ウンモンスズメ(雲紋雀蛾)の幼虫
Since 2007/10/17



 我が家の畑と水田の間のあぜ道で、あざやかな緑色のイモムシを見つけました。サツマイモを植えている畝のすぐ近くなので一瞬、「エビガラスズメの幼虫かな?」と思いましたが、よく見ると体表面に顆粒状のブツブツがあって、様子が違います。自宅へ持ち帰って、インターネットの「幼虫図鑑」と見比べて、ウンモンスズメの幼虫と判定しました。(撮影日:2007/10/16)

 幼虫はケヤキやマユミの葉を食べるようです。それが何故サツマイモを植えた畑のあぜを歩いていたのかは分かりません。ケヤキの木は30〜50b離れた場所に2本あります。

 成虫は全身が薄緑色のきれいな蛾で、羽を広げたときの大きさは60〜70_あります。今夏一度、実家で捕獲したのですが、そのとき撮影した画像ファイルを、カメラの操作ミスで消してしまいました。

 (写真はクリックすると大きくなります。)


「生きもの便り」に戻る

メールはこちらへ
tonbiiwa@gmail.com