Google

大坂夏の陣//真田信繁 /赤備え

大坂夏の陣//真田信繁

慶長20年(1615年)年の大坂夏の陣では、道明寺の戦い(5月6日)において、伊達政宗隊の先鋒を銃撃戦の末に一時的に後退させた。その撤収の際には、「関東勢百万と候え、男はひとりもなく候」(「関東武者は百万あっても、男子は一人も居ないものだな」)と徳川軍を嘲笑しながら馬に乗り、悠然と撤収したといわれている。この言葉は後世にまで語り継がれた[14]。

ただし、この道明寺の戦いでは、先行した後藤基次隊が真田隊が駆けつける前に壊滅し、基次は討死している。この大幅な遅れの要因としては、当日の濃霧のため、真田隊が行路を誤ったためとする史料がある。また、毛利勝永隊はこの時、真田隊より早く戦闘現場に着陣済みで、真田隊の到着を待っていた。しかも当日の指揮権は、大坂城内の譜代の大野治長が持っていた。そのため、後藤基次討死の責任のすべてが、信繁や勝永ら現場の部将にあるとは言えない。しかし、所定の時間に着陣できなかった信繁は毛利勝永に向かって「濃霧のために味方を救えず、みすみす又兵衛(後藤基次)殿らを死なせてしまったことを、自分は恥ずかしく思う。遂に豊臣家の御運も尽きたかもしれない」と嘆き、この場での討死を覚悟した。これを聞いた毛利勝永は「ここで死んでも益はない。願わくば右府(豊臣秀頼)様の馬前で華々しく死のうではないか」と信繁を慰留、自らは退却に移った。ここで真田隊は殿軍(しんがり)を務め、追撃を仕掛ける伊達政宗隊を撃破しつつ、豊臣全軍の撤収を成功させた[15]。「関東勢百万と候え、云々」は、この撤退戦の時のことである。

豊臣方は後藤基次や木村重成などの主だった武将が相次いで討死し、疲弊していった。真田信繁は兵士の士気を高めるためには、豊臣秀頼本人の直接の出陣あるのみと直訴したが、豊臣譜代衆や、秀頼の母・淀殿に阻まれ、秀頼の出陣は困難を極めた(5月7日)[16]。

5月7日、信繁は大野治房・明石全登・毛利勝永と共に最後の作戦を立案する。それは右翼として真田隊、左翼として毛利隊を四天王寺・茶臼山付近に布陣し、射撃戦と突撃を繰り返して家康の本陣を孤立させた上で、明石全登の軽騎兵団を迂回・待機させ、合図と共にこれを急襲・横撃させるというものだった[17]。 しかし毛利隊が合図を待たずに射撃を開始してしまったため、作戦を断念せざるを得なくなった。これを受けて信繁は、「今はこれで戦は終わり也。あとは快く戦うべし。狙うは徳川家康の首ただひとつのみ」とつぶやき[18] 、真っ正面から真一文字に家康本陣のみに狙いを定めて突撃を敢行した。この突撃は真田隊のみではなく、毛利・明石・大野治房隊などを含む豊臣諸部隊が全線にわたって奮戦し、徳川勢は壊乱して総崩れの観を呈するに至った[19]。中でも信繁率いる真田隊は、合わせて10部隊以上の徳川勢と交戦しつつ[20]、越前松平家の松平忠直隊・15,000の大軍をも突き崩すと、後方の家康本陣にまで攻め込み、家康の親衛隊・旗本・重臣勢を蹴散らして、その本陣を蹂躙した(ちなみに、本陣に攻め込まれ馬印が倒されたのは「三方ヶ原の戦い」以来二度目であり真田隊の凄まじさに家康は自害を二度も覚悟したほどだったという。これにより、奇しくも家康は武田家ゆかりの武将に二度馬印を倒されたこととなる)[21]。

しかし最終的には兵力で勝る徳川勢に追い詰められ、ついに四天王寺近くの安居神社(大阪市天王寺区)の境内で、味方の傷ついた兵士を看病していた[22]ところを襲われ、「わしの首を手柄にされよ」と最後の言葉を残して討ち取られた。信繁の首は忠直隊鉄砲組の西尾宗次に授けられた[23]。享年49。

気になる 生活に役立つ情報

沖縄の仏壇は長男が継承しなければならないのか

沖縄の仏壇の特徴とは

沖縄の仏壇はなぜ大きい

沖縄の仏壇 継承

 

