おくのほそ道


松尾芭蕉が弟子の曾良を伴なって旅をした「奥の細道」。

芭蕉があこがれていた、歌枕の地「みちのく」を

目指した旅である。

江戸から出発して東北を廻り、北陸をへて大垣までの

600里(約2340km)、約5ヶ月間の旅であった。

そのうちの約2ヶ月間が「みちのく路」である。

ここでは、福島県の「白河の関」から

山形県の「鼠ヶ関」を越えて北陸へぬけるまでの、

「東北みちのく路」にスポットをあててみた。




各地の芭蕉像     芭蕉の足跡をたどる


※更新情報
*芭蕉像・・・福島・文知摺観音追加(2002. 7. 22)
*足 跡・・・福島・文知摺観音追加 (2002. 7. 22)
太字の地名をクリックすると、その地の句を表示します

<東北みちのく路編>


「おくのほそ道行の芭蕉と曾良」
森川許六筆


「芭蕉坐像図」


松尾芭蕉

1644年(正保元年)、伊賀上野(三重県上野市)の赤坂町に生まれる。幼名は金作。6人兄弟の次男。
19歳の頃から主君の俳諧の相手を務める。
29歳で江戸に出る。
39歳の時「武蔵曲」発刊、初めて「芭蕉」の号を用いる。
深川の芭蕉庵に住み、
「古池や蛙飛こむ水の音」
の名句などを成る。
46歳の時、陸奥へ旅立つため芭蕉庵を人に譲り、
「奥の細道」の旅に出発。
51歳で没・・・
最後の吟「旅に病んで夢は枯野をかけ廻る」・・・

Top