審査の甘い消費者金融

審査の甘い消費者金融

スポンサードリンク

金欠で困った時に助かる!審査の甘い消費者金融

当サイトでは現金が足りなくて「お金を借りたい」・・・・と切実に思っている方に審査の甘い消費者金融を中心に情報を提供しております。

 

給料日前の金欠時や生活費が足りなくなってしまった人、不意の出費(冠婚葬祭)、プライベートでの出費(遊びやデート、コンパ飲み会、旅行など)、そしてその他の事情による現金の必要な状況(引越し、リフォーム、学費、養育費、車検、旅行、税金の支払い、光熱費の支払い、食費や交際費、マイカー購入、ブライダル等の結婚費用、教育ローンや介護費用など)・・・・・色々な事情で今すぐお金が必要な人に、なるべく早く、簡単に、審査が甘い消費者金融を取り上げております。

 

友人や家族、身内等にお金を借りるのが後ろめたい気持ち、気が引ける方は迷わず審査の甘い消費者金融でお金を借りるべきであります。

 

今までまだ消費者金融の利用経験の無い方や女性の方などは、最初は凄くドキドキしますし抵抗もありますが、最近の消費者金融は最初に抱いているイメージとは違い随分とお気軽かつお手軽で簡単な手続きとストレスフリーの気持ちでお金が借りれるようなシステムになっております。

 

まず一つに『来店が不要である事』です。
また以前流行っていた無人契約機等に出向く必要もない事がその理由です。

 

自分の持っているパソコンや携帯、スマホやiphonなどを使って簡単に申し込めるようになっております。
申し込んでみれば分かりますが全然ストレスなど感じません。

 

電話確認やメールでの返信などで消費者金融のスタッフとチョッピリ確認連絡の会話をする事はありますが、これも一度やってみれば分かりますが極めて簡易でストレスなどほとんど感じません。

 

簡単な申し込み手続きで早く審査が完了し、ササっと自分の銀行に即日で現金が振り込まれております。
また、消費者金融のキャッシングカードなども後日送られてきます(郵便局留めにも出来るので家族にばれません)

 

そう、今の消費者金融は昔のイメージとは違い明るく、お手軽で便利で安心して利用できます。

 

なので、これから審査の甘い消費者金融を利用してみようかと迷っている方は全然心配する必要はありません。
パソコン、携帯、スマホ、iphonで簡単申し込みで来店不要で即日でお金が借りれます。

 

特に金欠時の時にお金が借りれると本当に『助かった〜〜!』と気持ちがほっとするくらいです。

審査の甘い消費者金融とはどんな融資先?

審査の甘い消費者金融とは一体どんな融資先を言うのでしょうか?

 

簡単に説明すると・・・『審査の甘い消費者金融』『審査の通りやすい消費者金融』ということになります。

 

それ以外にも『審査の緩い消費者金融』と呼ばれる事もありますし、『審査の優しい消費者金融』と呼ばれる事もあります。

 

消費者金融でお金を借りる場合は通常、正規の登録業者であれば必ず審査というものを行います。
その審査に通らなければ消費者金融でお金を借りる事が出来ません。

 

行ってみれば「お受験」みたいなものでしょうか。

 

中学受験でも高校受験でも大学受験でも資格試験でも就職試験でも受験生は受験に合格しなければその学校や会社に行く事も出来ませんし資格を得る事も出来ません。

 

それと同じように消費者金融でお金を借りる人を「受験生」と例えるならば・・・その借り手(受験生)は消費者金融会社の審査(受験)に受からなければお金を借りる事ができないのです。

 

ただ、、消費者金融の審査場合は学校や資格試験、就職試験等の受験ほど難しいものではありません。
そして難しい試験勉強をする必要もありません(笑)

 

消費者金融会社から聞かれたことだけを正確に答えて、後は待っていれば審査結果(受験結果)はすぐに完了します。

 

消費者金融会社から聞かれる事(テストされる)事いえば・・・・自分の年齢だったり、性別だったり職業だったり、自分の居住場所だったり、年収だったり、借金歴だったりと非常に簡単なテスト(審査)であります。