真田信繁/赤備え

「真田幸村」の由来//真田信繁/赤備え

出生から真田氏の自立//真田信繁/赤備え

関ヶ原の合戦//真田信繁 /赤備え

大坂入城//真田信繁 /赤備え

大坂冬の陣//真田信繁/赤備え

大坂夏の陣//真田信繁 /赤備え

その1/人物//真田信繁/赤備え

信繁の人柄/人物//真田信繁/赤備え

家康を追いつめた/人物//真田信繁/赤備え

真田十勇士//真田信繁/赤備え

猿飛佐助/真田十勇士//真田信繁/赤備え

真田幸昌//真田信繁/赤備え

真田信之//真田信繁/赤備え

武田滅亡後/真田信之//真田信繁/赤備え

徳川家臣になる/真田信之//真田信繁/赤備え

関ヶ原の戦い/真田信之//真田信繁/赤備え

幕藩体制下/真田信之//真田信繁/赤備え

評価/真田信之//真田信繁/赤備え

天王寺・岡山の戦い//真田信繁/赤備え

豊臣軍//真田信繁/赤備え

幕府軍/天王寺・岡山の戦い//真田信繁/赤備え

天王寺口の戦い/天王寺・岡山の戦い//真田信繁/赤備え

岡山口の戦い/天王寺・岡山の戦い//真田信繁/赤備え

分析/天王寺・岡山の戦い//真田信繁/赤備え

真田丸の戦い//真田信繁 /赤備え

概要/真田丸の戦い//真田信繁/赤備え

安井神社 (大阪市)//真田信繁/赤備え

真田守信//真田信繁/赤備え

真田信勝//真田信繁/赤備え

三好幸信//真田信繁/赤備え

真田之親//真田信繁/赤備え

赤備え//真田信繁/赤備え

武田の赤備え/赤備え//真田信繁/赤備え

井伊の赤備え/赤備え//真田信繁/赤備え

真田の赤備え/赤備え//真田信繁/赤備え

真田丸//真田信繁/赤備え

真田丸の戦い//真田信繁/赤備え

概要/真田丸の戦い//真田信繁/赤備え

大坂の陣//真田信繁/赤備え

真田信繁/赤備え

真田昌幸/赤備え

関ヶ原の戦い/赤備え

石田三成/赤備え

干支 性格

 


大きな地図で見る

 

 

 



赤備え

赤備え(あかぞなえ)は、戦国時代の軍団編成の一種。具足、旗差物などのあらゆる武具を朱塗りにした部隊編成の事。戦国時代では赤以外にも黒色・黄色等の色で統一された色備えがあったが、当時赤は高級品である辰砂で出されており、戦場でも特に目立つため、赤備えは特に武勇に秀でた武将が率いた精鋭部隊である事が多く、後世に武勇の誉れの象徴として語り継がれた。赤備えを最初に率いた武将は甲斐武田氏に仕えた飯富虎昌とされ、以後赤備えは専ら甲斐武田軍団の代名詞とされる。

武田軍の赤備えを最初に率いたのは後代に「甲山の猛虎」とも謳われた飯富虎昌で、騎兵のみからなる騎馬部隊として編成された。元々朱色は侍の中でも多くの首を上げた者にのみ大名から賜るものだった。そこで、各武将の次男(自領は父からは譲られず、自らの槍働きで稼ぐしかない)たちに朱色で統一した赤備の部隊を組織化。現代風にいえば切り込み隊として組織した。永禄8年(1565年)に虎昌が義信事件に連座し切腹すると、虎昌の部隊は彼の弟(甥とも)とされる山県昌景が引継ぎ、同時に赤備えも継承したという。虎昌・昌景の両者は『甲陽軍鑑』において武勇に秀でると共に武田家及び武田軍の中心として活躍した武将として記されており、両名の活躍が赤備えの価値を高めたと言える。また、『軍鑑』によれば武田家中では昌景と共に小幡信貞、浅利信種の2名が赤備えとして編成され総勢千騎だったという。 発給文書においては、元亀3年(1572年)・天正2年(1574年)の武田信豊宛武田家朱印状など武田氏の軍制において装備外装に関する規定が存在していたことを示す文書が見られる。元亀3年文書では武田信玄が信豊に対し装備を朱色で統一することを独占的に認められており、天正2年文書では武田勝頼により信豊の一手衆が黒出立を使用することを許可されており(これは『軍鑑』や『信長公記』長篠合戦時における記述と符合している)、武田軍では一手衆ごとに色彩を含めて兵装の規格化が整えられていたと考えられている。 武田の赤備えが強すぎたため、「赤備え隊=精鋭部隊または最強部隊」というイメージが諸大名の間で定着したと言われる。その後、徳川精鋭部隊の井伊直政や真田信繁(幸村)が赤備えを採用したことでもこの事実が読み取れる。



慶長20年(1615年)、大坂夏の陣において真田信繁(幸村)が編成した。敗色濃厚な豊臣氏の誘いに乗って大坂城に入った信繁の真意は、恩賞や家名回復ではなく、徳川家康に一泡吹かせてもって真田の武名を天下に示す事だったと言われている。武田家由来の赤備えで編成した真田隊は天王寺口の戦いで家康本陣を攻撃し、三方ヶ原の戦い以来と言われる本陣突き崩しを成し遂げ、「真田日本一の兵 古よりの物語にもこれなき由」と『薩摩旧記』(島津家)に賞賛される活躍を見せた。



