津山城(鶴山公園)の桜(岡山県)
Since 2009/04/14



 2009年4月9日(木)、桜を観に津山城(鶴山公園)へ行ってきました。西日本屈指の桜の名所といわれるだけあって、さすが≠ナした。しかし、ソメイヨシノの宿命であるテングス病がかなり目に付き、「先行きに不安」を感じました。

 津山城は関が原の戦いで徳川方として活躍した森忠政が13年の歳月を費やして1616年に完成させたお城です。当時は5層の天守閣を備えた本格的な平山城だったそうです。明治6(1873)年の廃城令によって石垣を除く全ての建物が取り壊され、現在は鶴山公園として整備されています。真新しくて場違いな備中櫓は2005年に復元されたものだそうです。

 「さくらまつり」の期間中はお城の周囲に臨時の駐車場が多数設けられます。私は文化センター前の臨時駐車場(500円)に停め、裏門入口から入りました(入園料210円)。

(写真はクリックすると大きくなります。)

 

「他府県」に戻る

メールはこちらへ
tonbiiwa@gmail.com