 

それらの聞かれた事の内容が特に問題無ければ消費者金融の審査(テスト)に合格し晴れてお金を借りる事ができます。
そのテスト時間(審査時間)の結果発表は、わずか20分〜30分位で分かるところもあれば、1時間位のところもあり、遅いところで数日かかるところもあります(消費者金融会社によって違う)。

 

以上の事からまとめますと・・・消費者金融会社の審査基準というのは大手だろうが、銀行グループだろうが、信販系だろうが、中小業者だろうが、どこの会社も審査が甘いのが普通です。

 

世間一般で多くの家庭が利用しているマイホームローン(住宅ローン)などに比べれば数段、審査が通りやすく、融資が受けられやすく、そして融資申し込みの手続きも簡易なものであります。

 

なので、一般的に消費者金融の審査はどこも『審査が甘い』ものだとご理解下さい!

 

会社によって多少の難易度はありますが、基本的に消費者金融の審査はよほど問題のある人間出ない限り審査に通りやすく借りやすいものであります。

銀行系の審査の甘い消費者金融について

銀行系の消費者金融とは、銀行が運営しているフリーローンや無担保ローンをいいます。

 

一般的には『銀行カードローン』とか『銀行系キャッシング』と呼ばれておりますが、実際は消費者金融と全く同じサービスを行っています

 

 

つまり、無担保、無保証人で本人のみの信用力を担保にお金を貸しております。

 

 

金利や限度額なども、世の中の大手消費者金融と同じような感じです。

 

 

⇒金利4%〜18%

 

⇒限度額最高500万円

 

 

・・・・みたいな感じで、銀行カードローンとカッコつけたネーミングにしていますが、やっている事は消費者金融と全く同じです。

 

 

銀行系の消費者金融は契約すると「キャッシングカード」が受け取ります。

 

 

このカードがあれば全国のコンビニエンスストアのATMや提携銀行のATMから自由にお金を借りたり返済出来たりできます。

 

 

非常に利便性に優れております。

 

 

勿論、担保や保証人は不要でお金を借りることが可能です(この点も消費者金融と同じ)

 

 

銀行系の消費者金融は本当に審査が厳しいのか?

 

さて、ここで気になるのが『銀行系の消費者金融って審査が厳しいのではないか?』という疑問です。

 

 

世間一般のイメージからすると「銀行」というイメージだけでいかにも「審査が厳しい」というイメージを抱きがちです。

 

 

これは本当でしょうか?

 

 

これはあまり正しくはありません

 

 

銀行系の消費者金融も比較的、審査は甘いですね。

 

 

よくインターネットの「キャッシング比較サイト」「消費者金融比較サイト」などでは『銀行系は審査が厳しい』と書かれているのを見かけますが、それを書いている人は何を基準にそう思っているのでしょうか?

 

 

 

一度でも消費者金融でお金を借りた経験があるのでしょうか?

 

おそらく消費者金融で借りた経験が無い方が「銀行」という先入観とイメージだけで「審査が厳しい」と適当に書いているように思えます。

 

 

 

私自身、過去に多くの消費者金融を利用してきた経験がありますが、銀行系の消費者金融を使ってきてあまり審査が厳しいとか感じたことがありませんでした。

 

 

 

一般の大手消費者金融や中堅の消費者金融とそれほど変わらない手応えでした。

 

当時、フリーター(アルバイト勤務)だった私でしたが三菱UFJ銀行系列のの某カードローンの審査に簡単に通りましたし、三井住友銀行系、三和銀行系(現在は三菱UFJ)の銀行系カードローンもすんなり借りれました。

 

 

 

あと、銀行系の消費者金融が実は審査が甘い理由は、金利面にあります。

 

どこも金利が割高だからです。

 

 

 

割高な金利で貸している以上、質の悪い顧客の貸し倒れリスクをある程度許容した金利設定でお金を貸していることが分かります

 

 

 

確かに、どこの銀行系カードローンも、他の消費者金融よりも下限金利は安いです。

 

