キカラスウリ(黄烏瓜)
Since 2008/06/29


 相生スポーツセンターの近くで見つけたキカラスウリを、3年前から実生で育てているのですが、今年初めて花が咲きました。その様子を写したのが下の写真です。夕方19時ごろに咲き始め、21時ごろに満開になり、翌朝5時過ぎにはしぼみはじめました。撮影は2008年6月28〜29日。

 キカラスウリの根は1メートル以上にも伸びる長いもので、それからとったデンプンは「天瓜粉(てんかふん)」と呼ばれ、「汗知らず」に用いられます。また漢方では、根や種子を解熱などの目的で薬にするそうです。 

(写真はクリックすると大きくなります。)


種子の比較


開花3時間前


翌朝5時


花の経時変化


「花便り」に戻る

メールはこちらへ
tonbiiwa@gmail.com