作品(高台)仕上げ

天目茶碗(てんもくぢゃわん)とは、天目釉と呼ばれる鉄釉をかけて焼かれた茶碗のこと。、中国の宋代に、浙江省天目山の禅院で使用されていた、福建省建吉鎮の建窯(けんよう)などで作られた鉄質黒釉の茶碗のことです。一般の茶碗に比べ高台が小さく従来の器に比べると肉厚なものが多い。