落葉樹です。                    

 葉は細鋸歯縁で枝先に互生し、花穂も枝先に付いています。樹皮はまだらにはがれ                  

 ナツツバキと似た木肌になります。根は主根がなく浅く張り、周りの風を防ぐ高木がなく                    

 なると倒れやすく、倒れても根元の休眠状態の芽が覚醒して再生します。株立ちの樹形                  

 になることが多いのはそのせいでしょうか。                    

 リョウブの名の由来は、飢饉などの非常時に備えて植樹を勧める「令法:りょうほう」が                    

 出されていたためと言われます。平安時代より、新葉を茹で乾燥して貯蔵させていたそ                  

 うです。葉を入れた「りょうぶ飯」を試食した方の感想は、「美味しくはないが、不味くも                  

 ない」とか。                    

 材は粘りが強く、背負子(しょいこ)や農具の柄に用いられたそうで、古名のハタツモリ                    

 (畑つ守り)と関係があるのでしょうか。         

 

 

 

 今回も気になる名前を見つけました。アメリカユクノキ(マメ科フジキ属)。                  

 北アメリカ原産の「アメリカ雪の木」が(秩父)地方の方言で「アメリカユクノキ」となった                    

 そうです。                  

 すでに花期は終わり実を付けていました。花はニセアカシアに似た白い蝶形花が円錐                    

 花序に下がり、芳香があるとか。また来年5〜6月の楽しみにしましょう。                    

   

               

    

ハシドイ

2012・6・7     

 ハシドイ:モクセイ科 別名:ドスナラ                    

  山地に生えるライラックの仲間で、高さ10〜12m、太さ20〜40mになる落葉広葉樹。                  

  釧路市の木に指定されています。葉はライラックより細く先が尖っています。開花は遅く、               

  7月に帯白色の筒形の小さな花をたくさん付けます。(円錐花序)                    

  公園や街路樹として植えられています。      

                

 

 材は腐り難く、開拓時代の小屋の柱や土台、柵を作るのに使われ、アイヌの人たちは                    

 墓標にしたり、土を掘る道具を作ったり、枯れ枝は良く燃えるので薪にしたそうです。                  

 実はさく果(櫺漫砲10月に灰褐色に熟して二つに裂ける。                  

 

ムラサキハシドイ(ライラック)

2012・6・7     

 ムラサキハシドイ:紫丁香花:モクセイ科                  

  ムラサキハシドイというより英名のライラック(Lilac)の方が馴染みがあります。                  

  1960年(昭和35)、札幌の木に指定されています。仏名はリラ。                  

  吉井勇は「家ごとに リラの花咲き札幌の 人は楽しく生きてあるらし」と歌っています。                  

  確かにライラックの咲くころは街中に色とりどりの花が咲き、心浮き立つ思いがします。                    

                    

  5〜6月、芳香のある筒形の花を円錐花序にたくさん付けます。花色は淡紫〜紫〜白と                  

  変異が多く、八重咲きもあります。白いのはシロライラックといい、長沼町の木に指定さ                    

  れています。園芸品種もたくさんあります。                    

 

  

  実はさく果(櫺漫砲10月頃に成熟し、裂開して種子を散布します。     

 

  

  満開のライラック側のハシドイはまだ蕾です。          

         

          

 

イヌエンジュ

2012・5・26    

イヌエンジュ:犬槐  マメ科                    

 緑色や赤褐色の若葉の中で、イヌエンジュの細毛が密生した銀白色の若葉は美しく                  

 目を引きます。小さな芽からムクムクと葉を伸ばして行きます。                  

 イヌエンジュの葉は羽状複葉。7〜11枚の小葉が付いた30〜40cmの長さにもなりま                    

 すが、若葉の可愛らしさからは想像し難いです。                    

 

 

 7〜8月、黄白色の蝶形花をたくさん付けます。(複総状花序)                   

 

 実は豆果で、平たいサヤ豆の形をしています。同じマメ科のニセアカシアの豆果には                    

 両側に縫合線があるので熟すと両側から裂けますが、イヌエンジュはサヤが破れて                  

 種子が出ます。                  

                    

 エンジュと呼ばれることがありますが、エンジュは中国原産で花序は円錐花序、豆果は                  

 水分が多く念珠状になり、熟しても裂けないなどの違いがあるようです。                    

 

ハクショウ

 2012・4・27    

ハクショウ:白松 (別名 シロマツ:白松、 サンコノマツ:三鈷の松)                    

 中国原産の高木で中国では神聖な木とされ王宮や墳墓、寺院などに植栽されています。                    

 別名のサンコノマツの三鈷とは、密教の寶具の一つです。杵の形で両端が三つ又に                  

 なっています。ハクショウの葉が1ヶ所から3本出ている(三針)ところに由来しているので                    

 しょう。                    

 珍しい樹のようです。側を通ったら思わず立ち止まる樹だと思います。これは樹名板が無

 ければお手上げだったかも・・・。                  

                    

 樹皮は鱗片状に薄くはがれます。はがれた跡は黄褐色〜緑色になり、老木になると灰白                  

 色になるところが白松の由来でしょう。マツボックリ(球果)は翌年の秋に成熟します。   

                  

 

サクラ〈ウワミズザクラ属〉

 2012・4・21    

〈エゾノウワミズザクラ:蝦夷の上溝桜〉                  

 北海道、アジア、ヨーロッパにかけて分布します。分類上、野生種や栽培種のサクラを                    

 「サクラ属」、ウワミズザクラ、エゾノウワミズザクラ、シウリザクラを「ウワミズザクラ属」と                  

 する見方があるそうです。                  

 

 遅咲きで緑色の若葉が先に開き、白い花が総状花序にたくさん付きます。類似種のウ                  

 ワズミザクラの花はいくぶん小さく、雄しべは花弁より長いためブラシのようにみえます。                    

 球形の実がなり、7〜8月には熟して黒色になります。                    

  

 

  

〈シウリザクラ〉                    

 シウリザクラの学名は Prunus ssiori で、アイヌ語のシュ・ニ(siw-ni:苦い・水)からきて                    

 いるそうです。アイヌの人々は樹皮を煎じて、お茶や薬として飲んでいたそうです。                  

 遅咲きで緑色の若葉が先に開き、白い花が総状花序にたくさん付きます。                    

 シウリザクラは種子で増えるほか、水平根からも芽を出して増えます。親木のそばにシ                    

 ウリザクラが数本あったら、根から増えた同じ遺伝子を持つクローンかもしれません。                    

 北海道の自生木ではヤマナラシ、シナノキ、タラノキ、ヤマナラシなども、そのような増え                    

 方もするそうです。        

    

 

 モエレ沼公園のシウリザクラは幼木です。花はまだまだ先のことでしょう。                  

 待ち遠しいしいですね。一番先に見つけるのはだれでしょうね?                    

                    

 山地に生育する品種ですが、円山公園、藻岩山、滝野すずらん丘陵公園などでも見る                  

 ことが出来ます。円山公園HPの写真を借用ししました。この写真を手掛かりに散策して                  

 みてはいかがでしょう。                     

  

 

サクラ〈栽培品種:サトザクラ〉

2012・4・21    

  サトザクラとは、古くから品種改良され栽培された多くの園芸品種の総称で、300種以上                

  あるといわれています。                  

  花の色は白〜紅色、黄緑色などがあり、花弁の数も普通の5枚から八重咲き、菊咲きが                  

  あります。                  

                    

                    

〈ソメイヨシノ:染井吉野〉                  

 オオシマザクラとエドヒガンの雑種で、江戸末期に江戸駒込染井村の植木屋で売り出さ                    

 れたとされるサクラで、日本のサクラの80%を占めています。道南から九州までの開花                  

 標本木になっています。微紅白色の花が葉より先に開花します。                    

 接ぎ木などで増やすので、どのソメイヨシノも同じ遺伝子のクローンサクラになります。                  

 葉より先に微紅白色の花が咲きます。花数は多く、健康な個体では一つの花芽から、                  

 4〜5個の花が咲きますので華やかです。若葉は緑色、二重鋸歯縁で先は尾状には                    

 なりません。葉柄、花柄には柔らかな毛があります。灰褐色の樹皮には赤褐色の皮目                  

 があります。                  

  

 

〈カンザン:関山〉                  

 荒川堤から栽培が始まったとされる一番ポピュラーな八重咲き品種です。                    

 遅咲きで花は葉と同時に開きます。花弁は濃いピンク色、雌しべは通常2本で葉に変                     

 化する(葉化雌ずい)ものが多いです。                  

 開きかけの花は塩漬けにして桜湯などの材料になります。                  

  

〈フゲンゾウ:普賢象〉                  

 室町時代にはすでに知られていたとされる、古い分類のサトザクラだそうです。遅咲き                    

 の八重咲きで、咲き始めは淡紅色ですが満開になると白くなります。雌しべは2本で葉                    

 に変化してい、その形が普賢菩薩が乗る象の鼻に似ていることが名前の由来だそうで                  

 す。                  

 1990年、神戸市で枝変わり品として発見された黄色い花のフゲンゾウは「スマウラフ                  

 ゲンゾウ」という商品名で販売されることがあるそうです。   

                   

