トップヘもどる >  戻る
犬の散歩と土いじり
小品のシンパクでシャリの有る山取りもののような育て方をする人が居ました。
自然のシンパクでは小さくてシャリが有る物はほとんど有りません。
小苗に曲を付け皮を剥いて作り上げるのです。
欠点は木部が白身で腐敗が早いのです。
最近は、大きなシャリ付きの木に根や枝を接いで沢山の小品に分割する方法が試みられているようです。

過去長いこと鉢底にゴロ土を敷くことが常識になっています。
水は重力水が下へ降りて滞水層となる。
ここをゴロ土で改善しようと言うことですが、必要の是非が問題となる訳です。
また、土が締まると空気の通りが悪くなり酸素が不足するという問題を言う人も います。
練炭と蓮を例にとって話を進める人がいます。
これは根が呼吸する事を重要だと捕え、植物生理の基幹を知って貰い鉢の用土の気相の必要性を示すために行われます。
鉢土の自由空間率を確保する事うんぬんと言うことです。
それによって、鉢内の水が生き水になるか死に水になるか分かれて植物に影響するというのです。
しかし、鉢土が単粒構造であっても、そこに滲み込んだ水はガスを追い出します。
植物が水を吸収すると鉢土の水が減少した分には空気が入り込んで来ます。
この繰り返しで常に鉢に新しい酸素が供給されるので小さな鉢の中が酸素欠乏には成り得ない事実もあります。
 そうかも、 違うかも

我が家の女主人様はフルートの奏者です。
ステージでは気分が高揚し過ぎる嫌いがあって、実力の何分のⅠしか出なかったとか言っています。
そんな女主人様が家で練習するときはいつも犬が傍にいるのです。
これはいつの頃からか分からないくらい昔からのことなのです。
この練習会の途中では犬を散歩に連れ出す事もできません。
何故か女主人様と犬がセットになって組み込まれた風景なのです。
そして演奏が盛り上がってくると犬が上を向いて伴奏したり、先導したり恍惚の世界が広がっているのです。
改めて言うまでもないけれど、犬という不思議な動物はいつでも女主人様と一緒にいたくて、例え火の中水の中どこでも一緒に行ってガードしたいのです。


