唐物天目について

天目という名は中国の名称ではなく、日本で付けた名で、その起こりは浙江省の天目山から出ています。この地方は古来茶の名産地として知られたところで、抹茶の流行した宋代には、抹茶用の茶碗として新たに生まれた建窯で作られたものが従来の青磁に代わって使われるようになり、天目山の禅僧達の間でも盛んに使われていたようです。
この天目山には有名な禅宗の寺々があり、鎌倉時代には日本からこの地に留学する僧も少なくありませんでした。
この留学僧達が帰国の際に建窯の茶碗を持ち帰り、やがてこれを天目山にちなんで日本では天目と呼ぶようになったと言われています。
天目の名は初めは建窯の茶碗、すなわち建盞(けんさん)だけに限られていましたが、のちには玳玻盞(たいひさん)はじめ他窯の茶碗にも使われるようになり、ほとんど茶碗の別称のようになりました。
※貫入素地(きじ)と釉(うわぐすり)の収縮率の違いから、器面に生じたひび割れ。窯変(ようへん)の一種で見所ともなる。


天目茶碗の講義

授業風景

天目茶碗

木葉天目

天目茶碗高台

貫入
同上拡大
浅い高台
同右 天目茶碗ロクロにて