 

 

〈ナデン:南殿〉                    

 松前町の「血脈桜:ケチミャクザクラ」を親木として増やされた品種で、遅咲きの八重咲                  

 きです。雌しべは1本で葉化しません。                  

 松前町の「夫婦桜:メオトザクラ」は昭和の初めにソメイヨシノを台木にナデンを挿し木し                    

 たところ、台木のソメイヨシノも育ち、1本の根から2種の木が育ち2種類の花を咲かせ                  

 るようになったそうです。    

                

 

 

〈ギョイコウ:御衣黄〉                  

 江戸時代の標本も現存する古くからの品種です。遅咲きの八重咲きで、花弁は淡黄緑                  

 色、緑色の筋模様があります。品種名は貴人が着る衣服の色に由来するそうです。                    

 他に骨董品を包むウコン染めの布の色に由来するウコン:鬱金というサクラもあります。                  

 このような黄色のサクラをキザクラ:黄桜といいます。       

               

 

 

〈イチヨウ:一葉〉                  

 ソメイヨシノの時期が終わったころ、淡紅色の八重咲きの花を付けます。                    

 雌しべは1本で葉に変化している(葉化雌ずい)ので、 一葉の名前が付いたといわれて                   

 います。      

              

  

〈シダレザクラ:枝垂れ桜〉                  

 枝が長く垂れ下がりたくさんの花を咲かせるサクラです。エドヒガンの変種が多く、古くから                  

 栽培されています。                    

 一重咲きから八重咲き、菊咲きもあり、花色も白色から淡紅色、濃いピンク色などがあり

 ます。  

                    

 

サクラ〈野生種〉

2012・4・13    

 日本の野生種は(ヤマザクラ、オオヤマザクラ、カスミザクラ、オオシマザクラ、マメザクラ、                  

 タカネザクラ、チョウジザクラ、エドヒガンザクラ)の9種に、タカネザクラ(別名ミネザクラ)                  

 亜種のチシマザクラを入れると10種になります。                    

                                  

〈エゾヤマザクラ:蝦夷山桜〉                  

 道外ではオオヤマザクラ:大山桜という名前で呼ばれます。                    

 北海道のサクラの80%を占める、北海道を代表する野生種のサクラです。開花標本木                    

 のソメイヨシノより4〜5日は早く咲きます。薄紅色の花と赤褐色の若葉は、同時に開き                  

 ます。葉の縁はギザギザとした鋸歯縁で、先は尾のように細く伸びています。                    

 樹皮は暗褐色の地に灰褐色の皮目があり、樺細工など伝統工芸品の材料になってい                    

 ます。     

                 

 

 

〈ヤマザクラ:山桜〉                    

 本州、四国、九州に分布する西日本で最も一般的な野生のサクラです。                  

 ほぼ白い花と赤褐色の若葉は同時に開きます。鋸歯縁で葉先は尾のように細く伸びて                  

 います。古来より詩歌に歌われ親しまれていたサクラです。                    

                   

    願わくは花の下にて春死なん そのきさらぎのもち月の頃   西行法師:山家集                  

  

     東京都:小石川後楽園

 

 

〈チシマザクラ:千島桜〉                    

 北海道、奈良県以北の亜高山に分布する北方系のサクラです。エゾヤマザクラと同じ                  

 頃開花し、緑色の若葉も同時に開きます。葉柄や花柄に毛があります。根元近くから                  

 枝分かれして横に広がった樹形になります。3〜5mほどの低木です。                  

 日本の野生種タカネザクラの亜種とされるチシマザクラは、まだ若い種だからでしょうか、                  

 花の色や花弁の形、花弁の数や樹形にも変化の出ることがあるようです。       

               

 

 

〈カスミザクラ:霞桜〉                  

  冷涼な地域に生育し、四国、九州ではまれな品種です。エゾヤマザクラより一週間ほど                 

 遅く開花し、緑色の若葉は花と同時に開きます。花は淡紅色から白で、花の付き方は、                    

 エゾヤマザクラのように花茎が同じ所に集まっている(散形花序)のではなく、中心の                    

 花茎から枝別れしたような付き方(散房花序)になっています。                    

 早咲きのサクラが葉桜になるころ、白と緑のコントラストが爽やかな風情です。  

         

      

   

〈オオシマザクラ:大島桜〉                  

 伊豆から房総の海沿いに多く生育し、園芸品種の台木としても栽培されています。                    

 大ぶりの白い花が緑の若葉と同時に開きます。葉には毛が無く塩漬けにして桜餅など                  

 に使われています。                

    東区:公園

  

                  

〈マメザクラ:豆桜〉                    

 本州中部に生育する中低木の野生種で、別名はフジザクラ、ハコネザクラ。                  

 淡紅色から白色の小さな花が、下向きに咲きます。葉より花が咲きです。剪定に強いので                  

 鉢植えや盆栽でも栽培されます。                    

     東区:公園

 

   

〈ミヤマザクラ:深山桜〉                    

 全国の山地や山裾に生育する遅咲きの野生種で、別名はシロザクラ。                    

 5〜6月、葉が完全に開いてから、白い花が咲きます。花の付き方は総状花序で、花                  

 柄の下には緑色の苞があり、実の付くころにも残っています。総状花序のサクラは他                  

 にシウリザクラ、ウワミズザクラなどがあります。                  

  

 

 

源平咲き

2012・4・10     

  接ぎ木したとは思えないのに、1本の木に2色の花が咲いているのはなぜでしょう?                  

                    

  2012年3月30日の北海道新聞、「おうちの科学」(サイエンスイライター・内田麻理香)に                   

  よると、1本の木に赤と白の2色の花が咲くことを、源氏(白)と平家(赤)の旗の色から源                 

  平咲きと呼ぶようになったとのこと。                  

  この現象は突然変異です。成長のどの時期に変異が起き不具合を起こす細胞ができた                

  かにより、2色の花が付く位置が根元からだったり枝先だけだったりするそうです。                   

  

  

  チシマザクラは、花の色や花弁の数や形、樹形に個体変化が多い個性の強いサクラ                  

  ではあります。                  

 

 

ナニワズ

2012・4・2     

  ナニワズ(難波津:ジンチョウゲ科 別名:ナツボウズ)                                  

  本州中部以北から北海道の林の中などに生育する落葉低木で、雌雄異株です。                  

  雪の下から緑の葉に黄色い小さな蕾を付けた姿を見せるナニワズは、春を知らせる                  

  うれしい木です。雄株の花(雄花)は雌株の花(雌花)よりいくぶん大きく、開花すると                    

  辺りには芳香が漂います。                    

  

 

  

 

  ナニワズは秋に新葉を付けてそのまま越冬し4月初めに花を咲かせます。夏には落葉し                   

  実も付けない雄株は枯れ木のようです。ナツボウズという別名の由来でしょうか。                  

                    

  秋、他の木々や花々が葉を茂らせ実を付けるころ、枯れ木のようだったナニワズは葉を                  

  つけ始めやがて花芽が見えてきます。毎年のことでも元気に育っていると安心します。                    

  山野草は暑い夏を過ごすために「夏眠」をするものも多いようです。ナニワズも夏眠る                    

  タイプの植物のようです。                    

 

 

サンシュユ

2012・3・25    

  サンシュユ(山茱萸:ミズキ科)                  

  中国、朝鮮原産の落葉樹。日本へは薬用植物として享保年間に導入されたそうです。                    

                    

  5月、葉より先に鮮やかな黄色い花を付けていました。花弁が4枚、雄しべが4本、雌しべ                 

  が1本の小さな花が20〜30個集まって咲いています。(散状花序)   

         

       

  葉裏の葉脈の脇には黄褐色の毛があります。長楕円形の実は9〜10月に赤く熟します。                  

  山茱萸の「茱萸」とはグミのことで、サンシュユの名は「山のグミ」からきています。   

      北海道大学

  

   果肉を乾燥させたり、酒に漬けたりして薬として利用されます。補腎、滋養強壮、腹痛、          

  めまいなどに効果があるようです。                  

        

 

ニセアカシア

2012・3・14   

  北アメリカ原産のマメ科ハリエンジュ属の樹で、和名はハリエンジュ(針槐)。                    

  ニセアカシアの名は学名(Robinia pseudoacacia)のpseudoacaciaの直訳                  

  「偽のアカシア」によるものです。        

   

   葉は奇数羽状複葉で枝には棘があります。6〜7月、総状花序に白い蝶形花が                  

  たくさん付き強い芳香がします。花の時期には、樹の姿は見えなくてもその香りで                    

  ニセアカシアの存在が分かります。蜂の蜜源としても重要な花になっています。                  

  10月にはさや豆のような豆果ができます。   

                  

         

 

要注意外来生物:ニセアカシア

2012・3・14  

  札幌駅前通りの北5条〜北1条の間約520mへの植樹作業が昨年12月までに                    

  終了したそうです。予定通りオオバボダイジュ34本、ニセアカシア69本が植えら                    

  れ花と香りの道になりそうです。      

  

  

   ニセアカシアは環境省が「要注意外来生物」に指定しているのでは??                    