最近では3%とか2%という下限金利を提示している銀行系消費者金融(カードローン)も少なくありません

 

 

 

しかし、これらの下限金利は、文字通りあくまでも下限金利であり、客寄せの為のみせかけの金利といえます。

 

ほとんどの融資顧客がこの2%とか3%の下限金利でお金を借りれる事はありません。

 

 

 

まず最初の契約時は上限金利からスタートするのが普通です

 

ちなみに、銀行系の消費者金融(カードローン)の上限金利は15%〜18%というパターンが多いです。

 

 

 

安いところだと10%〜14%という上限金利の消費者金融もありますが、このレベルでも年利10%以上であり、マイカーローンや住宅ローンに比べて決して安い金利だとはいえません。

 

この銀行系の消費者金融(カードローン)の上限金利を見ると、他社の消費者金融の上限金利とほとんど変わりません。

 

 

 

つまり、銀行系の消費者金融と言えども、最初は大手や中小の消費者金融や信販系の消費者金融を変わらない高い水準の金利で貸している事が分かります。

 

 

 

銀行系とて、新規契約時では高い金利からお金を貸している以上は、ある程度の貸し倒れリスクを想定してお金を貸している事が推測できます

 

 

 

つまり貸し倒れリスクのある属性の低いお客や、過去に訳ありそうなお客も融資対象としていることが分かります。

 

 

 

実際に銀行系の消費者金融のほとんどが公式ホームページに「アルバイト、パートでもOK」と表記されております。

 

非正規雇用者のお客も融資対象としているので銀行系消費者金融決して審査が厳しいとはいえません。

 

信販系・クレジットカード系の審査の甘い消費者金融について

信販系の消費者金融は、実は我々にとっては最も身近な存在かもしれません。

 

 

もしかしたら、あなたも今すぐ信販系の消費者金融でお金を借りれる条件が揃っているかもしれません。

 

コンビニのATMに駆け込めば、いつでもお金が借りれる条件が・・・・

 

 

それはクレジットカードの存在です。

 

 

あなたも消費者金融でお金を借りていなくてもクレジットカードの一枚や二枚は持っているかと思います。

 

そしてそのクレジットカードにはキャッシング枠がついていませんか?

 

 

あなたのクレジットカードのキャッシング枠が付いていれば、コンビニエンスストアのATMや提携銀行のATMでいつでもお金が借りれます(限度額の範囲で)

 

 

もしかしたら既にクレジットカードのキャッシング枠のお世話になっている人もいるかもしれません。

 

 

 

しかし、そもそもクレジットカードのキャッシングは消費者金融と呼びません。

 

しかし、消費者金融とやっている事は全く同じです。

 

 

無担保、無保証人でカードでいつでもお金が借りれる点では。

 

同じクレジットカードキャッシングも消費者金融もフリーローンという点では一緒です。

 

 

借りれる金額(限度額)や金利も同じレベルです。

 

 

つまりクレジットカードのキャッシングはカード会社(信販会社)がサービスを行っている消費者金融業務です。

 

だから信販系の消費者金融ということになります。

 

 

ではこれらの信販系の消費者金融には審査の甘い所はあるのでしょうか?

 

 

信販系で審査の甘い消費者金融を探すコツとしては、「審査の甘いクレジットカード」を選ぶと良いです。

 

 

世間で審査の甘いクレジットカードと呼ばれているカードは大抵はキャッシング枠も審査が甘くて借りやすいケースが多いからです。

 

 

例をあげると・・・・楽天カード、ENEOSカード、セディナカード、ファミマTカード、ポケットカード、マジカルクラブカード、エポスカード、MUJIカードなどの年会費無料の流通系(ショッピング系)クレジットカードは審査が甘い事が多いです。

 

 

これらのクレジットカードのキャッシング枠も比較的審査が甘く借りやすいかと思います。

 

 

また、信販系の消費者金融にはローン専用のカードもあります(クレジットカードのショッピング枠が付いていない)

 

こちらの方が消費者金融らしいかもしれません。

 

 

例をあげるとセゾンカード、オリコカード、オリックスカードなどにローン専用のカードがあります。

 

これらもそれほど審査が厳しくはありません。

 

 

アルバイトやパートでも借りれるレベルです。

 

金利もクレジットカードキャッシング枠よりも安いケースが多いので、借りるだけが目的ならばこちらの方がよいかもしれません。

大手消費者金融系の審査の甘い消費者金融について

大手の審査の甘い消費者金融ってあるのでしょうか?

