トップイメージ

人間ドック受診

とうとう人間ドック当日。昨日の夜は9:00までに夕飯を食べて、お酒もほどほどにしておいた。お酒の量が少なかったせいか、少し体調がいいようだ。当日の朝はご飯が食べられないこともあって早めに家を出る。(といっても、普段は朝食は食べないんだけど・・・)
予約時間の30分も前についてしまった。。。とりあえず受付を済ませる。ここでまたオプション検査を奨められたが、PETは料金が高すぎるので勘弁してもらった。でも、やっぱりMRIは受けることにした。(プラス20000円の出費だが、もうどうにでもなれ!)
まずはロッカーで着替えをする。そして次は・・・

恐怖の採血

血液検査が一番時間がかかるというので、まず最初に採血をするそうだ。そう、一番キライなあの注射が・・・。
「○○さ〜ん どうぞ♪」 周りを見渡してみたが、やっぱり私を呼んでいるみたいである。しょうがなく椅子へ座る。「利き腕を出してください」。悪魔のささやきが聴こえる。
「寝てやってもらえますか?」「いいですよ こちらへどうぞ」。いやよかった! 10年前に採血の後で貧血を起こしたことがあるんだよね。(この時は体調不良だった) でも、それ以降、恐くて恐くて・・・。
いや、おじょ〜ず! 上手い! ホントに痛くないし、いつ刺されたのかもわからないほど上手な方でした! 聞いたところ看護婦さんではなく、臨床検査技師さんとのこと。最近は実際に検査を行なう検査技師さんが採血をやることが多いそうです。1日に多い時では100人も採血するそうで、やっぱ上手なわけだ! でも最大の難関が終わって、ちょっとホッとした。(あとは楽勝!) この採血した血液でオプションの項目も検査できるから、何回も刺されずに済んだ ^^;

    

検査は続く

身長・体重、腹囲測定と続き、メタボは大丈夫そうで、またまたホッとしたのもつかの間。聴力検査では左耳でちょっと高い音が聞きづらくなっているとのこと。まあ、日常会話には問題ない程度だからOK!(8000Hz?っていってたような)。
眼底検査。わけもわからずに、いきなり目の前でフラッシュが! かなりビビッた ^^; 目の中の写真を撮るらしい。検査後にみせてもらったが、我ながら血管がちょっと気持ち悪い。けど異常なし。
次は眼圧検査。さっきの眼底検査と同じような機械にあごを乗せる。またフラッシュがくるのかとビクビクしていると、なんと!今度は空気が「プシュッ!」 フラッシュよりかなりビビった。でも1回でパス!(隣の人は5回くらいでやっと検査できたようだ)眼圧検査は緑内障を主に調べる検査とのこと。

    

超音波検査

次は腹部超音波検査。エコーってやつです。ちょっと暗い部屋に連れ込まれ、またまたオネエちゃんと2人きり ^^
なんでも肝臓・胆嚢・膵臓・腎臓・脾臓の臓器を検査するようだ。妊婦さんの検査につかわれるから安全なんだそうです(放射線を使わないから)。
生温かいゼリーをお腹にぬりたくられて「グリグリ」と押される。しかも「息を吸って」とか「息を止めて」とか、過呼吸になりそうだ。。。 ともかく、この薄暗い部屋から10分くらいで無事に開放された。

サイトMENU

Copyright (C) 2007 人間ドック.com. All Rights Reserved.