  環境省によると、「要注意外来生物とは外来生物法の対象となる特定外来生物                  

  や未判定外来生物とは異なり、規制が課せられるものではないが、生態系に悪                  

  影響を及ぼしうることから、取扱いに理解と協力をお願いするもの」と言うことで、                    

  ニセアカシアについては「別途総合的な取り組みを進める外来生物(帰化植物)」                  

  とされています。                    

                    

  わざわざニセアカシアを植樹して大丈夫なのでしょうか?                    

 

  北海道総合研究機構林業試験場と石川県立大学による共同調査「外来種ニセ                    

  アカシアの取扱いとその考え方」の普及用パンフレット(平成23年8月発行)を読                   

  み自分なりに理解したことは・・・。                  

                    

    ニセアカシアは原産国のアメリカヤヨーロッパでも耕作放棄地や、開発地域、                  

    山火事跡地など明るい土地に更新し、広葉樹林のような暗い森林内で他の                  

    木々を押し退けて分布を拡大することは出来ない。ニセアカシアの人口林内                    

    には多様な在来広葉樹が自然に生えて更新し、樹齢の増加とともにニセアカ                    

    シアより多きい個体もあった。                    

                    

    河畔のニセアカシアの葉が水生生物に与える影響について、コカクツツトビケラ                    

    の幼虫へ21日間の給餌調査、ウニへ32日間の給餌調査を行っても成長の減退                    

    は認められない。ウニの餌として利用できれば、磯焼けを防ぐ手立てになるかも                    

    しれません。                    

                    

    種子は硬く、原産地では山火事の後に発芽することから熱刺激やキズを付ける、                  

    煮沸する、濃硫酸の処理が必要とされますが、北海道ではそのような処理をしな                    

    くても発芽するようです。ただし、10cm以上の覆土では発芽しないし、ニセアカシ               

    ア林の近くに土地改変地を放置しないようにすること。森林内ではニセアカシアが                  

    発生しても光不足により枯死してしまうとのことです。                  

                      

    リンゴ炭素病はニセアカシアが発生源になっていますが、冷涼な北海道では被害                    

    報告は無いといいます。予防措置としてリンゴ園周辺では除去されています。  

              

    ニセアカシアは北海道における重要蜜源植物でもあります。最も生産量が多く、                    

    年変動が小さい蜜源です。農家も受粉用にミツバチを利用しています。冬から春                    

    にかけての受粉作業で弱くなった蜂群を回復させるのにも大事な樹です。                  

                    

    終わりに、「河畔など洪水阻害の可能性がある場合、外来種が好ましくないと思われ               

    る自然公園、農家や養蜂家の現実を踏まえたうえで上手に管理して行く必要がある                    

    のではないでしょうか。」と結ばれています。                    

                    

 

  札幌市は、「ニセアカシアは札幌らしい景観要素として根付いている」として、北1条通                    

  などを「歴史的資源」と位置付け、地域を限定して街路樹などに残すことに決め、札幌                  

  市の公共施設等景観デザインガイドラインに明記した。(2008年3月8日北海道新聞より抜粋)                 

 

       

 

マグノリア・シネンシス、オオヤマレンゲ、オオバオオヤマレンゲ

2012・2・3  

    うつむき加減に咲く白い花。存在感のある黄色の雌しべと赤っぽい雄しべ、                    

    ふっくらした蕾も可愛らしいこの花の名は「マグノリア・シネンシス 原種」。                    

    Magnolia sinensisとは、中国のマグノリアという意味のようです。                   

     百合が原公園 2009・5・29

 

    オオバナオオヤマレンゲ(大葉大山蓮華)とよく似ていますね。他にもオオ                    

    ヤマレンゲ(大山蓮華)と似ているようです。                  

    オオバナオオヤマレンゲとオオヤマレンゲは江戸時代から混同されていて                  

    異なる種であるとされたのは1972年以降だそうです。                    

    公園に植栽されていたり、園芸店で販売されているのはオオバオオヤマレ                  

    ンゲだそうで、北大植物園や平岡樹芸センターにもオオバオオヤマレンゲが                    

    植えられています。                  

                    

    オオヤマレンゲの雄しべはもっと白っぽく葯は黄色いようです。オオヤマレ                    

    ンゲの自生地(奈良県吉野郡天川村・大塔村)は1928年(昭和3)2月7日                   

    文化庁から天然記念物の指定を受けています。2004年(平成16)には「紀                  

    伊山地の霊場と参詣道」とともにユネスコ世界遺産に登録されています。                  

                    

    学名                   

      オオバオオヤマレンゲ:モクレン科モクレン属                  

          Magnolia sieboidii k.koch subsp sieboldii                 

                    

      オオヤマレンゲ:モクレン科モクレン属                    

           Magnolia siboldii k.koch ssp.japonica                 

 

ホオノキ

2012・1・30   

   ホオノキ(朴の木:モクレン科)                  

   大きな葉、大きな花の高木代表といえばホオノキでしょうか。                    

   ホオノキの冬芽も3〜5cmと大型です。          

           

 

  40cmにもなる大きな葉には殺菌作用があり、朴葉味噌、朴葉寿司など                  

  食品を包むのに利用されています。落ち葉は比較的火に強く朴葉焼きに、                  

  材は水に強く堅いので下駄の歯(朴葉下駄)や包丁の柄、まな板などに                    

  利用されています。                  

  5〜6月、枝先に1個ずつ直径約15cmの堂々とした白い花が咲きます。     

 

        知事公館(2007・6・3)      

 

  ホオノキ  科:    モクレン科    Magnoliaceae        

          属:    モクレン属      Magnolia        

          種:    ホオノキ        Magnolia obovate        

                    

                    

     Magunolia(マグノリア)といえば・・・                   

     映画「マグノリアの花たち」(1989年アメリカ)を思い出します。                    

     ルイジアナ州の小さな町に住む6人の女性たちが、支えあいながら生きる                   

     姿を描いた作品です。このタイトルのマグノリアは、アメリカ南部を象徴する                  

     花木タイサンボクのことです。タイサンボクはアメリカ原産の樹で、ミシシッピ                    

     州とアリゾナ州の州花です。 (種:タイサンボク:Magnolia grandiflora)                 

 

 

ヤドリギ

2012・1・17   

   木の葉が落ちて見えてくる物の一つにヤドリギがあります。                  

   遠目には幻想的な感じがします。時には株ごと落ちていたりします。   

                  

 

  

  実をたくさん付けたヤドリギに寄生された樹がありました。                  

  枝は人為的に切ったのでしょうか?ヤドリギの寄生により枯れ落ちて                  

  しまったのでしょうか?赤い実はアカミヤドリギのようです。                    

  

 

  モエレ沼公園のヤドリギには雌花しか見られませんでした。                  

  どこかで雄株が生長して実がならないかと心待ちしていますが、宿主                  

  の樹には大きな迷惑かもしれません。                  

  

 

  ヤドリギ:寄生木  ヤドリギ科                  

    落葉樹に寄生する常緑小低木です。葉緑素を持ち光合成を行い                    

    ながら樹皮の下に根を伸ばし、宿主に栄養供給を依存しています。                    

    雌雄異株で、茎は二股に枝分かれし、一年に一節ずつ伸びて行き                  

    ます。5月に開花し、球形の果実は10月頃淡黄色に熟します。                 

    種子は鳥に食べられて散布されます。種子には粘着質の物質で                    

    覆われていて、樹皮に留まりやすくなっています。                  

 

 

 

ケヤキ

 2011・12・1   

  

 

  ケヤキ(欅:ニレ科)                    

  ケヤキは本州〜四国〜九州に分布する落葉広葉樹です。                  

  寿命は長く、太く大きく生長し、材は美しく堅く強く、湿気にも強く                  

  狂いが少ないなど、日本の代表的な有効樹の一つです。                  

                    

  ケヤキは雌雄異花。雄花は若い枝の下部に、雌花は新しい枝の                    

  上部の葉の脇に付きます。                    

  果実は4〜5个半さく、葉の付け根の裏側辺りに付いています。                    

  葉の上にびっしりと付いて実のように見えるのは「虫こぶ」です。                    

  ケヤキヒトスジワムシという虫によって作られます。                   

  

  

  

 

  ケヤキの実は下に落ちるか、風に飛ばされて散布されます。                  

  が、種には翼も綿毛もありません。ケヤキの実は枯れ葉を翼にして                    

  小枝ごと飛んで行きます。実の付いた枝の葉が小さ目なのも飛びや                    

  すくするためでしょうか。                    

                    

  この落ち葉は大通り公園のケヤキですが、風に乗って飛んできた訳                    

  ではありません。                  

  公園管理事務所に寄ったとき、「今、大通公園のイチョウとケヤキの                  

  落ち葉(堆肥用)が運び込まれていますよ。押し葉にどうですか?」と                    

  教えていただきました。                  

                    

                    

  公園の木々にも虫こぶがたくさん出来ます。色や形も様々でハルニレ                  

  に赤い虫こぶがびっしり付いている時は、花が咲いたようです。                  

  エゴノキの虫こぶはバナナの房のようだったり、ノブドウのは色様々                  

  な実のようだったりと魅力的な物もあるようです。ヌルデのは染色な                  

  どの原料になるそうです。あまり嫌わずに観察してみましょうか・・                  

 

