817 Acres Coast Transit Co. > Route Bus > City Bus > 舞浜リゾート線 > 沿線風景の移り変わり

 


 舞浜リゾート線 沿線風景の移り変わり

 舞浜駅

 1988年12月1日 JR京葉線の 南船橋/西船橋〜新木場 間の暫定開業時に開設された駅で、一部東京ディズニーランドのバックステージ部分を転用している。駅ロータリーに接する、運動公園から東京ディズニーランド・トールゲートまでの道路は、舞浜駅前広場の開設に伴い、一部東京ディズニーランド側へ移設されている。現在の、東京ディズニーランドペデストリアンデッキが、東京ディズニーランドバスターミナル入口に架かる付近から、現在の舞浜駅ターミナルの入口の信号付近までは、直線で結ばれていた。

駅前の噴水は、開業当時から。バスターミナルの待機スペースの使用開始は2000年ごろ。

建設中のIKSPIARI  1993年ごろの予定では、東京宝塚劇場が建つことも計画されたが、結局はショッピングセンターとなり、劇場はシルク・ドゥ・ソレイユ シアターとして実現した。

オリエンタルランドのショッピングセンターへの進出、という言葉が当時よく使用されたが、1979年3月にショッピングセンター ユニモール(美浜東団地バス停そば)と、1979年9月にショッピングセンター パークスクエア(リブレ京成前/サンコーポ西口)が、それぞれオリエンタルランド直営のショッピングセンターとしてオープンしている。オリエンタルランド交通から東京ベイシティ交通に商号変更するまで、バス車内放送でサンコーポ西口/リブレ京成前(ショッピングセンターパークスクエア前)、美浜東団地(ショッピングセンターユニモール前)と、それぞれ副名称がついていた。ユニモールにはオリエンタルランドのもう1社の株主の三井不動産の系列である、ユニマート(株式会社ユニリビングのスーパーマーケット事業  現在はマルエツに譲渡済み)がキーテナントとして入店していた。なお、両ショッピングセンターとも1994年2月にオリエンタルランド100%出資の舞浜コーポレーションの運営に移っている。

イクスピアリ建設に伴い、現在の東京ディズニーシーあたりに大量の土が運び込まれ、その後、イクスピア理建設地に移動され、土地の地盤強化に使用された。建設に伴い、東京ディズニーランド・パーク内から建設予定の建物がどのくらい見えてしまうか、アドバルーンを使用して確認作業が行われている。

なお、イクスピアリ予定地は、フラワーガーデンという名称で、本社駐車場をゲスト開放する際には従業員駐車場として活用されていた。 左 1999年ごろ 右 2009年4月13日

 

 

第2テーマパーク/東京ディズニーシー建設に伴い、建設従業員輸送のため、東京ディズニーランドバスターミナルより、東京ディズニーシー建設現場への従業員専用の循環バスの運行が行われた。

オフィシャルホテル/MRCC駅付近

オフィシャルホテルは1986年7月20日開業・サンルートプラザ東京以来、シェラトングランデ・トーキョーベイ ホテル&タワーズ(1988年4月14日)、ヒルトン東京ベイ(1988年7月2日)、第一ホテル東京ベイ(1988年7月8日)、東京ベイホテル東急(1990年5月2日)、東京ベイ舞浜ホテル(2007年3月3日)の順に開業している。第一ホテル東京ベイはリージェント・パークホテル、東京ベイ舞浜ホテルは日航ホテルとして、もともとは計画されており、第一ホテル東京ベイはホテルオークラ東京ベイに2002年4月1日にフランチャイズの変更が行われている。

地区内のバス停はホテルの開業、改称に伴い、随時変更されているが、1988年12月1日開通当時と現在ではすべての停留所名が変更になっている

・現:シェラトンホテル・ホテルオークラ

1988年12月1日 第一ホテル・シェラトンホテル → 1998年5月6日 シェラトンホテル  第一ホテル (各ホテル前に分離)   → 2001年7月27日 シェラトンホテル・第一ホテル → 2002年4月1日 シェラトンホテル・ホテルオークラ)

・現:ヒルトンホテル・東急ホテル)

1988年12月1日 ヒルトンホテル → 1990年5月2日 東急ホテル・ヒルトンホテル → 2001年7月27日 ヒルトンホテル・東急ホテル)