 

これはありますね!

 

 

・・・・てゆうか大手で審査の厳しい消費者金融ってほとんどありません。

 

 

大抵は「アルバイト、パートでもOK」という会社ばかりです

 

 

つまり非正規雇用者でも借りれるんですね。

 

 

大手の消費者金融会社の公式ホームページなどを見れば分かりますが「アルバイト、パートの方もお申込み頂けます」と表記されております。

 

アルバイトでも借りれるわけですから審査が厳しいわけではありません。

 

 

少なくとも住宅ローンなどに比べればはるかに審査が通りやすいのが大手の消費者金融です。

 

 

現在、フリーター、アルバイター、自営業、パート主婦、アルバイト学生などやっている人。

 

そして他社借入が多少ある多重債務者、過去に破産歴などあるブラックリスト者、クレヒスなど自信が無い方もとりあえず最初は大手から申し込んでみても良いかと思います。

 

 

多少、借入件数ある人も、過去に事故歴があったという人も『大手で借りれた!』という事例は少なくありません。

 

 

大手消費者金融の審査に自信の無いあなたが本当に借りれるかどうかを判定する簡単な方法があります。

 

それは、インターネットの消費者金融・匿名仮審査サービスを利用する事です

 

消費者金融の匿名仮審査サービス

 

 

あなたが本当に大手で借りれるかどうかをズバリ判定してくれます。

 

匿名で無料で簡単に利用できるから非常に便利です。

 

 

これであなたが借りれる大手の消費者金融が分かりますので気軽に試してみましょう。

 

中堅・中小の審査の甘い消費者金融について

あなたは中堅や中小の消費者金融に対してどんなイメージをお持ちですか?

 

 

私の場合ですが、一昔前は「怖いイメージ」、「街金のイメージ」、「高利貸し」、「闇金」、「ヤクザ金融」・・・・・・そんな歪んだイメージをずっと持っていました(笑)

 

 

あなたも、もしかしたら私と同じイメージを持っていたかも?!

 

 

確かに中小の消費者金融や地方の街金は少し怖い雰囲気の業者も存在します。

 

某中堅業者には融資を受ける場合は来店が必須で対面審査が絶対のところもあります

 

そしてさんざんお説教を受けた上で小口融資を受けられるとのこと。

 

 

そんな昔ながらの人情審査を行っているマイナー系の消費者金融も存在します。

 

 

 

しかし、今では中堅や中小の消費者金融も怖い業者はほとんど存在しません。

 

金融法の改正も行われて、大手も中堅も中小もイメージアップの為に明るい雰囲気を作っております。

 

 

 

勿論、怖い取り立てはありません(これも法律で禁じられております)

 

 

以上のことから、中小の消費者金融に対して昔ながらの怖いイメージを持つ必要はありません。

 

 

唯一、気を付けなければならないのが「闇金」の存在です。

 

昔に比べて闇金も激減しましたが、未だに残っている事も確かです。

 

 

闇金にさえ気を付けていれば、中堅や中小の消費者金融は恐れるに足らずです!

 

 

では、中堅、中小の消費者金融って実際に審査が甘いのでしょうか?

 

激甘審査って聞いているけど本当なのか?

 

 

 

これは、当たってみるともいえますし、間違っているとも言えます。

 

つまり、審査の激甘な中小消費者金融も存在すれば、一方では審査の厳しい消費者金融も存在するってことです。

 

 

 

だから全ての中堅・中小の消費者金融が審査が激甘という訳ではありません。

 

 

中には大手よりもずっと審査が渋い中小の消費者金融会社もあります。

 

 

 

中小消費者金融会社の審査基準の特徴

 

 

ここでは、中小消費者金融会社の審査基準の特徴について解説します

 

大手の消費者金融と比べてどのような違いがあるのか?

