王子が岳(岡山県)
Since 2009/05/28



 玉野市街から国道430号を西へ10`ほど行った右手に国民宿舎「王子が岳」があります。その裏手にそびえているのがこの山です。標高は234bと低いのですが、海岸から屹立し、巨石が積み重なった山容はなかなか迫力があります。頂上まで自動車道路が通じ、レストハウスや駐車場なども整備されています。眼下に広がる絶景だけでなく、ボルタリング(フリークライミング)やハングライダーの適地としても有名なようです。

 2009年5月19日、自動車で児島唐琴町側から登ってみました。好天でしたが観光客はチラホラ。平日(火曜日)ということもあってか、ボルダーらしき人やハングライダーは見当たりませんでした。駐車場には野良猫が、何匹もたむろしていました。 

  (写真はクリックすると大きくなります。)

 国民宿舎東端付近の海岸から見た王子が岳です(右端に少しだけ写っているのが国民宿舎)。

 中央の屋根がドーム状になっている建物は、現在は使われていないような様子。この建物の左手に登山道の標識があります。

 上の写真の左端のピークを拡大した写真です。

 下欄の写真はいずれも、このピークの頂上付近の岩の上から写したものです。

 頂上付近から海側に突き出た岩の間から覗いた海岸線です。

 足元の岩には「No3 川鉄健保」と刻印された直径10aぐらいの鋲が埋め込まれていました。

 建物は国民宿舎です。

 一段下の岩(上の写真の中央に写っている岩)まで降りる途中、水上スキーを引いたモーターボートがやって来ました。

 右端に少し写り込んでいるのが目指す「一段下の岩」です。

 「一段下の岩」から見下ろした風景です。建物は国民宿舎。

 中央付近に何やら祭壇(石積み?)のようなものが確認できます。

 同じ岩から「祭壇のようなもの」の右(西)側を見た風景です。

 右手に登山道らしきトレイルが見えます。頂上の岩峰を迂回しているようです。直登ルートは見当たりませんが、冬季に沢を詰めれば、ザイルなしでも登れそうです。

 同じ岩から東側を見た風景です。

 左上隅に王子が岳のランドマーク、「ニコニコ岩」が写っています。 

 「ニコニコ岩」付近の望遠写真です。

 時間の都合で今回は「ニコニコ岩」へは行きませんでした。


「他府県」に戻る

メールはこちらへ
tonbiiwa@gmail.com