・現:サンルートホテル・舞浜ホテル

1988年12月1日 サンルートプラザ東京 → 2007年3月3日 サンルートホテル・舞浜ホテル

 

2000年4月ごろ (他も)

2009年10月4日

 

 

 シェラトンホテル・ホテルオークラ 〜 東京ディズニーシー

 この区間は、1998年05月06日 〜 2001年7月26日 第2テーマパーク(現在の東京ディズニーシー)の建設工事が行われ、既存の道路が敷地内にかかってしまうため、海側に外周道路が付け替えられており、旧区間は現在は東京ディズニーシーの敷地内にあり、当時をしのぶものはまったくない。

東京ディズニーシーは1980年台中旬にはすでに構想が出されていたが、海側の土地が浦安市の墓地公園が予定されていたため、構想からパークオープンまでは時間がかかった。浦安市墓地公園の予定地を除くと現在の東京ディズニーシーの3/2〜2/1程度の敷地であり、集客が見込めないとの理由で計画されていた浦安市墓地公園の移転が計画、実行され現在の姿になった。浦安市墓地公園は、現在の1紺妥戝鎮論の終点、日の出南に位置している。

 

2000年4月ごろ

2008年4月12日

 

1991年8月28日

この道路は、新浦安方面からの若潮通りが途中でオフィシャルホテルを挟む形で分岐し、ヒルトン東京ベイと東京ベイホテル東急の間の交差点で合流していた。当時はバスが通る道ではなかったが、1988年5月〜1988年11月30日まで、各ホテル共同の従業員輸送バスが、舞浜車庫とを結んで運行されていた。

2006年9月2日

東京ディズニーシー建設に伴い、外周道路が付け替えられ、現在系統をはじめ、ホテルに発着する空港行きバスも通過するようになった。

 

1991年8月28日

当時のは、この写真中央付近にある交差点を曲がっており、左がオフィシャルホテル、右正面方向が若潮通り/新浦安駅方向

2000年4月ごろ

左の写真の現在地 若潮通りの突き当たりは、東京ディズニーシーホテルミラコスタのドライブウェイへ続き、袋小路となった

 

 

 

1990年11月24日

東京ディズニーシーの建設に伴い、旧来のルートは東京ディズニーシーの敷地内になることから、現在の外周道路へと付け替えられた。この写真の撮影地点は、現在では東京ディズニーシー・パークの インディ・ジョーンズ・アドベンチャー:クリスタルスカルの魔宮 が建っているあたり

 

 2009年11月8日

1991年8月28日

遠く千鳥地区を望み、北海道の原野を彷彿させる風景が広がる。浦安市の墓地公園は、こ現在の運動公園の南側から、現在の東京ディズニーシー トールゲート付近〜SSコロンビアあたりに計画されていたが、運動公園の敷地形状を変更し、墓地公園を日の出地区に移転し、現在の土地を捻出した。

 

2006年9月2日

左の写真の同一地点。

1991年8月28日

ポツンと、千鳥地区最南端にある航空灯台が目立つ。当時進出企業はほとんどなく、現在の千鳥車庫前の道路も片側1車線の簡易舗装であった。

 

 

東京ディズニーシー内のアトラクション ディズニーシー・トランジットスチーマーラインの船舶は、隅田川造船(JR京葉線が東京駅方面から潮見駅手前で地上に上がる付近にある造船会社)にて建造されたが、東京ディズニーシーへの回送は、東京湾を自力で回送された。東京ディズニーシー内のトランジェットスチーマーライン航路と東京湾はつながってはおらず、当時この間を開削して船を通したという話が残っているが、実際に開削されたのは排水用の水門を作るためであった。この写真左側のコンクリートは古いままであることから、実際にはクレーンにて釣りあげられたであろうと思われる。2009年9月26日

 

2000年4月ごろ

 

 

2006年12月29日

 

2000年4月ごろ

 

2008年12月20日

 

2000年4月ごろ

 

2009年10月4日

 

2000年4月ごろ

東京ディズニーシー建設時、現在の運動公園と大新東舞浜営業所/ユーラシア の間に取り付け道路が作られ、この付近にNo.1ゲートがあった。2000年4月5日に外周道路が2年ぶりに一般供用されたが、この付近に建設道路とのクロスオーバー地点があり、現在でも歩道の舗装の違いで跡地がわかる

