陶芸で和紙(洋紙・布etc)型染に挑戦!
普通は、型染といえば、型を用いて模様を染める染色法。型付染ともいい,特に絵画的な模様をもつ工芸的なものを型絵染とも称する。布地のほか和紙皮革にも応用される。一般的な方法型紙を当て防染糊(のり)や色糊をおいて模様をつけ,色差しやすり込みなどにより単色あるいは多色に染める。
※本文は出典元の用語解説の一部を掲載しています。

Topへ