 

ツタの落葉

2011・11・1  

  公園では赤、黄、茶色の葉が風もないのにハラハラと散っていきます。                    

                    

  鮮やかに紅葉したツタ(ブドウ科)も落葉の時期ですが・・・                    

  何かが残っています・・・・                  

                    

  枝のように見えるのは、葉と一緒に落ちずに残った葉柄です。                    

  葉柄が一緒に落ちた葉もバラバラになっています。                  

  

 

  サクラやシラカバのような(1枚の葉身からなる)単葉の場合は、枝と                 

  葉柄の間に離層ができて落葉します。                  

  ナナカマドやヌルデのような(1枚の葉に何枚かの小葉がある)複葉の                 

  場合は、枝と葉柄の間のほかに、葉柄と小葉の間にも離層ができ、                    

  1枚の葉がバラバラになって落葉するものがあります。                   

  紅葉したナナカマドを押し葉にしようとするとなかなか大変です。                    

  小葉が何枚か欠けてしまっていることが多いです。                  

  

 

  ツタの幼い個体では3出複葉(3枚の小葉で1枚の葉になる形)で、生長                    

  するに従い合体して単葉になるそうです。                  

  よく見ると2種類の葉が混在して、どちらの葉も複葉の仕組みを持って                 

  いるのでしょう。やがて残った葉柄も落ちてしまいます。                    

  

 

  それにしても長い葉柄です。春には葉身と葉柄の長さは差ほど変わら                  

  ないのですが、良く日が当たるように重なり合う葉は葉柄を伸ばしてゆ                    

  き、こんなに長くなってしまうようです。                  

 

 

ニシキギ科:ツリバナ、オオツリバナ、マユミ、ニシキギの実り                        

2011・10・6 

  ツリバナ(吊花)、オオツリバナ(大吊花)、マユミ(真弓)は共にニシキギ科の                      

  落葉広葉樹です。柔らかな色合いに紅葉します。                        

  9〜10月、実が熟すと割れて朱赤色の仮種皮に包まれた種子が見えます。                        

  仮種皮とは、本来の種皮の外側にあって種皮のように見えるもののことです。  

          

  

       

   オオツリバナはツリバナよりも葉が少し大きく、花数も実も多いです。実には                      

  4〜5個の狭い翼があり、角ばっています。                        

  マユミの実には4つの陵があり、底はくぼんでいます。                      

                        

                        

  ニシキギ(錦木:ニシキギ科)の若い枝にはコルク質の翼があります。                        

  9〜10月、実は赤く熟して裂け橙赤色の仮種皮に包まれた種子と、鮮やかな                      

  紅葉が美しい頃です。                        

  

 

 

カツラ

2011・8・18 

  カツラ(桂:カツラ科)                  

  雌雄異株の落葉高木。日本固有種。英名:katsura tree    

      

 

   カツラの周りに甘い香りが漂い始めました。                    

  香りの成分はマルトール。カツラの葉に含まれるマルトールの量は                    

  年間を通して変わらないそうですが、黄葉したり、落ちた葉が乾燥し                  

  たりしなければ強く香らないそうです。                    

  香りに誘われて樹を見上げると、小さなバナナのような実(袋果)が                  

  付いています。9〜10月に成熟して裂け、小さな翼を持った種子を                  

  飛ばします。                    

      

 

  花粉の化石が白亜紀の地層から発見される、古くから存在する木の                    

  ようです。                  

  春、葉より先に短枝に咲く花は、花弁もガクもありません。                  

  雄花の花序は8本前後の雄しべからなる花の集まりで、雌花の花序は                  

  雌しべが1本だけの雌花が3〜5こ集まったものです。                   

  観察が少し遅れたので、すでに葉が開いていました。     

               

 

  カツラのハート形の葉は、前年までの古い枝の短枝に対生に付きます。                    

  今年伸びた長枝に付く葉は少しとがっています。                    

  長枝は斜め上にすっと伸び、長枝の葉を付けた跡に短枝が出来ると、                  

  そこにハート形の葉が一枚付き、年々枝が太くなってきても長枝と短                  

  枝の関係が続くので、若い木は竹ぼうきのような形になります。                  

  カツラは寿命が長く、大木になると中心部が枝分かれし、多くのヒコバエ                 

  も生長して巨木になります。古木の樹皮は斜めにねじれるようになり、深                    

  裂します。                    

                    

  名木も多く、                    

  小金湯桂不動記念保護樹林《札幌市:昭和47年(1972)北海道指定》は、                   

  平成5年当時、高さ23m、幹回り10.5m。                 

  

 

  札幌市円山自然歩道には樹齢100年以上の巨木が見られます。                 

  

 

  枝が垂れているのはシダレカツラです。  

               

 

  樹の上部が紅葉を始め、やがて全体が黄葉します。                  

  秋の散策。「こんな森の奥にお菓子工場があるのかな?」と思ったら、                    

  きっと近くにカツラが・・・。                    

 

 

 

イチイ

2011・8・11 

  イチイ(一位  別名:オンコ  イチイ科)                  

  イチイの名は、仁徳天皇が「正一位」の地位の人に与える笏(しゃく)を                  

  作る材料になったことに由来します。材は緻密で堅く、光沢があり美しく                  

  家具材として利用されます。                  

                    

  雌雄異株。葉は線形でらせん状に付きますが、側枝では羽根のように                  

  左右に並んで付きます。                   

  4〜5月、それぞれ雄花、雌花を付けます。   

       

            

 

  果実は仮種皮が成長して種子を包み込み、9〜10月に赤く熟します。                   

  実は甘く食用になりますが、種子は有毒なので噛んではいけません。     

     

        

 

  イチイは北海道の代表的な緑化樹で、公園や庭、生垣などでよく見られ                  

  高さ10〜15m.、太さ50〜100cmにもなる樹です。                    

  寿命も長く、市町村の木に制定されたり、名木と呼ばれる樹も多いです。                  

    浜益町:黄金山のイチイ                  

    芦別市:黄金水松(ミズマツ)                    

    北竜町:竜神のオンコ                    

    白老町:誉の水松(オンコ)など                  

                    

  当別町:見晴らしの松:青山の水松(イチイ)                  

  昭和48年(1973)3月30日、北海道記念保護樹林に指定されています。                 

  樹齢は1300年以上(飛鳥時代生まれ)と推定され、高さ17m、直径2m。

  この樹は雌株で、生育状態が良いのでしょう。多くの実を付けていました。

                       

 

 

キタゴヨウ

2011・7・31 

   キタゴヨウ(北五葉松:マツ科)                      

  ゴヨウマツの北方変種。南方変種はマルミゴヨウ。雌雄同株。                        

  葉は針状で5本1束でつき、葉の断面は三角形をしています。                      

  雄花は暗紫紅色で、雌花は今年伸びた枝先に付き淡紫紅色または                      

  緑色とのことですが、未確認です。                   

  

 

  球果は翌年の10月に成熟し灰褐色になります。成熟すると樹上で鱗片を                        

  開いて種子を落とし、球果は樹に残ります。     

                     

 

  キタゴヨウの種子には長い翼が付いています。                      

  

   

   

バンクスマツ

2011・7・31     

  バンクスマツ(マツ科)                      

  アメリカ北部からカナダに分布します。雌雄同株。                        

  雄花は黄色で集まって付き(尾状花序)、雌花は暗紫色で枝の先または                        

  枝先近くに付きます。マツは受粉を風に頼る風媒花ですから、雄花の数                        

  が多いです。花の時期には「黄砂かと思ったらマツの花粉」のニュースを                    

  目にします。    

  

 

   球果は黄褐色で、上向きか枝に添うように付きます。2年目に成熟しますが                     

  鱗片は開かず、10年から15年も落ちないといわれます。                      

  50℃以上になる山火事や猛暑の時に鱗片を開いて種子を落とすとか。                      

                        

  不整に伸びた枝に、独特な形の新旧マツボックリがたくさん付いています。      

                    

                

 

モンタナマツ

2011・7・27     

  モンタナマツ(マツ科)                                        

  ヨーロッパの山地に多く生え、幹は下から分岐します。病害虫の発生が少ない

  ことから、北海道では大正初期から公共緑化用として公園や分離帯の植え込み

  に多く植栽されています。公園の通路にも多く植栽されています。                        

  モンタナマツにはほふく性、矮性の変種や多くの園芸品種があります。  

  (6月)

 

   葉は針状で2本1束で付きます。雌雄同株ですが、雄花・雌花は別々の枝に付き

  ます。雄花は黄褐色で多数集まって付き(尾状花序)、雌花は今年伸びた枝先に

  付きます。                        

  実(球果)は卵形で、初め緑褐色でのちに帯黄褐色になり3年目に成熟します。                        

  成熟した実は鱗片を開き、種子を放出します。種子には小さな翼があり風に運ば

  れます。     

                     

                    

 

 