 

 

1)審査は甘くて融資を受けられ易いけど小口融資が多い

 

大手に比べて中小は確かに審査が通りやすい業者も多いです。

 

しかし、見事審査は通ったのは良いけど借りれた金額がわずか「5万円」とか「10万円」といったショボイ小口融資が多い

 

 

2)正規雇用者には審査が甘いけど非正規雇用者には厳しい業者が多い

 

これも中小業者に多い特徴です。

 

正規雇用者とは正社員のサラリーマンとか公務員です。

 

非正規雇用者とは派遣社員とかアルバイト、パートなどです。

 

 

多くの中小消費者金融業者は申込み時に「健康保険証をお持ちの方」という条件を付けてくる事があります。

 

健康保険証とはつまり、サラリーマンや公務員(共済保険など)の社会保険が完備された職場の従業員ですね。

 

 

通常、アルバイトやパートなどは国民健康保険証ですよね。

 

自営業者も国民健康保険証

 

 

中小消費者金融会社は国民健康保険証は受けつけない事が多い。

 

 

アルバイトやパートで健康保険証である事は少ない

 

 

派遣社員の場合は社会保険が完備されている事も多いので健康保険証の人も多い
だから彼らは融資も有利ということになります。

 

 

中小消費者金融会社は正社員待遇のサラリーマンにはブラックリストがあっても貸す事があるくらい審査が激甘ですが、アルバイトやパートなどの非正規雇用者には意外に審査が厳しいということになります。

 

 

 

3)担保や保証人が必要な事もある

 

一般的に消費者金融は無担保・無保証人のフリーローンが基本です。

 

しかし、中小消費者金融会社の場合は時には担保や連帯保証人を要求してくる場合もあります。

 

そうなると審査に手間がかかり借りるのは面倒ということになりますね。。。

 

いくら審査が甘くても・・・・・

 

 

来店が必要な場合が多い

 

今どき、大手の消費者金融でも銀行系のカードローンでも来店の必要は皆無です

 

全てインターネットキャッシングでサクッとお金が借りれます。

 

 

しかし中小の消費者金融会社の場合は「来店が必須」と表記されている所も多いのです。

 

来店をする事で対面審査になりますのでインターネットキャッシングに比べて審査は幾分かは甘くはなりますが、やっぱり手間がかかります。

 

 

 

地元の人間しか借りれない中小業者も多い

 

最近では大手でも中小でもインターネットを介していつでも全国どこでも借りれる事が多くなりましたが、依然として「同県にお住まいの方のみ」とか「同県・近県にお住いの方のみ」という条件を付けてくるところもあります

 

 

だから大阪に激甘消費者金融があったとしても、その消費者金融業者が「大阪、京都、兵庫県にお住まいの方のみ」という条件を付けていれば、それ以外の県の人は借りれないということになります。

 

 

 

・・・・・・・以上のことから審査が甘いと言われている中堅・中小消費者金融会社でも融資を受けるまでに意外に制約が多いことに気付きます。

 

一番理想なのはやっぱり大手や銀行系から借りれる事ですね。

 

消費者金融と当日融資

今の時代、消費者金融の世界も「当日融資」が当たり前となりました。

 

『当日融資ができない消費者金融は消費者金融では無い』・・・・という勢いです(笑)

 

 

それほど今の時代は消費者金融会社はどこでも審査の迅速性に力を入れております。
お客さんを他社に逃がさない為に・・・

 

 

やはり「借りたい時に今すぐ借りれる」は捨てがたいですよね?