真田信繁は、真田幸村とも呼ばれ、長野県と大阪で活躍された武将です。大阪には、幸村が亡くなった神社がありまして、大河ドラマによって多くの人が足を運んでいます。

昔の武将は、占いによって、戦いの行方を導いていた事もあります。占いの内容が悪いため、戦はやめようと言う事もよくありました。 昔は、死が身近にありまして、より感覚が鋭くなり、霊感の高かった霊能力者も多くいました。以下は、占いを行うためのお勧めのお参りスポット大阪について紹介しています。 大阪に訪れた場合は、足を運んでみてはいかがでしょうか。

当たる占い情報 大阪お参り

高槻市/枚方市/島本町は、大阪の北部にありまして、京都や梅田からもアクセスが早く、お参りの後に占いに足を運んでみるのもお勧めです

占い(霊感占い)/高槻市/枚方市/島本町 神社お勧め

茨木市/摂津市/寝屋川市には、阪急沿線の高級住宅地が多くあります。中には、霊能力者の方も住んでいるかもしれません。

占いを行う前の茨木市/摂津市/寝屋川市の神社やお寺はこちら

能勢町/豊能町/箕面市には、自然が多く、多くの自然霊が集まってくるかもしれません。

占いを行う前の能勢町/豊能町/箕面市の神社やお寺はこちら

吹田市/池田市/豊中市は、京阪沿線が多く、京阪の利用をされている方にはお勧めです。

占いを行う前の吹田市/池田市/豊中市の神社やお寺はこちら

交野市/四條畷市/門真市は、大阪でも人口が多く、占い師も多くいます。その前のお参りにもお勧めです。

占いを行う前の交野市/四條畷市/門真市の神社やお寺はこちら

東大阪市/大東市/守口市は、工業地帯も多く、仕事で悩んでいる方へ

占いを行う前の東大阪市/大東市/守口市の神社やお寺はこちら

八尾市/柏原市/藤井寺市の中の藤井寺では、真田幸村が伊達政宗と戦ったという伝えがあります。

占いを行う前の八尾市/柏原市/藤井寺市の神社やお寺はこちら

羽曳野市/富田林市/河内長野市には、古墳が多く、霊的スポットも沢山あります。

占いを行う前の羽曳野市/富田林市/河内長野市での神社やお寺はこちら

太子町/河南町/千早赤阪村の中野太子町は、聖徳太子のお墓がある事で有名です。

占いを行う前の太子町/河南町/千早赤阪村での神社やお寺はこちら

堺市/松原市/大阪狭山市の中の堺市は、古代から伝わる街の発展があります。霊的に強いのではないでしょうか。

占いを行う前の堺市/松原市/大阪狭山市での神社やお寺はこちら

和泉市/泉佐野市/忠岡町は大阪湾沿いにありまして、海に関わる霊が集まってくるかもしれません。

占いを行うまえの和泉市/泉佐野市/忠岡町の神社やお寺はこちら

岸和田市/貝塚市/熊取町の中の岸和田市はだんじりで有名です。霊と関わりがありそうですよね。

占いを行う前の岸和田市/貝塚市/熊取町の神社やお寺はこちら

泉佐野市/阪南市/田尻町は、大阪の最南端地方です。霊的な力が強く和歌山県からも近くお勧めです。

占いを行うまえの泉佐野市/阪南市/田尻町の神社やお寺はこちら

淀川区/西淀川区/東淀川区は、大阪夏の陣で多くの命が亡くなりました。それらに関わる神社やお寺が沢山あります。

占いを行う前の淀川区/西淀川区/東淀川区の神社やお寺はこちら

城東区/旭区/鶴見区は、大阪城から見て東の地域、真田信繁の戦友も多く戦いました。

占いを行う前の城東区/旭区/鶴見区の神社やお寺はこちら

北区/都島区/福島区は、梅田からも近く、大阪に住んでいない方にもお勧めです。

占いを行う前の北区/都島区/福島区の神社やお寺はこちら

中央区/西区/港区は、真田信繁も足を運んだと伝わる場所が多くあります。

占いを行う前の中央区/西区/港区の神社やお寺はこちら

東成区/生野区/平野区の中の平野区は、信繁が子供を伊達政宗の家臣に預けた所で有名です。

占いを行う前の東成区/生野区/平野区の神社やお寺はこちら

天王寺区/東住吉区/住吉区は、正に信繁が陣を設けて、家康と戦った場所ですよね。

占いを行う前の天王寺区/東住吉区/住吉区の神社やお寺はこちら

阿倍野区/浪速区/西成区の浪速区にある道頓堀は、埋め立てに対して信繁も反対をした道頓堀があります。

占いを行う前の阿倍野区/浪速区/西成区の神社やお寺はこちら

大正区/住之江区は、近年の埋立地です。信繁も生きていたら喜んでいたかもしれません。

占いを行う前の大正区/住之江区の神社やお寺はこちら

以上の場所は、当たる占い情報、お参り編の大阪バージョンです。他の地域もありますので、ぜひ、足を運んでみてはいかがでしょうか。