カラマツ・グイマツ・クリーンラーチ

2011・7・4      

  噴水の周りにも、ガラスのピラミッドの周辺にもカラマツが植えられています。                        

  カラマツは雌雄異花。図鑑によると雄花は黄色の卵型で下向きに付き、雌花は                      

  淡紅色または淡緑色です。                        

                        

  5月、カラマツにたくさんの雌花が咲きました。淡緑色〜鮮紅色までずいぶん幅が                      

  広いです。カラマツの類似種グイマツ(マツ科)の花色(緑色か鮮紅色)に似ています。         

  

   

    (5月上旬)       

 

  グイマツの特徴の当年枝の毛も見られます。カラマツとグイマツの自然分布地域や                       

  生育地は離れています。      

    (6月下旬)                

 

 

  北海道林業試験場のいくつかの発表などを見ると少し分かってきました。                      

                        

  それによると、カラマツは他の針葉樹に比べ生長が非常に良いが、先枯病や                        

  ネズミなどの食害を受けやすい欠点があります。良いカラマツを生産する一つ                     

  の方法として「種間交雑」を行なうと、生まれた「交雑種」は両親と比較して優れ                        

  た特性を持つことがあります。(雑性強勢)                      

  それは「種内交雑」より「種間交雑」の方が著しく現れるとのこと。                      

                        

  いくつかの交雑試験の結果、グイマツを雌性親(雌花・母)、ニホンカラマツを                        

  花粉親(雄花・父)として「グイマツF1」が生まれました。                        

                        

  グイマツF1はカラマツの生長の早さ、グイマツの食害に対する強さと材質の強                     

  さを持つのが特徴です。グイマツF1は1956年に生まれ、山に植林されるように                       

  になりましたから、公園のカラマツにもグイマツF1があるのでしょう。                        

 

                

 

  カラマツ雑種「クリーンラーチ」は、2008年は北海道洞爺湖サミットに合わせて                      

  開発された新品種です。                      

                        

  クリーンラーチは、グイマツ中標津5号を雌性親(母)に、カラマツを花粉親(父)に                        

  生まれました。材密度が高く炭素固定量が多いので、地球温暖化対策として期待                      

  されている品種です。                      

  「サミット記念の森」には2009年から1620本が植えられ2m以上に伸びているそ                      

  うです。                        

 

 

つる植物:ツタ                      

2011・6・24     

  ツタ(蔦:ナツヅタ:ブドウ科)                      

  落葉つる性木本。茎から付着根を出して貼りつき生長します。                        

  球形の実を付け、10月には紫黒色に熟します。                      

  鮮やかに紅葉します。                        

  

 

       

     北海道樹木図鑑(佐藤 孝夫著 :亜璃西社)より 抜粋                     

      キヅタ(木蔦:フユヅタ:ウコギ科)                      

       常緑つる性木本で、気根を出して木や岩に登る。道内では奥尻島に                      

       自生する。10〜11月に開花し球形の実は翌春に黒く熟す。                      

       (気根とは地上の茎から出て空中に露出している根です。)                        

                        

       ナツヅタ、フユヅタ。名前だけではこの違いは分かりませんね。                      

 

 

つる植物:ヤマブドウ                        

2011・6・23     

  ヤマブドウ(山葡萄:ブドウ科:落葉性つる性木本)                        

  雌雄異株。巻きひげで他の木にからみつき、木を覆うほどに生長します。                        

                                              

  昨年、エゾマツの上まで伸び実を付けたヤマブドウを見つけましたが、                        

  今年の春にはもう伐採されていました。                        

  つる植物にも大きくなってほしいのですが、公園では難しいようです。   

     

 

   札幌市内の自然林を残した公園で見つけたつる植物です。                        

                

 

       ツルウメモドキ、ヤマブドウ、サルナシ(別名コクワ:マタタビ科)が覆い、                      

      どれも豊かに実を付けていました。  つる植物、強し!!

              

 

                元の木は何だったのでしょう??  

             もう枯れてしまったのでしょうか??                    

     

  

つる植物:ツルウメモドキ

2011・6・18     

  つる植物とは他の植物などに支えてもらいながら生長する植物の総称です。                        

                        

  茎を巻きつかせたり(アサガオ、フジなど)、寄りかかったり(ツルウメモドキなど)、                        

  巻きひげをからめたり(ブドウなど)、トゲで滑り止めをしたり(カギカズラなど)、                      

  茎から吸盤のような根を出して貼りついたり(ツタなど)様々な形態があります。                      

                        

  毎年地上部が枯れる「草木」と木質化して残る「木本」があり、大きな樹になる                        

  種類もあります。                        

                        

  ツルウメモドキ(蔓梅擬:ニシキギ科:落葉つる性木本)                        

  雌雄異株。8个曚匹竜綏舛亮造鯢佞院10月ころに熟すと皮が割れ黄赤色の                        

  仮種皮に包まれた種子がみえます。                        

  葉が落ちても実が残り、生け花やリースなどにも用いられます。 

  

 

  ツルウメモドキは他の木に寄りかかり、その木の高さを越えるほどにも伸びます。                      

  木の上にまで広がったツルウメモドキは横に広がって行き、木の生長は抑えられ                        

  枯れてしまいます。                      

     

   落葉時期のツルウメモドキ

    

   中には木より高くなる前に生長を止め共存を図るもの(イワガラミなど)も                        

   あるようです。                      

                

 

イタヤカエデの花

2011・6・7     

  イタヤカエデ(板屋楓:カエデ科)                        

  

  イタヤカエデの葉は掌状に5〜7に中裂し、葉の縁にぎざぎざがない(全縁)                       

  のが特徴です。    

  

  

 

    5月、6个曚匹硫緑色の小さな雄花と両性花が同じ花序に咲きます。                      

                        

   斜めに開いた形の翼果は、9〜10月に成熟し風に乗って行きます。    

 

                    

 

 

 

モミジバスズカケノキの花

2011・6・3     

  モミジバスズカケノキ(スズカケノキ科:俗名プラタナス)

 

  街路樹、公園樹としてよく見かけ、プラタナスと呼ぶことの多い樹ですが、                        

  プラタナスは学名の属(スズカケ属:Platanus)の名前で総称です。                      

  他にはアメリカスズカケノキ、スズカケノキなどがあり、モミジバスズカケノ キは                    

  アメリカスズカケノキとスズカケノキの雑種といわれています。                      

                        

  5〜6月、大きな樹の上にゆらゆらと可愛い花が下がっています。                        

  雌雄異花。                      

  2cmほどの雌花の花序は紅色の小さな花が球形になっています。                     

  少し小さい雄花の花序は緑色で、こちらも球形をしています。                        

  

  

 

  果実は4cmほどで10月には熟して黄褐色になり、落葉後も残っています。                     

 

  

 

 

ハルニレとオヒョウの実

2011・5・30    

  4〜5月に開花したハルニレとオヒョウも実を結んでいます。                      

  6月には成熟して灰褐色になります。実は果皮の一部が伸びて 翼状になる                    

  翼果(ヨクカ)です。風により散布されます。                        

                        

  ハルニレは葉よりも早く実が出来ています。枝先にはまだ葉芽が見えます。                      

  実は先が欠けた形をしています。          

  

                 

   

  

  オヒョウの実がなる頃には、葉も開いています。                        

  実の先に目立つ欠けはありません。                        

 

  

 

 

 

ヨーロッパトウヒの花

2011・5・27    

  ヨーロッパトウヒ(ドイツトウヒ:マツ科)

 

  カラマツを除いて紅葉もせず落葉もせず、あまり変化の目立たないマツ科ですが、

  5月〜6月、美しい花を咲かせています。

  

  

 

  花は雌雄異花。

  雄花は2cmほどで枝先に下がり、雌花は3〜4cmほどで直立します。

 

  

 

  

 

  雌花は15〜20cmの円柱形のマツボックリになります。

 

  

 

 

ハルニレとコブニレとオヒョウの花

                                                  2011・5・5

  ハルニレ(春楡:ニレ科) 別名アカダモ、ニレ、エルムとも呼ばれています。

  世界四大並木樹種(ハルニレ、トチノキ、プラタナス、シナノキ)の一つです。

  高さが25〜30mもの大木になり、枝を広げ堂々とした姿は各地の名木や

  シンボルツリーになっています。

 

  やや尖った形は葉芽、丸いのは花芽です。(3月24日)

  

 

  4〜5月、葉より先に花が、赤褐色の小さな花が集まって咲きます。(束生)

  

  

 

 

  コブニレ(ニレ科)

  枝にコルク質の翼があるものをコブニレといいます。

  どうしてこんなに・・と、思うほどごつごつした枝は実に個性的な姿です。

  

  

 

 

  ハルニレはアイヌ語で「チキサニ」と言い、アイヌ文化と深い係わりがあります。

 

  アイヌの「アットゥシ」とは、ニレ科(ハルニレ、オヒョウ)やシナノキ科(シナノキ)の

  樹木の靭皮(じんぴ)という内皮から繊維を取り出し、撚り合わせた糸で織った

  布や、その布で作った衣類をさします。

  また、アイヌ神話には大変美しいハルニレという女神として登場します。

 

  同じく「アットゥシ」の材料になるオヒョウ(ニレ科)、アイヌ語では「マッニ」といいます。

  先割れスプーンのような形の葉でお馴染みの木です。

  4〜5月、葉より先に淡黄色の小さな花が集まって咲きます。

  

  

 

 

カラマツの黄葉・・

2010・11・19   

  5日の海の噴水周りのカラマツ林。全てが黄葉するのももうすぐのようでした。

    

 

 

 

  17日、暖かな日差しに誘われて公園を訪れると、芝生のところどころに

  残っているのは雪でしょうか?