 

2007年8月19日

現在も、舗装の違いが残る、旧No.1ゲート付近

 

第2テーマパーク/東京ディズニーシー建設に伴い、建設従業員輸送のため、東京ディズニーランドバスターミナルより、東京ディズニーシー建設現場への従業員専用の循環バスの運行が行われた。ルートは東京ディズニーランドバスターミナル・アネックス(現在の東京ディズニーランドバスターミナル7〜13番の乗り場)〜現:運動公園交差点〜No.1ゲート(現:運動公園と大新東舞浜営業所/ユーラシアの間の道路)〜建設現場 で、第1/第2工区と第3/第4工区の2ルートに分かれていた。運行は東京ベイシティ交通が受託し、東京ベイシティ交通1067号車1068号車と、千葉中央バス/京成バスの車両が使用されていた。なお、千葉中央バスは舞浜車庫で夜間駐泊も行われていた。

 

 

 

動公園側から見た、TDS 立体ゲストパーキング 左 2000年4月ごろ 右 2009年10月4日

 

TDSバスターミナル付近から、東京ディズニーシーホテルミラコスタ方向

この左側には、東京ベイシティ交通舞浜第2車庫があった。1983年3月18日開通(東京ディズニーランドのグランドオープンは1983年4月15日)の、東京ディズニーランド線(東京ディズニーランド直通バス 浦安バスターミナル⇔東京ディズニーランド )の運行のために開設された営業所で、いすゞCJM600Vが35台(社番2001〜2035)、日産ディーゼルK-U31NAが20台(社番2236〜2256 2249は欠番)の、合計55台が配属され、ピーク時には1分間に2台の運行が行われていた。JR京葉線の開通に伴い、順次浦安駅利用から舞浜駅利用に利用者がシフトし、1990年ごろに廃止になり、舞浜車庫に統合され、その後はオリエンタルランドの作業所として使用されていた。

 

2009年10月31日

2005年2月に東京ディズニーシーバスターミナルの改修が行われ、3バースから現在の9バースになり、バスターミナル出口付近も、ホテルミラコスタの守衛小屋裏から現在の位置に変更になっている。旧出口は、歩道側はきれいに整備されているが、車道側には若干の跡が見て取れる

 

 

 

1990年1月12日

京葉線開業と前後し、オフィシャルホテルが続々オープンし、日D車は順次当時の京成グループ貸切カラーKaNaCカラーとなり、ホテル循環線へ転用され、一部は京成電鉄へ貸出されていた。写真の、「京成電鉄」の表示を出している車両が停止しているあたりは、京成バスや千葉中央バスなどが、ホテル従業員輸送などで休憩のために使用していたスペースとして使われていた。

 

2009年10月31日

旧:舞浜第2車庫は、現在はホテルミラコスタのドライブウェイと車寄せのエリアになっている

 

 

2000年4月ごろ

従来、オリエンタルランドの納品車用の入口は、現:シルク・ドル・ソレイユ シアター横のアドミゲートであったが、東京ディズニーシー建設に伴い、東京ディズニーシーバスターミナル向かいの、舞浜リゾートライン車両基地下に変更されている。

2007年5月26日

早朝5時台、キャスト輸送用バスが大新東舞浜営業所より順次回送で入構していく

左 1989年7月27日 右 2008年4月27日 

 

「オリエンタルランド駐車場前」は、株式会社オリエンタルランドの従業員駐車場の事で、現在の東京ディズニーシーバスターミナル入口付近にあった停留所。乗降はほとんどなく、ごく稀にオフィシャルホテル内の店舗と本社間を移動するオリエンタルランドの従業員が利用する程度で、誤乗時の緊急下車的な意味合いの停留所であった。この停留所と第一ホテル・シェラトンホテル(現:シェラトンホテル・ホテルオークラ)との間は、当時から一般路線バスの停留所間距離最長であった。

停留所のポールも、当時のオリエンタルランド交通のカラーに準じている。

 

2000年4月ごろ

 

2009年10月4日

 

 

 

 NTT浦安前 〜 市役所入口郵便局前

 左 1989年12月31日 右 2009年3月27日

埋立地ではない元町地区から、市役所入口郵便局前から中町と呼ばれる、第1期埋め立て地に入る。この辺りは当時から景色は変わっていないが、木々は大きく成長した。