日記/2013年4月

 

 

30日

朝から雨。ここのところ晴れが多かったのでうれしい。外に出ると芽吹いた植物たちが生き生きしている。雨にぬれたホスタの葉がひときわ美しい。カタツムリの赤ちゃんが散歩している。

29日

ヨーガの翌日…1日中けだるい。

28日

ヨーガと絵本教室でなんばパークスへ。連休中だったがヨーガは定員いっぱい。いっぽう絵本教室は2名…(涙)。しかしヨーガのおかげで帰り道はなんとも心地よく心の中に花が咲いているようだ。

25日

再び靱公園横の歯科へ。この前すこし治療しないといけない部分が見つかった。樹脂をつめて歯の茶渋などを取ってもらって終了。シモジマで絵本袋を買ってGAPを見て、そのまま難波まで歩く。

23日

大阪城南女子短大の懇親会があって西梅田へ。そのついでに靱公園横の歯医者さんに寄って歯石を取ってもらう。四ツ橋筋を梅田方面に歩く…ビルが高層化して数年前とはずいぶん風景が変わってきた。

20日

寒さがすこし戻ってきた。多くのホスタは順調に育っているが…夏過ぎから勢いをなくし、翌春になっても芽吹かないものがある。なぜなのか理由がわからない…植物の気持ちがわからない。

19日

庭が呼んでいる…そんな気がする。新しい葉が出る。つるを伸ばす。花が咲く。虫が飛ぶ。草も伸びる。トカゲが顔を出す。命があふれている。

15日

鳥たちに餌をやる時期が終わって、ずいぶんゆっくり朝を過ごせるようになった。相変わらずスズメはよく鳴いて催促しているけど次の冬まで餌はお休み。

13日

早朝の地震で目が覚めた。テレビをつける。ここは一瞬揺れただけだったが、淡路島では震度6!

12日

陽射しは明るいが昨日から風が強い。まだ弱々しいホスタの葉が気になって少し置き場所を変える。

11日

幼児向け雑誌の原稿を送る。

9日

奈良の登美ヶ丘へ。

8日

父の三回忌で実家へ。昨日とは打って変わってよい日和だ。この家で聴くお経もたぶん最後。そのせいかとても念入り。

6日

朝から雨模様・・・しかし花粉が猛烈でこの春一番の花粉ダメージ。宅配便のお兄さんも泣いていた。今年の花粉は強し!

5日

詩人の高階杞一さんが三好達治賞を受賞された。そのお祝いの会が大阪市公館であった。大川沿いの桜がまだ美しく良い日和だ。20年以上前に「キリンの洗濯」という詩に出会って感動した。偶然雑誌Moeで高階さんの詩に挿絵を描くことがあって、その後何度かお会いした。

4日

朝は寒かったが日中は暖かくてよい日和だった。紫木蓮がいっきに開花、今年は蕾のときに木酢液をスプレーしたのでヒヨドリにつつかれずにきれいな姿で咲いた。

3日

雲がどんより…寒い一日。ここ数日で芽を出したホスタをチェック。学習雑誌の絵を描く。

2日

「ワニくんのなが〜いよる」重版の知らせが届く。うれしい!

1日

かなり気合を入れて小さな絵を2点描く。何度か描き直したけど、いい感じにできた。

もどる3月