 

 

 

  ほとんどの落葉樹は落葉しています。カラマツの落葉も進んでいるようです。

  秋の低い日差しが黄葉した葉を輝かせ、想像以上にきれいでした。

  落葉後、緩やかに上を向く枝に、ぽつぽつとマツボックリを付けた姿も優しい・・

 

  

 

 

 

見つけ難いけれど・・

 2010・9・30   

   公園には約百種類の樹が植えられていますが、その中にほんの1〜2本しか

   ない種類もあります。

 

               そんな樹は見つけ難い・・・・・

 

   そんな見つけ難い樹の一つ、ヌルデ(ウルシ科)。

   外周を散策していると美しい紅葉が目に付きます。奇数羽状複葉で小葉の間に

   翼(よく)があるのが特徴の葉がじょじょに色づいてきました。

 

 

 

 

   その他にはヤマボウシ(ミズキ科)。

   サクラの森の奥にぽつんと植えられています。

   まだ幼木ですが、ころころとした赤い実が生っています。

 

 

 

 

    ドングリころころどんぶりこ〜

2010・9・15   

   ブナ科の木々にもそれぞれ特色のあるドングリが実っています。

   9〜10月に成熟して、緑色から褐色に変わっていきます。

   アカナラの果実が成熟するのは2年目の10月です。

 

 

 

 

    小さい秋見つけた〜

 2010・9・15   

  今年は9月中旬になっても夏日が続きますが、朝夕はめっきり涼しくなりました。

  大雪山系黒岳の9合目では、例年より一週間送れて紅葉が始まったとのこと。

 

  さて、公園の「秋」を探してみましょう。

 

  サクラの紅葉、カツラの黄葉が始まっています。

 

  ドロノキはもう落葉しています。

 

 

  9〜10月に果実を成熟させる種類の木々も「実りの秋」を迎えています。

 

 

 

   初秋の散策、トンボとにぎやかな虫の音をお供に・・

 

 

 

クルミの花:オニグルミとサワグルミ

2010・6・20   

   オニグルミ(クルミ科:鬼胡桃)は日本の自生種で、雌雄同株。 

   雌花は新しい枝に上向きに付きます。

   花被(かひ:花びらとがくの区別がつかない部分)の中から雌しべの

   赤い先が見えています。

   雄花は前年の枝に穂状に垂れ下がっています。

   果実は食用、咳止めなどの薬(胡桃仁)として、材は家具材として

   用いられます。

   

 円内に雌花

 

         

      

              食用としては、ペルシャ系のテウチグルミ(手打ち胡桃、 

             菓子胡桃とも)が好まれるようです。

 

   サワグルミ(クルミ科:沢胡桃)も雌雄同株。

   雌花は新しい枝先に下がります。紅色の雌しべの先が見えています。

   雄花は前年の枝に穂状に垂れ下がっています。

   果実は食用にはならず、材はマッチの軸、器具材として用いられます。

   

      

 

綿毛がふわり〜

 2010・6・14   

  ふわりふわりと綿毛が飛んでいます。

  ヤナギ科の雌株の果実が成熟して、種を飛ばしているのですね。

 

    エゾノバッコヤナギ                  エゾノカワヤナギ

 

   チョウセンヤマナラシ                  ドロノキ

 

  綿毛は種子を遠くに飛ばす手段です。良く見ると小さな種子が付いています。

  風に乗り、動物の体に付き、川水に流されて分布を広げてゆきます。

                      

                     チョウセンヤマナラシの綿毛と種子

 

  おなじみのタンポポの綿毛も、風に乗ってふわりふわり〜

 

追加:ドロノキの雌株の周りには綿毛がたくさん落ちていました。(7月11日撮影)

 

 

アキグミ(グミ科:秋茱萸)

2010・6・8   

    外周路に多数植栽されているアキグミ。

    公園東口から歩いて行くと、薄クリーム色の小さな花が咲いています。

    しばらく行くと、大きな白いかたまりの様に花を付けた大きなアキグミの樹が

    ありました。

    一つ一つは6mmほどの花です。

    この花が全て赤い実を結んだら、どんなに美しいでしょう。

 

 

 

 

「白い花が咲いていますよ〜」

 2010・6・4   

  ナナカマド(バラ科:七竈)

    秋には紅葉が鮮やかで、落葉後も雪の中でも赤い実を付けています。

    長い期間存在感がある割には、花を観賞することが少ないような気がします。

       

 

 

 エゾノコリンゴ(バラ科:蝦夷の小林檎)

    ほんの数本。大きな樹はこれ一本かもしれませんが、思わず歓声があがる一本では?

    淡紅色の蕾と白い花びら、緑の葉。秋には真っ赤な実がびっしりと生るのも楽しみです。

     

 

 ツリバナ(ニシキギ科:吊花)

    葉の陰で遠目には気づかぬほど小さな花が下がっています。

    薄いクリーム色にも見えます。秋、葉は優しげに紅葉し、実は鮮やかに赤くなります。

   

      

 

  アオダモ(モクセイ科)

    硬式野球のバット材として有名。樹皮を水に入れて出来る青汁を、アイヌの

    人は刺青に用いたそうです。

    雌雄異株で、雄株には雄花(雄しべが2本)、雌株には両性花(雄しべが2本、

    雌しべが1本)が咲きます。雌しべを見つけられないこの花は雄花でしょうか? 

 

    

 

    

     2010・6・8 加筆

        雄株と思われるアオダモの側で、少し感じが違う花を見つけました。

        受粉を終え、雌しべだけが残っている雌花ではないかと思っています。

        昨年たくさんの実を付けた雌株の花は見つけられませんでした・・・・?

 

   今年の春は気温が低かったからでしょうか、昨年より開花が遅いようですが、

   蕾が大きく膨らんで、次々に白い花が咲きますよ〜

  

   リュウキュウツツジ、テマリカンボク、エゾシモツケ・・・、爽やかな白い花々の中で

   タニウツギの赤い花がアクセントになるでしょう。

   夏鳥のカッコウが鳴きながら飛んでいます・・・・・

 

 

カラマツの赤い雌花がきらり・・

2010・5・15  

   カラマツ林がずいぶん青々としてきました。

   近づいてみるとまだまだ可愛らしい葉が、束になって伸びてきています。(束生)

   よく見るとちらほらと赤い花が咲いています。。鮮やかな赤い雌花です。

   カラマツ林で深呼吸するときは・・・、ちょっと上を向いてみてはいかがでしょう?

  

   赤い雌花が見つかりましたか??

   黄色い下向きの小さいのは雄花です。

   

   公園にはマツがたくさん植えられています。淡紅色や紅紫色など鮮やかな雌花を

   つける種類がありますから、時には立ち止まって「観る」こともお勧めですよ。

 

 

小さな春を見つけました・・

2010・4・23  

  挨拶の後に「寒いですね」とつい言ってしまう今年の春。

  サクラの開花予想も遅めのようです。

  そんな寒さの中でも、木々はそろりそろりと開花の準備をしています。

  「がんばって」と応援したくなるような小さな春を見つけました。

 

  《カラマツ》

    くすんだ風景の中で明るい緑色の丸いビーズが下がっているようです。

          カラマツは雌雄同株で、雌花と雄花の単性花をつけます。

         このつぼみは下抜向きに付いていますし、基部に葉もないようですから

         雄花でしょう。

 

  《エゾニワトコ》

   外周でよく見かけるエゾニワトコの冬芽もほころんで・・・。

   卵状楕円形の葉芽は葉が、卵型の混芽からは花と葉が展開してきました。

 

  《ソメイヨシノ》

   少しずつ・・・少しずつ・・・膨らんできましたね。

 

 

冬の動物園??『冬芽と葉痕』

 2010・3・4   

   冬の公園はまるで動物園のようです。                                      

   サルやヒツジ、ラクダがあちこちの枝に隠れていますから・・・・                                        

                                        

     寒い冬を越すために、ある程度生長したところで                                        

     生長を止めている状態の芽を「冬芽」といいます。                                      

   

      冬芽には                                      

       花に生長する・・・・・花芽(はなめ、かが)                                        

       葉に生長する・・・・・葉芽(ようが)                                      

       花と葉に生長する・・混芽(こんが)があります。                                        

                                        

       鱗のような皮(芽鱗)に覆われているのを鱗芽(りんが)、                                        

       芽鱗を持たないものを裸芽(らが)といいます。                                      

                                        

                                        

    落葉樹の葉が落ちると枝には葉の跡が残ります。                                        

    それを「葉痕」といいます。葉痕は樹種、葉柄の形、維官束痕の                                      

    数や位置により様々です。                                        

     維官束とは、根、茎、葉に通じる通道組織です。                                      

       水分が上昇して行く・・・・・・・木部(もくぶ)                                        

       養分の通り道・・・・・・・・・・・・師部(しぶ)からなります。          

 

 

 

             

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

      日差しも強くなり日に日に暖かさが増してきました。

      小さな芽から花や葉が顔を出しゆっくり花びらや葉を伸ばして行く・・ 

      春はもうすぐ!!ですね??                                        

 

 

      オオバボダイジュ(大葉菩提樹)とシナノキ(科の木)・・シナノキ科                                       

 2009・12・1     

   2011年春完成予定の札幌駅前通整備計画によると、JR札幌駅から                                        

   大通公園までの地上部中央分離帯には、根が地下に広がり難いこと                                        

   からオオバボダイジュ45本が植えられるようです。                                        

   歩道には従来同様、ニセアカシアも100本植えられるので花と香りの                                        

   道ができそうですね。                                        

                                        

   オオバボダイジュは街路樹や公園樹として多く植えられています。                                        

                                        

   さて、あなたがいつも見ているのは・・・                                      

   オオバボダイジュですか?  シナノキですか??    