コシダ

匂い半夏

書体草

ぎぼし

はなやすり

日々是好日 豆蔦

みず

びわの種

じゃのひげ

ひよどりじょうご

朝霧草

もうせんごけ

もうせんごけ-2

もうせんごけ-3

いたびかづら

大いたび

姫いたび

蔓正木


いちい
もみじ

匂いカエデ
黒松
小まゆみ
槙柏
杜松
なつづた

竜神蔦
ほうの木
小藤
米栂
なつはぜ
猫の乳
いぬびわ
つりばな
くちなし
えのき

赤松
石化檜
ざいふり木
いぼた
つるぐみ
しゃしゃんぽ
寒ぐみ
いちょう
あけび
ケヤキ
テイカカヅラ

宮様楓
いわしで
さわしで

うば玉

大鳳玉

黄鳳玉

長城丸

菊水

帝冠

黒牡丹

大疣連山

岩牡丹

花牡丹

象牙牡丹

青磁牡丹

三角牡丹

アガベ牡丹

花篭

シャボテン

日輪玉

大観玉

大典

王将

金鈴玉

臥牛

乙女の花笠

千代田錦

子宝



もどる
猫好き家族のアメリカン・ショートヘアー    力を抜いたラグドール  誇り高きライオン シー・ズー  水着が欲しいラブラドール・レトリーバー   
概要
あけびは季節を感じさせる秋の味覚です。実は熟してくるとぱっくり口をあけたように裂けることから、「開け実」→「あけび」になったと言います。実は食用、木部は薬用または木製品とし利用価値の高いつる性植物です。 赤松は黒松よりも古くから盆栽として育てられました。一説によれば、武家においてその発達があり、出陣を前に心の平静を得ようと茶と共にたしなんだと言われます。 下克上・戦乱の時代に荒んだ心のより所を盆栽に求めるが故に武家において培養が盛んになり、それが次第に一般化したようです。盆栽は心の余裕を培うことを目的として発生したという、盆栽の精心論です。 これは、盆栽趣味は老人のものという現在の一般の考えではありません。盆栽の基礎として、中国より植物を鉢に植えて楽しむことが伝わっていたようです。赤松と黒松の違いは、幹の肌色は赤松は赤みが強い。 松葉は、黒松の方が太く長い、赤松は細く短い。枝振りは黒松が太く直線的であるが、赤松は細く繊細な感じがする。
アミグダリンというのは植物毒の一種で何の効果も無いのが現実です。
榎は神の宿る木と言われています。街道筋に巨大な幹の枝や根がのたうつ樹木です。秋には1センチ位の丸い実が成り小鳥のえさになります。ヤドリギが好んでこの木の枝に取り付きます。 昔は榎を街道の一里塚に植えた所が多く、老木が残っています。 いちいは山地や北の方に生育しています。大きいものでは20m直径2mになります。葉は平たい線形で枝には左右2列に並びます。果実は秋に赤く熟し食べられます。 庭に良く植えられるキャラボクはいちいの小型潅木状のものですが、葉は2列でなく小枝を取り巻くように着きます。鳥取県大山の群生はダイセンキャラボクと呼ばれて天然記念物です。 もみじと楓は雑木盆栽の中心。紅葉はとても美しい。春・夏・秋・冬の景色を表現してくれます。春の芽出しもとても可愛い。
寒ぐみとは、なわしろぐみ (苗代グミ)の盆栽用選別品。日当たりの良い暖地の山の、乾燥気味の土地に生える。海岸付近にも多い。渋みが充分あるので日曜小品盆栽には良い樹種。
松柏盆栽のなかでは、黒松と並び代表的樹種です。寿命は長く、成長遅鈍、神付き古木が尊重されます。槙柏は石灰岩の山に生えています。葉が貝塚イブキのように丸くて細いが、杉のような葉も出ます。 成長過程で部分的に枯れたり、虫食いなどでジンやシャリと呼ばれる骨状部が出来てこれが見所となります。
天に穂先を突き上げています。穂先はなんでしょう。ここはつくしんぼの頭のように胞子が入っています。 この植物は、羊歯類のはなやすりなのです。
シャボテンを語る時、良く奇想天外という言葉が出てきます。実は奇想天外という言葉は植物の名前なのです。一科一属一種という珍植物として有名な奇想天外(ウェルウイッチア ミラビリス)という裸子植物なのです。
犬の性格・DNA。
犬ははるか昔に人と共に生活するようになりました。
そして長い間にそこの人たちと同じような行動をするようになり、犬を使う目的に最適な性格のものを選別するようになってますます固有の性格や形質を持つようになったのです。
日本犬は猟に適した性格を持ちますが、海外ではいろいろな目的に適したようになっています。
スパニエルやレトリーバーは鳥の猟の為に改良された犬です。
訓練しやすく、運動不足にならなければ丈夫でトラブルの少ない犬種です。
鳥を見つけてそれを鉄砲で撃ちその鳥を回収する行為の中に組み込まれた行動であって、そこには闘争が無いのです。
ハウンドは砂漠型で視覚で獲物を見つけ長く走って獲物を追うタイプは長距離を走る運動が必要です。
臭覚型ハウンドは匂いを頼りに獲物を追い詰めるタイプです。
この犬種は臭覚を元に捜索や救助作業にも適しています。
作業犬は人と作業することを喜び、訓練も高くできます。
大型犬から超大型犬は小型犬に比べて寿命が短いのです。
しつけがしっかりと出来ないとコントロールが難しく安易に飼うべきではありません。
テリア種は大きなエアデール・テリアから小型のノーフォーク・テリアなどがいます。
比較的寿命が長く、被毛の手入れに時間がかかる種類が多い。
トイ・グループと言われる小型犬から超小型犬は愛玩用として容姿を第一に選択されたもので性格はどちらかと言うと二の次であり、見た目は良いが言う事を聞かない犬種なのです。
幼児のいる家庭やこれから子供が産まれる家庭には向かない。
コンパニオン・ドッグと呼ばれる犬種はいろいろとあり、その中からぴったりと合うものが見つかるかもしれません。
ハーディング・グループは牧羊などの作業に適応した犬種で訓練やアジリティに入りやすいが、運動も欠かせない。
1つの花序に雄と雌の花がつく。
枝が違うとこの成熟の時間がずれることがある。
人工的な交配は必要。
ボンサイは自然より弱いと考え、必要な部分に交配して確実に結実させたい。
ポイントは次の通り。
まず雨に当てない。
光の通る屋根の下などに置く。
灌水も頭からかけず、鉢土にかけるようにする。
結実させたい鉢は、他のものとは別に管理するのが確実である。

お好み  TOPへ > 戻る
ペットの抜け毛取り ピロコーム   ピロコームとは