 

借りたいその日にお金が今すぐ借りれる・・・・それが消費者金融の醍醐味です。

 

 

クレジットカードのキャッシングではそれが味わえない世界です。

 

 

ただ、そんなスピーディで迅速性に優れた消費者金融と言えども、ある条件を満たさないと当日融資が出来ない場合もあります。

 

これは「銀行営業時間内」、「銀行営業日」という制約があります(インターネットキャッシングの場合)

 

 

当日融資は基本的に銀行振り込み融資が普通です。

 

しかし、肝心の銀行が営業終了していたり休業日だったりすれば当然ですが当日融資が受けられません。

 

 

そんな時はどうしたら良いのか?

 

銀行がやっていなくてもどうしてもお金を借りたい時は?

 

 

そんな時は、こちらの記事が役立ちます。

 

 

消費者金融で確実に即日・当日融資を受ける方法

 

 

銀行が営業時間外でも当日融資を受けることが可能です

消費者金融と金利の嘘・本当(上限金利と下限金利のトリック)

消費者金融でお金を借りる人の多くは金利を気にします。

 

そう、、出来れば低金利で借りれればいいなぁ・・・と思っている人がほとんどです。

 

その為か、低金利をウリにしている消費者金融を選ぶ傾向があります。

 

しかし、それは正しい判断でしょうか??

 

確かになるべく金利の負担の少ない消費者金融を選ぶ事自体は間違いではありません。

 

私自身も消費者金融でお金を借りる時は金利が安い方に目が行ってしまいます。

 

 

しかし、大事な事は「果たしてこの低金利で本当に借りれるのかどうか?」・・・・が大事なのです。

 

 

消費者金融の宣伝広告でアピールされている低金利は実は「見せかけの低金利」であることがほとんどなのです。

 

 

あなたもご存知かもしれませんが、消費者金融の金利は上限と下限の差があります。

 

消費者金融の表示金利は「5%〜18%」といった感じで表示されますよね?!

 

 

5%の下限金利と18%の上限金利があります。

 

消費者金融でお金を借りる人の多くが、下限金利の5%に目が行ってしまいます。

 

 

『おぉ!!わずか5%でお金を借りれるのか!!これは安いなぁ!!』・・・・みたいな(笑)

 

 

しかし、実際に初回から5%の下限金利でお金を借りれる事はまずあり得ません。

 

 

ほとんどの方が上限金利の18%からスタートということになります。

 

 

だから、5%でお金を借りれると期待して申し込んだら実際は18%の金利だった・・・・とがっかりする人も多いのです。

 

 

消費者金融の下限金利は「みせかけの嘘金利」と覚えておきましょう!

 

 

初回は高い上限金利から借りる事になります。

 

これは大手でも中小でも銀行系でも変わりません。

 

 

 

以上のことから、消費者金融を選ぶ時は下限金利に気を囚われずに上限金利をしっかり見ましょう。

 

 

上限金利が10%とか安ければ、これは真の低金利キャッシングといえます。

 

収入証明不要?!免許証だけでお金が借りれるって本当?

最近、よく目にするのが「収入証明不要の消費者金融」とか「免許証だけで借りれる消費者金融」などの業者です。

 

 

主に大手や銀行系の消費者金融によくあるケースですが、実際に収入証明が不要でお金が借りれるものなのでしょうか?

 

 

これは『本当』です!

 

 

 

ある条件が必要ですが、消費者金融では収入証明が不要で免許証だけでお金が借りれる事もあるんです。

 

 

ほとんどの大手の消費者金融会社では「50万円を超える融資の場合は収入証明は不要」としております。

 

 

 

 

つまり50万円までの融資は身分証明書である免許証(無い人は保険証やパスポートなど)のコピーさえ用意すればOKということになります。

 

これは借りる側からすると結構、楽ちんですよね?!

 

 

 

なぜなら、収入証明書を用意するのは意外に大変だからです。

 

収入証明書は一般的に「源泉徴収票」を用意します。

 

 

 

既に手元にあれば問題ないのですが、無い場合は職場の経理課などに発行手続きをしなければなりません。

 

職場によってはその日に源泉徴収票が用意できない場合もあります。

 

 

その日に源泉徴収票が手に入らないと「即日融資」が受けられません。

 

 

 

ちなみに、源泉徴収票の代わりに「数か月分の給料明細」や「納税証明書」でもOKです。

 

 

 

いずれにせよ、収入証明書を用意するのは手間がかかる作業です。

 

そんな中で収入証明書が不要というのはありがたい話ですよね。

 

 

 

ただ、全ての人が「収入証明書が不要」、「免許証だけでOK」という訳ではありません。

 

属性面で少し難のある方の場合は、50万円以内の融資でも収入証明書が必要な場合もあります。

総量規制対象外のローンって本当に審査が甘いの?