  

                                『オオバボダイジュ』             『シナノキ』

 

   葉は共に心円形で、先は尾状に尖り鋭鋸歯縁(ギザギザの縁)。                                      

   オオバボダイジュの葉の裏には星状毛が密生しています。                                        

   花は淡黄色で集散花序。花軸にある葉状の苞は芽を保護し種を飛                                     

   ばす役目があります。                                        

   シナノキの雄しべは数も多く長いので華やかな感じがしますね。                                      

   果実は球形で、オオバボダイジュの方が大きく、毛が密生しています。  

   

          

          

   落葉した今はあのカクカクとした枝に冬芽が見られます。共に2枚の 

   芽鱗に覆われています。                                     

   オオバボダイジュの冬芽には細かな毛が密生しています。                                      

                                        

   あなたがいつも見ているのは・・・   

   オオバボダイジュでしたか?  シナノキでしたか?? 

 

 

 

『シナノキ・若葉のころ』

 

カラマツ(落葉松)

 2009・11・16    

     海の噴水をぐるりと囲むカラマツ林。                                      

     5月には、短枝に緑鮮やかな針葉の束や、小さな雄花・雌花を                                        

     つけていました。(「樹の話」カラマツの林で・・ 2009・5・2)                                      

     夏には大きな日影でお弁当を広げたり、噴水を見たり・・      

  

                              

     11月14日、雨で公園に人影はなく黄葉したカラマツ林は静かです。                                        

     こんな日もいいものです。

     北原白秋の「落葉松」の詩の一節のように・・・                                        

                                           

        七、 からまつの林の雨は                                      

           さびしけど いよよしづけし。                                        

           かんこ鳥 鳴けるのみなる。                                      

           からまつの濡るるのみなる。                                      

                                        

     その名の通りに落葉するのも間もなくでしょう。                                        

     願わくは、風のない晴れた日に・・、夕日に輝いて・・・                                        

 

雪にも、冬の寒さにも負けず・・

 2009・11・9    

    公園を赤や黄色に染めていた葉もハラハラと落ちて行きます。                                        

    そんな落葉樹の冬支度をのぞいてみましょう。                                      

    もう冬芽が出来ています。形や色、鱗の数も色々です。                                      

    出来立てのような可愛らしい冬芽もありますね。                                        

    寒い冬に耐えて春には花や葉を開いてくれるでしょう。                                      

 

      カシワ                      コナラ                      アカナラ        

 

     サクラ                       トチノキ                       チョウセンヤマナラシ        

 

     ハリギリ                       ナナカマド                    シラカバ        

 

     シダレヤナギ                   クリ                         シナノキ        

 

 

    葉を落とした木々のもう一つの楽しみ。それは葉痕(ようこん)です。                                        

    葉が枝に付いていた跡が動物の顔に見えてきませんか?                                      

 

     サワグルミ                                      ヤチダモ                                 

 

 

押し葉

2009・10・28    

 

     押し葉は一年中楽しめる木との係わりです。紅葉の時期は普段木の葉に興味の

     ない方も、鮮やかな色合いに誘われて一枚、二枚と手にすることがあるでしょう。

 

     触れるとハラハラと散る葉もありますが、カシワのように枯れた葉を付けたまま

     冬を越し、新芽が伸びてくると落ちるものもあります。

     木にはすでに冬芽ができています。冬芽を傷つけないようにそっと採りましょう。

     虫に食われて丸まったハンノキも、水につけて伸ばすとレースのようです。

 

     新聞紙に丁寧にはさんだらドンと重しを乗せて、じ〜っと待つだけ・・・・

 

 

香り

2009・10・3                    

                    

  木々の紅葉(こうよう)や黄葉(こうよう)が始まってきました。   

                 

         2009・9・9   10・3撮影

 

 

  ガラスのピラミッドの駐車場のカツラも黄葉し、甘い綿菓子のような                  

  香りを漂わせています。カツラの香り成分はマルトールといい、黄葉                  

  すると強く香ります。抹香の原料にもなっています。                    

                    

  さくら餅を包むのに利用されるオオシマザクラの葉は塩漬けにすると                  

  良い香りがします。この香り成分はクマリンといいます。                    

    

                

  もう一つ、クマリンが香るのは?         

                    

  シナガワハギ(マメ科)の葉は乾くとクマリンの香りがします。                  

  ヨーロッパではチーズ、ウォッカ、タバコの香り付けに、またハーブ                  

  ティーとして飲まれます。血流をよくする効果があるとか・・。                  

                    

  シナガワハギの押し葉をしおりにすると、読書もより楽しくなるかも                  

  しれませんよ。                  

 

赤い実

2009・9・27 

 サクラの森にポツポツと赤い色が目立つようになりました。サクラやナナカマドの                              

 紅葉が始まっています。散策する足元で落ち葉がカサコソと音をたてます。                                

 青空、流れる白い雲、遮るもののない広い空をぼーっと見ていたいような・・・                                

 そんなのんびりとした散策のアクセント「赤い実」を紹介しましょう。                                

 

 

   アキグミ(秋茱萸・グミ科)                                

     公園の外周に多数植えられ、実の時期は特に目立ちます。今年の実は少ない

     ですね。 中国の方が「子供の頃よく食べました」と一粒口にされ  、「渋い!       

     でも懐かしい・・」と。    

   

                      

                         

   イチイ(一位・イチイ科・別名オンコ) 雌雄異株                                

    ふっくらと柔らかなイチイの実の甘さを知っている方は多いでしょう。でも、種には

    毒があります注意しましょう。  

     

 

                                

   ツリバナ(吊花・ニシキギ科)                              

    その名の通り長い花柄の先に吊り下がるように実が付いています。丸い実は熟して

    5裂、仮種皮に包まれていた種子が見えています。葉が優しげに紅葉しています。

 

                                

   カマツカ(鎌柄・バラ科)とノイバラ(野薔薇・バラ科)                              

    花の付き方は(カマツカ・複散房花序、ノイバラ・円錐花序)違いますが、小さい

    ながら実がフサフサと揺れて重量感があります。       

  

 

                                

                                

                                

          おまけの赤・・                                

                                

   ヌルデ(白膠木・ウルシ科)                                

    鮮やかに紅葉が始まりました。葉の両面はフランネルのように少し起毛した

    ような手触りです。ウルシ科のなかでは毒性(ウルシオール)はとても少ない

    そうですが、この種の植物に敏感な方は念のため注意をしたほうが良いかも

    しれません。 公園では手の届き難い場所に生えています。     

           

                                

2009・9・26撮影                               

                                

ヌルデ(ウルシ科)

2009・8・19  

サクラの花が満開という5月6日、ヌルデはまだ軟毛が密生した冬芽の状態。

枝先には昨年の花のなごりが残っていました。

まわりの木々がそろそろ実りのころを迎える8月、黄白色の花を咲かせています。

ヌルデは雌雄異株です。雄花、雌花とも円錐花序(えんすいかじょ・花序の枝が

何回も枝分かれし全体の外観が円錐形に見える)にたくさんの花を付けています。

花が終わるとすぐに子房がピンク色に膨らんできて、花と実が一緒の花房もありました。

 

雄株 2009/8/16

  雄花              雌花  

 

ヌルデの葉は奇数羽状複葉。9〜13の小葉で1枚の葉をつくっています。

小葉の間に翼(よく)があるのが大きな特徴です。

秋にはいち早く鮮やかに紅葉します。

 

   果実     2009/8/18撮影      葉   

 

 

(9月17日雌株を追加)

雌株 2009/8/26撮影

 

 

紅葉は?の声に答えて・・・

2008/10/8 撮影

 

 

 

エゾニワトコとキミノエゾニワトコ

2009・8・1   

    

緑の葉に真っ赤な実のエゾニワトコ(スイカズラ科)、橙黄色の実はキミノエゾニワトコ。

 

エゾニワトコ(蝦夷接骨木・えぞせっこつぼく)の名のとおり、細工物、薬用に使われます。

葉や茎は利尿剤として服用、枝葉は煎じて打ち身・骨折・神経痛などの

外用薬として湿布・入浴剤に利用されています。

 

          本州のニワトコは若葉や実を山菜として利用しているとも聞きます。

          エゾニワトコの実は不味いけれど、若葉は食用になるとも聞きますが、

          どちらのニワトコも有毒な成分を含みますし、薬用に使われる植物は

          多食により体に害をおよぼすこともあります。十分注意が必要です。

 

ケヤマハンノキが枯葉色に・・・

2009・8・1   

 長雨と日照不足で農作物の生育が心配されます。

8月は夏らしい天気を期待したいところです。

 

公園の木々の中にも全体が枯葉色になってしまった木があります。

 

 

        でもその木がケヤマハンノキ(カバノキ科)なら、心配はいりません。

        ケヤマハンノキは光・窒素・水分などが豊富なところでよく見られる木です。

        葉には窒素含量が多く、ハンノキハムシの良質な餌になります。

                 

                どうりで・・、完食状態!!??

