ようこそいらっしゃいました〜。

ここは毛がふさふさな生命体とゲームと買い物が大好きな常にマイペースの

羽衣(うい)のサイトです。

ブラックになっているときは憂(うい)と名乗ったりします。実は隠れ健康オタク気味…。

普段はまったりとカキコ時に毒舌にカキコしていきます。

モットーは何も信じず何も疑わずただあるがままを受け止める。

物事に先入観をもたない…なはずなのですがよくドジ踏んでパニックになってます(>Д<;)

猫の腹毛に顔をうずめるのが最近の最高の癒し&贅沢です(〃▽〃)

できるだけネガリは書かないように心がけてはいるのですが

たまーに愚痴も書いてますが生ぬるい目で見てやってください。

手厳しい意見でも構わないのでお気軽にいつでも日記にコメントどうぞ〜。

当サイトはリンクフリーですがリンクの際はmailにてご連絡してしていただけるとありがたいです。

バナーを御利用になる場合は右下のものを持ち帰りご使用ください。

できれば直リンはお控えくださるとありがたいのですがトップページ以外の日記ページへのLINKでも必要とあれば可です。

相互リンクして頂ける方ところも募集しております。  黒猫と白い鍵と夜明けの扉     黒猫と白い鍵と夜明けの扉

                         「88×31」        「200×40」

御連絡先はこちらまでkuronekotosiroikagitoyoakenotobira@msn.com          

 

 ECO暦は2次βより参加、各鯖に3キャラずつ持ちキャラがいます。

(ただしメイン以外はクエをあぶれさせず季節イベント消化で精一杯)

垢は二垢ですが稼働しているのは基本片っぽだけです。

このゲームの運営や開発のやり方は大嫌いですが

未だに続けているのは

やっぱりプレイヤーの人たちがいい方ばかりだから。

これがオフゲだったらもうとっくの昔に辞めています。

使用キャラ名は個人的方針でこのサイト内では一応非公開とさせていただいております。

何名かのフレの方に名前は出すのと出さないのどちらがいいか聞いてみたところ

できれば出さないほうがいいということなのでこちらも一応(ただしバレバレ?)

非公開にさせていただいております。御了承ください。

 

マビノギは2008年三月から開始しました。

 

こちらはルエリサーバーで活動中です。

 

ECOとは交互に遊んでいる状態です。

 

こちらが自分の中でのプレイ中のネトゲのメインゲーム。

 

戦闘はかなり下手なよわよわへたれですが(´;ω;`)

 

 

それではごゆっくりおくつろぎください。

 


ECO自キャラの脳内設定(上3キャラはSSの設定そのままです)

レンジャー系♂ アイアンサウス大工場長の三男。豊富な知識と実力で人々を救う冒険者たちに憧れ

一攫千金とかっこいい冒険者を夢見てアクロニアでレンジャーになる。根はおぼっちゃんのお人よし。

 

アーチャー系♀ レンジャー系♂の妹、都会での自立した生活に憧れアクロニアに来たのだが

ここでも兄の面倒をみるはめに。

矢代節約のため金にうるさいしっかり者だがやはりレンジャー系♂の妹、どこか抜けている。

 

ウォーロック系♀ プライドの高い魔界の貴族令嬢。

他のドミニオンたちと同じように刺激を求めてアクロニアに降り立つ。

実は慎重な努力家でもある。かわいいと感じるツボが他人とややずれている。

頭に角が生える珍しい一族。

 

ファーマー系♀ 高名な科学者の父と有名な人形使いの母に少々コンプレックスを感じている。

砂いらずな減衰なしの禁断の書を開発することに成功したが

副作用としてマリオネストにスイッチすると人格が真逆に変化してしまうようになってしまった。

極度の方向音痴。

人と真面目に向き合おうとしないスカウト系♀をひそかに心配している。

 

スカウト系♀ 20年ほど前、まだ騎士団たちが遺跡発掘に乗り出さなかった頃。

当時のスカウトマスターたちがマイマイの遺跡で(現在騎士団たちが発掘している遺跡とは別)

