ユスラウメ(梅桃)
Since 2008/04/07
Last updated on 2009/02/06


 2年前実家に植えたユスラウメに初めて花が咲きました。サクラやリンゴと同じバラ科で、それらとよく似た花です。

 もともとは観賞樹でしたが、近年は家庭果樹として植えられています。6月ごろに赤く熟する果実で、果実酒(梅桃酒?)をつくる予定です。

 中国には異名が多く、梅桃、桜桃、山桜桃、李桃、玉桃など25以上に及んでいるそうです(週間朝日百科「世界の植物54」より)。

【追記 2008/06/06】 梅桃酒の仕込み

 昨日、梅桃酒を仕込みました。熟した果実約200gを氷砂糖30gと一緒に、ホワイトリカー(35%)400mlに漬け込みました。下の果実の写真は収穫直前に撮影したものです。光沢があってツルッとしていると思っていた果実の表面に、うぶ毛のような短い毛が生えていることを、写真で見て知りました。

【追記 2009/02/06】 梅桃酒の試飲

 まず水で2倍に割って飲んでみました。酸味は少なく、ユスラウメ特有の苦みを少し含んだ風味がほのかに感じられる淡泊な(やや物足りない)味でした。次にストレートで飲んでみました。風味はいい線ですが、私の舌にはアルコール(推定濃度25%)の刺激がやや強すぎました。色はきれいなバラ色です。下の写真(下段右端)で、左のグラスが水割り(1:1)、右がストレートです。 

 (写真はクリックすると大きくなります。)


2008/04/04


2008/04/04


2008/04/04


2008/06/05


2008/06/05


2009/02/06


「花便り」に戻る

メールはこちらへ
tonbiiwa@gmail.com