墨はじき作陶(作成)風景
2014.6.12於:橿原教育センター
墨を用いて白抜きの文様を描く技法
工程は、素地に墨で文様を描き、その上から呉須で着色すると、墨は膠(にかわ)質を含むため吸水性がなく呉須を弾く。これに施釉して本焼きすると、墨は高温で焼け抜け、墨で描いた文様が白い文様となる。墨によって呉須の藍色の着彩を防ぐため、墨の部分は白磁の白さを見せることとなる。呉須をスプレーや網でブラシを使う、または筆で薄く塗ることも可能である。