茶碗とは
  茶碗の碗は「マリ」ともいう「昔、水や酒などを盛った円い形の器。もい。盌・垸・埦等とも書く。
本来は飯を盛る陶磁器の器。湯茶を飲むための陶磁器の器。

茶碗の語源・由来
茶碗は茶を喫するための器として奈良時代から平安時代にかけ、茶と共に伝来したとされる。
当初は、貴重な茶を楽しむための良質な器を「茶碗」と言ったが、鎌倉時代、喫茶の風習が広まるにつれ、碗形の陶磁器の総称となった。

先生は焼き物を作ることは。「陶道」すなわち焼き物の道である。

天目茶碗(てんもくちゃわん) とは、中国の宋代に、浙江省天目山の禅院で使用されていた、福建省建陽県水吉鎮の建窯(けんよう)などで作られた鉄質黒釉の茶碗のことです。

天目という名前は、鎌倉時代に中国の天目山にある禅刹へ日本から多くの僧が留学し、帰国に際して寺で使われていた建盞を日本に持ち帰り、天目山の茶碗ということで天目茶碗と呼びならわしたことが由来とされています。

茶道具としての茶碗
  • 唐物
    • 天目茶碗
    • 青磁茶碗(酸化還元によって発色を決め、辰砂の銅で赤くしたものもある。焼く前は3割増の大きさ)
    • 白磁茶碗
  • 高麗物
    • 高麗茶碗、井戸茶碗、三島茶碗(文様を押し当ててガラにしたもの)
  • 和物
    • 萩茶碗、唐津茶碗
    • 楽焼茶碗(楽茶碗)黒、赤、白色
    • 志野茶碗、織部茶碗、瀬戸黒茶碗、黄瀬戸茶碗、伯庵茶碗
   島物茶碗
        安南焼・宋胡録(タイ)
   

脇田先生の講義
 
 
   

戻る   茶碗の鑑賞