        

        でも大丈夫!ケヤマハンノキの葉の寿命は短く、春から秋まで同じ葉が

        付いているわけではありません。次々に新しい葉が出てきます。

        ハンノキハムシがいなくなると、また青々と葉を繁らせることでしょう。

 

 

 

すっかり枯葉になっていたケヤマハンノキに新しい葉が出て来ました。

                                 (8月16日撮影)

  

 

復活!!

 

花が咲いて・・実がなって・・

 

              サクラの森を離れて外周路を歩いてみました。

公園は広く、植物は季節ごと表情を変えますから何度も通って

いても気付かないことがたくさんあります。たとえばこんな実が・・

 

2009/6/27

 

アオダモ(モクセイ科)の翼果(よくか)です。

             遠目には花が咲いているのかと思うほどの華やかさです。

             実が見られたのは3年ぶりとか・・、ラッキーでした。   

             アオダモは雌雄異株。雄株には雄花、雌株には両性化が咲く

             珍しい型だそうです。春に見逃した花、来年こそ!!

 

 

  

 

サワグルミ(クルミ科)の堅果(けんか)です。

            堅果とは「皮が堅く裂け目のない実(ドングリなど)」で

            サワグルミにはさらに丸い翼が付いています。

            オニグルミやテウチグルミの形(核果)とはずいぶん違います。

 

 

樹の葉には色々な形があります

 

イチョウ(イチョウ科)、トチノキ(トチノキ科)、カシワ(ブナ科)などは葉に

特徴がありますから、葉のある時期には名前が分かりやすい樹です。

 

             イチョウ・・扇形、浅く2つに裂けているが深さは様々

             トチノキ・・掌状複葉(しょうじょうふくよう)

                   1枚の葉は手のひら形で5〜7枚の小葉からなる

             カシワ・・倒卵状長楕円形、葉柄は極めて短い、裏に毛がある。

                   縁は波のような大きなギザギザ(波状鈍鋸歯)

 

読んだだけでもあの特徴ある葉型を想像できますね。

ではこの樹の葉はどんな形でしょう?

 

            オヒョウ(ニレ科)・・倒広卵形〜長楕円形、二重鋸歯、左右不同

                   先はとがる又は3〜7つに裂け先割れスプーンの形

            ヤマグワ(クワ科)・・卵型〜広卵型の丸い葉、浅い切り込み(中裂)のものもある。

                   幼木では3〜5つに浅いまたは深い切り込み(裂葉)が多数

 

この説明では一つの樹に何種類もの葉形があるような・・・??

正解! このように同じ樹種にもかかわらず葉形に違いがある性質を「異葉性・い

うせい)」と言います。異葉性の程度には差がありヤマグワなどは変化の大きい樹です。

 

オヒョウ

 

 

ヤマグワ 幼木

 

ヤマグワ 成木

 

ズミ(バラ科)とエゾノコリンゴ(バラ科)は良く似ていますが、ズミには異葉性があります。

葉の中に3〜5つに中裂した葉があればズミだと判ります。

 

不思議な樹を発見!!と思ったらツルが巻き付いているだけのことも・・(>_<) 

 

 

カラマツの花  090502

 

 「海の噴水」も始まり散策には良い季節になりました。

噴水を囲むカラマツ林も新芽が伸びて青々としてきました。

 

 

 

カラマツは一本の樹に雄花(卵型でやや下向きに付き黄色)と

雌花(やや横向きに付き淡紅色か淡緑色)が付きます。

 

 

 

見逃してしまいそうな小さく可憐な花です。

 

 

わたしはだあれ?   090430

 

さて?わたしはだれでしょう??

  

   

 

2月の冬芽観察会のころはまだこんな姿でした・・・

わたしのことを、きっとみなさんは知っていると思います。

 

   

 

一年中、美しいと言われて・・・・

 芽吹きも、若葉も、紅葉も、雪を乗せた果実も・・・

6月には白い花を咲かせますが、今はまだつぼみです。

 

  

 

もう解りましたか?ええ、わたしは『ナナカマド』です。

今の時期の葉色が美しいとチキサニさんがほめてくれますが、

写真で伝わったでしょうか?ちょっと心配です・・・

わたしに会いに来て下さいね、待っています。

 

シナノキ(シナノキ科) 「あの冬芽はどうなったかな?」室内観察 090329

 

 

 苞(ほう・芽やつぼみを保護する小形の葉)には緑色のもの、褐色のもの

花のように美しいものなどがあります。シナノキの淡い緑色もきれいですね。

透き通るようだった若葉も日ごとに緑色濃くなってきました。

 

 バッコヤナギ(ヤナギ科) 「あの冬芽はどうなったかな?」室内観察090329

 

 

この枝には雌花が咲きました。雌株だったのですね。

 

マザーツリーと呼ばれるウンリュウヤナギは雄株です。

5月中旬に咲く雄花の葯(やく・雄しべの一部で花粉を作るところ)は黄色。

 

エゾヤマザクラ(バラ科) 「あの冬芽はどうなったかな?」室内観察090329

 

 

何かおかしい??何かが違う??

エゾヤマザクラは花と葉は同時に出るはずなのに・・・?

花が咲いて実がなって、葉が出てきました。

まず子孫を残そうとしたのでしょうか?

切られた枝では自然状態と違う生育順があるのでしょう。

 

 キハダ(ミカン科)   2009.03冬芽観察会より

 

和みますね。まるで仏像のようにみえませんか?

 

 

キハダの冬芽の形を葉柄内芽(ヨウヘイナイガ)といいます。

 葉柄が芽を包んでいて、葉が落ちるまで冬芽が見えません。

 U字型に見えるのが葉の跡(葉痕・ヨウコン)です。

 キハダは羽状複葉といって、小さな葉が鳥の羽のように集まって

 1枚の葉になっているので、葉痕も大きいですね。

 

 他に葉柄内芽の樹は

 プラタナス、ハリギリ、ウリノキ、ハクウンボク、ヌルデなどがあります。

 

 樹皮の下の内皮は黄色でキハダの名の由来でしょうか。

 内皮にはベルベリンという成分があり薬に使われます。

 

サクラ(バラ科)   2009.03冬芽観察会より

 

名前を特定できないという謎?のサクラですが、たくさんの花を咲かせます。

まだ硬い冬芽ですがどれくらい付いているか気になります・・。

    

あらあら!花芽が食べられています。

 

モエレ沼公園近くの庭では、「ウソ」という鳥がサクラの花芽を食べているのを

目撃されています。それにしてもきれいに食べますね、葉芽を残して・・。

 

アオダモ (モクセイ科)   2009.03冬芽観察会より

 

ガラスのピラミッドを出て外周路をサクラの森のほうに行くと、

樹齢30年ほどのアオダモがあります。

「アオダモ」は野球のバットの材料として知られています。

バットには樹齢60〜70年の樹が使われるとのこと・・・

このアオダモは今までの倍の年月を過ごさないとバットにはなれないのですね。

     

3月の今はまだ硬い冬芽です。まるで恐竜の爪のよう・・。 

アオダモは雌雄異株です。

6月、雌花と雄花がそろって咲いたら、10月には実がみられるかもしれません。

果実(翼果)は1月に他所で拾ったものです。

 

エゾノバッコヤナギ (ヤナギ科)    2009.03冬芽観察会より

 

九州からはサクラの便り。

でもまだまだモエレ沼の木々は硬い冬芽のままです。

と、思っていたらエゾノバッコヤナギの赤みを帯びた卵形の冬芽が、ほころびていました。

エゾノバッコヤナギは雌雄異株。雄花は黄色、雌花は緑白色。

     

2008年4月19日の写真です。

雌株、雄株それぞれにびっしりと花が咲いて美しいです。

「エゾノバッコウヤナギ」は、まな板の材料や花材になります。 

 

「森」と「林」

 

モエレ沼公園には「サクラの森」があります。

海の噴水の周りには「カラマツ林」があります。

さて、外周のシラカバは「林」でしょうか「森」でしょうか?

 

答えは「シラカバの森」です。

モエレ沼公園の「林」と「森」の違いは樹の数ではないのですよ。

より自然に近い形で植えているものを「森」と呼んでいるのですと、

チキサニさんが教えてくれました。

また一つ、散策の楽しみが増えそうです。