岩神神社の揺るぎ石(岡山県)
Since 2009/04/14



 岡山県赤磐市にある「揺るぎ石」は長さ5mほどの巨石で、台石の上に微妙なバランスで載っていて、人の力でシーソーのように動くらしい、と知人から聞きました。

 インターネットで所在地を探したところ、すぐ分かりました。「ドイツの森 クローネンベルグ」のすぐ南の岩神山(240m)南麓にある岩神神社の境内のようです。県道257号沿いの惣分地区に入口の標識があるということなので、2009年4月8日(水)、ドライブがてらに出かけてみました。

 下のような標識(石碑)がすぐに見つかりました。傍に駐車スペースもあるのでそこに車を置いて徒歩で岩神神社へ向かいました。 


 標識から同神社まで、約20分かかりました。途中の参道はきれいに掃除されていました。境内には新品の簡易トイレがあり、入ってみたらまったく汚れておらず、どうやら私が使用者第1号のようでした。4月の第3日曜日がお祭り(岩上様祭り)のようなので、その準備が進んでいたのかもしれません。

 境内には烏帽子岩や畳岩などと名付けられた巨石があり、お目当ての揺るぎ石はそれらの奥にありました。妻を傍に立たせて撮影したのが次の写真です。

 本当に「揺らぐ」のかどうか確かめようと、石の端を持って上下に動かそうとしましたが、ビクともしませんでした。それではと上に登り、石の両端に立ってみましたが、それでもピクリともしませんでした。私の体重は約70kgです。

 帰宅後インターネットで探したら、「坂出のゆるぎ岩と違い横に揺れました」というレポートが1件見つかりました。そうか、横揺れだったのか!。てっきりシーソーのように、上下に揺らぐものだと思い込んでいたので、横に揺らすことは思いつきませんでした(残念)。次の機会には「横揺れ」を試してみたいと思っています。 


「他府県」に戻る

メールはこちらへ
tonbiiwa@gmail.com