江ノ電 を訪ねて -2-
2005年9月19日

 江ノ電 旧型 354-304形が9月いっぱいで無くなることになったので、江ノ電へ行ってきました。
 今回は、JRの 鎌倉・江ノ島フリーきっぷ (山手線内から 1,970円)を使いました。

 東京駅より東海道線211系に、大船駅からは久しぶりに 湘南モノレール に乗車しました。
湘南江の島駅 から江ノ電 江ノ島駅を横に見ながら、江ノ島~腰越間の 併用軌道区間 に向かい、江ノ電が専用軌道から併用軌道に出る 龍口寺 付近を歩いていると 列車接近 の電光が光り始め、いきなり 354編成が。順光となる線路南側に移る暇もなく、とりあえず一枚パチリ 直前横断をして鳴らされたヤツが居たけど、これはいけません。

 南側に回っていればこの様な順光写真になっていたのですが・・・。
後ろは、355+305 編成。

 この位置での光線具合が良かったので、354形が戻ってくるのを待つ間に、コンビニでおにぎりを買い、交番横の空き地で遅い朝食を。
 この日の 354形は編成の 鎌倉側に付いており、午後になると逆光となって撮り辛くなりそうだ。追っかけになったのが残念でした。

 撮影場所を変えるため 腰越駅 から電車に乗り 七里ヶ浜駅 へ。2~3分歩いたおなじみの場所で、折り返しの354形編成を待つ。周辺には撮影者が10人ほど居た。

 さらに鎌倉方面に移動し、長谷駅 で下車し待ち伏せする つもりでいたら、来てしまった
列車の順番を勘違いしたらしい。義経号 編成の後ろが 354号編成。

次に移動したのは、由比ヶ浜駅極楽寺駅 間の道路と併走する区間。ここも柵が無いので撮りやすいが、通り抜けの車が結構多い。12時半前に着いた時には、藤沢方が順光になっていた。
 左)鎌倉行きを後追い撮影
 右)354形編成が来たけど、逆光となってしまっている。白い乗用車の付近で撮影

 江ノ島駅 まで戻り、龍口寺 のS字カーブに行くと、江ノ電職員の方が線路に水を撒いていました。この日は気温も32度くらいまで上がり、線路の温度も上がってしまったようです。

 電車が来ると、職員の方々も散水の手を休め、車両の誘導に当たる。
 やっぱり2000形は基本色が良いな。

 散水の職員も帰り、しばらくしたところで 354形電車が併用軌道に入ってきた。はとバス も一旦停止!

 鵠沼駅湘南海岸公園駅 間鉄橋で待つ。354形も藤沢側に連結されていれば、午後も順光で撮影できたのだが・・・。

 鵠沼駅 を出て、カーブを曲がり鉄橋に向かう 354形電車。

 2時を過ぎた頃からダイヤが乱れ始めた。乗客の乗り降りに時間が掛かっているのかと思ったら、併用区間での道路混雑も影響していた様だ。とくに、変形交差点となっている 龍口寺 前では、自動車が線路内に止まってしまい、電車も停止することが頻発。しばらくすると、江ノ電職員が来て、交通整理を始めた。

TOP


大沢 肇 / 東京都台東区
Copylight(C) 2005, Hajime Osawa, All Rights Reserved.