偶然に黒猫?と共に発見された赤ん坊。

学者たちの実験に何度も付きあわされ黒猫を何度も盗まれそうになるなどして軽く人間不信に。

ファーマー系♀の父親の計らいにより研究施設を出てスカウトマスターの家で

極秘で引き取られることになる。

一部の人間以外には普通の捨て子ということにされている。

現スカウトマスターとは実の姉妹のように育てられた。

ドライでストイックな冷めた性格だが任務のためにキャラを変えることも。

任務の支障になるといい誰とも仲良くなろうとしない彼女にスカウトマスターも心を痛めている。

いくら古代の技術が凄かったといってもここまで永い間、夢も視ずに眠り続けていたなんて

実は人ではないのではないかと学者たちの間ではまことしやかにささやかれている。

 

シャーマン系♀ 故郷が長い間日照りに苦しめられたときに恵みの雨を降らせてくれた

旅の巫女に憧れシャーマンに。

しかし残念ながら水属性の才能はあまりなかったらしく爆炎の申し子と呼ばれる炎使いに。

山火事を三度も引き起こした問題児。

常に傍らに炎の精霊を一人引き連れているが弓師に見つかるといちいち火矢の作成を頼まれるため

普段は隠れがち。一応他の属性魔法も何とか使える。

未だに土地の属性関係の類を把握していない。

 

ウァテス系♂ 大昔の伝説のドルイド、フレアの一族の末裔。タイタスとは親類関係にあたる。

現在一族内で封魔の力を使えるのは彼のみ。

フレアのようなドルイドを目指し彼女のことを調べつつ日夜勉強に励んでいる。

ただし性格には難があり、かわいい娘を見かけると誰かれかまわず口説き始める。

礼儀正しいが男には辻アレスもヒールもリザもしない。

目の見えない弟がいる。

 

ソードマン系♀ ソードマンには珍しいタイタニア。

前衛不足が続く天界で前衛として役に立てばとソードマンになりアクロニアで修行中。

旋風剣を放つと目を回してしまう。普段はソードマンとは思えないほどおっとり

ほわほわしているがバーサクすると恐ろしく毒舌&シビアになる。

 

マーチャント系♂ マーチャントにしては珍しいドミニオン。

ファーイーストのリュックを背負えないドミマーチャントには似たもの同士の縁を感じている。

世の中金がモットーの適当商人だが報酬分はキチンと働く。

ギャンブラーを目指し日々金集めだが知り合いたちの代購屋さんになりさがりなかなか金は貯まらず。

いつも適当に見えて実は気苦労が絶えなかったりする常識人。

 

フェンサー系♀ 顔は美人だが何を考えているんだかよく分からない無口なドミニオン。

ドミニオンは防御力が低いので固くなれる職ということでそれだけの理由でこの職を選んだのだが

叩かれるのが嫌なのでSTRばっかり上げているためあまりフェンサー職の意味は無い。

最近はダークストーカーのゴスロリ装備にハマっている。

 

タタラベ系♀ モーグの鉱物を扱う会社社長の箱入り娘だったが鉱物の枯渇により会社は倒産。

タタラベマスターを頼りアクロニアに。現在はお家再建のため発明で一山を当てようとしている。

何気に今の状況を楽しんでいる宝石大好き娘。

周囲が男だらけな環境で育ったため僕っ子になってしまった。

常にタタラベの子分らしき集団を侍らせている。

怪しさ満点の謎のタタラベ集団だが元エリート集団なだけあって一応才能のある集団らしい。

レンジャー系♂の従妹にあたる。

 

ウィザード系♀ ノーザンの魔法学園で修行を続けるタイタニア。

ノーザンは大陸で一番魔術が進んではいるが天界には敵わないのでとにかく早く使命を

済ませて国に戻りたいと願っているため厄介ごとがあるとこれが使命かも!

と早とちりをし首を突込みがち。

特技は魔法学園直伝のグランシャリオ。(強力な威力の新生魔法)

生きたドッペルがいつも一緒にいる。

ノーザンで生活をするうちにノーザンのカラクリに薄々感づいてきた。

 

ざっとこんな感じです〜。何というふざけた設定…次のSSにはマーチャン、スカ、ウィザード、ワテ使用予定。

 

  広間へ戻る