シモツケマルハバチ(下野丸葉蜂)の幼虫
Since 2009/05/22



 
幼虫がもっぱらシモツケの葉や花を食べるハバチです。ハバチ(葉蜂)類はハチの中でも原始的な種類で、高等なハチのような腰のくびれや毒針が無くて、人を刺したりもしません。幼虫は特定の植物をだけを食べる単食性≠フものが多く、我が家では例年、コブシにコブシハバチ、アケビにアケビコンボウハバチが発生します。

 下の写真は我が家(兵庫県相生市)の庭のシモツケに付いていたものです。撮影は2009年5月22日。下地の方眼紙は1目盛1ミリメートル。 


「生きもの便り」に戻る

メールはこちらへ
tonbiiwa@gmail.com