最近、何かとよく聞く「総量規制対象外のローン」

 

いかにも『伝家の宝刀』の如く言われております。

 

 

さて、総量規制対象外のローンとは一体なにかと言いますと「年収の3分の1を超える融資が出来るローン」ということになります。

 

 

ご存知、消費者金融では総量規制という貸金法の法律に則って運営されております。

 

 

消費者金融業者がお客に年収の3分の1を超える融資をしてはいけない事になっております。

 

これに違反すると業務停止など厳しい処分を受ける事になります。

 

 

この総量規制の法律があるといくら審査の甘い消費者金融会社でも、お客が既に年収の3分の1の借金を他社の消費者金融でしていると、これ以上の融資はしたくても出来ないのです。

 

 

 

しかし、「総量規制対象外のローン」は、文字通り「対象外」なので年収の3分の1以上の融資が受けることが理論上可能です。

 

例をあげると銀行のカードローンなどが総量規制対象外のローンです。

 

 

銀行のカードローンは消費者金融と違い「貸金法」の法律とは管轄外で「銀行法」の法律に則って運営されております。

 

銀行法の法律には「年収の3分の1以上の融資をしてはいけない」という総量規制の決まりはないので、年収の3分の1以上の融資が受けられるという事になります。

 

 

 

そんな背景もあってか、インターネットでは、あたかも「総量規制対象外のローンは審査が甘い」みたいなニュアンスで書かれたサイトなどをよく見かけます。

 

では実際に総量規制対象外のローンは、本当に審査が甘いのでしょうか?

 

 

結論からいいますと、総量規制対象外だからといって審査が甘いという訳ではありません。

 

むしろ銀行のカードローンに多い総量規制対象外のローンは、総量規制の消費者金融よりもやや審査が厳しいでしょう。

 

 

つまり「年収の3分の1以上借りれる」のと、「審査が甘い」のは別問題といえます。

 

 

だから、総量規制対象外だからといって銀行カードローンに過度な期待はせずに「審査が通ったらラッキー?」・・・・といったお気軽な気持ちで申込むのがよろしいかと思います。

 

 

いずれにせよ、、既に年収の3分の1以上借りている人にとっては総量規制対象外のローンは非常に魅力的であることには変わりありません。

 

銀行のカードローンは、消費者金融よりもやや審査が厳しいとはいえ、それでも「アルバイトやパートでもOK」としている所が多いので、審査が非常に厳しいというわけではありません。

 

 

「消費者金融よりもやや厳しい」・・・・と言ったレベルです。

 

 

あと、余談では総量規制対象外の銀行カードローンは専業主婦の方も借りれるところが多いので、その点も専業主婦にとっては有りがたいのではないでしょうか。

 

 

 

消費者金融の歴史

 

質屋から消費者金融に

 

消費者金融の前身は「質屋」です。

 

 

質屋は最近あまり聞かない斜陽産業の一つですが、今でもたまに街で見かけますよね?

 

 

ブランド物のバッグや高価な時計、家具などを質屋に預けて、それを担保にお金を借りるというシンプルなスタイルのビジネスモデルです。

 

 

期限内に質屋の借金を返済できないと、預けた物は没収されてしまいます(質流れ)

 

 

消費者金融が出来る昔は「銀行以外でお金を借りる=質屋」というイメージが強かったのですが、今ではいつの間にか「銀行以外でお金を借りる=消費者金融」というイメージにとってかわりましたよね。

 

 

消費者金融は昔は「サラ金」と呼ばれていた

 

スポンサードリンク

 
 

ホーム サイトマップ